TOKIO>山口達也の噂 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

山口達也、ついに芸能界復帰か!アルコール依存症を克服してTOKIO復活へ

2018年5月、女子高生に対する強制わいせつ事件を起こしてジャニーズ事務所を退所し、芸能界からも完全引退した元TOKIOの山口達也メンバー。

その後、2020年9月には酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕され、表舞台からは完全に消滅してしまいましたが、そんな山口メンバーの近況を今週発売の「週刊文春」が伝えています。

※なかなか面白いメンツです。

つづきはこちら

「TOKIO-BA」立ち上げの真の目的が判明!ジャニーズとは完全別資本というのがキモ

ジャニーズ事務所に所属しつつ、株式会社TOKIOとしての活動も行っている城島茂リーダー、国分太一くん、松岡昌宏くん。先日、この3人が中心となって2社目となる株式会社TOKIO-BA(トキオバ)を立ち上げましたが、ここにはある目的が隠されているといいます。

※父の日になにかある!?

つづきはこちら

ガーシー砲が山口達也の復帰を強力プッシュ!?綾野剛の”未成年淫行証人喚問”で芸能界の”逃げ得”がクローズアップ

昨晩、令和の暴露王・ガーシーこと東谷義和さんが、綾野剛さんによる過去の未成年淫行&未成年飲酒強要疑惑についてYouTube生配信を行ったのですが、そこに”被害者”で元NMB46の松岡知穂さんが登場したことで、なぜか山口達也くんの名前が飛び交っています。

※知ってました?

つづきはこちら

今年の24時間テレビで山口達也が芸能界復帰へ!長瀬智也を含めた”5人のTOKIO”で感動を演出する作戦が進行中との噂

日テレが人気番組「鉄腕DASH」のマンネリ打破&高視聴率復活のため、今年の「24時間テレビ」で山口達也メンバーの芸能界復帰を画策しているといいます。


つづきはこちら

Netflixが山口達也の復帰ドキュメンタリー番組を製作中との噂

飛ぶ鳥を落とす勢いで会員数を増やしている動画配信サービスのNetflixが、山口達也メンバーの闘病ドキュメンタリー番組を製作中との噂が浮上しています。

※冷蔵庫にあると便利です。

つづきはこちら

山口達也が201日ぶりに地上波テレビ復帰!しかし、長瀬智也との扱いの差に愕然とする声も

15日に放送された「ミュージックステーション」の35周年記念4時間SP番組に、元TOKIOの山口達也さんが映り込んだことが話題になっています。この日の同番組では、来月1日をもって解散するV6の過去160回分の映像をプレイバックする企画も行なわれたのですが、どうやらテレ朝の編集は「甘かった」ようで…


つづきはこちら

山口達也、やっぱりTOKIO合流へ!ジュリー社長から直々のサポートを受けて、再び芸能界復帰へ動き出す

昨日、9月に道交法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕された山口達也さんが、マスコミ各社に謝罪コメントのファクスを送付しました。この突然の行動はジャニーズの藤島ジュリー景子社長が「仕切っていた」そうで、これによって株式会社TOKIOへの合流が確実になったとみられています。

※半年前から比べると信じられない安さ。

つづきはこちら

急転直下!山口達也メンバーがTOKIO合流で芸能界復帰へ。「福島の復興支援に欠かせない人材」というのがその理由

先月、酒気帯び運転で現行犯逮捕されたことで「芸能界復帰は絶望的」と見られていた山口達也メンバーが、急転直下、株式会社TOKIOに合流することが決まったといいます。

なんでも、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県の復興支援には「山口の力が絶対必要!」なんだそうで、来年4月の会社始動からちょっと遅れて入社する方向で調整が進められているとか…

※これで良いんですよね、タッキー副社長!?

つづきはこちら

突然ナゼ?山口達也の逮捕をきっかけに元妻・高沢悠子が突如として”工藤静香化”してきた理由

酒気帯び運転で逮捕された山口達也元メンバーの元妻・高沢悠子さんが、ここに来てなぜか突如として存在感を増してきたことについて、業界では「工藤静香化してきている!」と心配する声が上がっているといいます。

※ライバル出現?

つづきはこちら

逮捕された山口達也が一転して事実否認!警視庁が怒りの家宅捜索を行う一方で「やっぱり持ってる男だ…」と驚く声も

道交法違反容疑で警視庁に逮捕された山口達也さんを巡る状況が、予定調和から一転して不穏な展開になってきました

報道によると、当初は酒気帯び運転の事実を認めていたものの、突然、その事実を否認し始めたようで、態度を硬化させた警視庁側は釈放後に本人立ち会いのもと、深夜に異例の家宅捜索を敢行したといいます。いったい、何があったのでしょうか…?

※洗えるマスク5枚1000円は安いです。

つづきはこちら
広告
キャッシングリファレンス