TOKIO>全般 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

安倍晋三首相がルール違反!TOKIOメンバーとの会食写真を勝手にSNSへ投稿して「ジャニーズを政治利用するな!」の声

安倍晋三首相の公式SNSにTOKIOメンバーとの会食写真がアップされたことが、ジャニーズファンの間で物議を醸しているようです。

もちろん、TOKIOファンからは「すごい」「みんな笑顔でほっこりする」といった声が上がっているようですが、なにしろ相手は現役の総理大臣だけに「TOKIOの好感度を政治利用している」との批判もあるようで、ジャニーズ事務所も困惑しているといいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だから安倍晋三政権は強い [ 阿比留瑠比 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/5/14時点)


つづきはこちら

ジャニーズが山口達也の復帰を匂わせ?支援者による待望論を報じるも、世間は拒絶

元TOKIOの山口達也メンバーの未成年スキャンダルが発覚し、あの涙の会見から約1年。
TOKIOは音楽活動を休止し、冠番組である「鉄腕ダッシュ」の視聴率は緩やかに下降しています。

そんな中、支援者による山口メンバーの復帰待望論が出ているんだとか。


つづきはこちら

TOKIO「鉄腕DASH」が内部崩壊の危機!過酷なロケにメンバーから不満爆発&国分太一の本格参戦でつまらなくなる恐れ

TOKIOの人気番組「鉄腕DASH」が内部崩壊の危機に直面しているといいます。

”棟梁”として番組を支えていた山口達也さんの芸能界引退によって、人気のある「DASH島」や「DASH海岸」などの企画が面白くなくなり、視聴率低下気味ではあったのですが、最近は残った4人のメンバーから「40歳過ぎて、いつまでもこんな3Kな仕事やってらんねーよ!」と不満が爆発しているんだとか。

さらに、今年9月で朝帯番組「ビビット」が打ち切りになることで、国分太一くんが番組に本格参戦しそうな流れになっていることに対して、制作サイドは戦々恐々としているようで…

※時代を感じます。

つづきはこちら

城島茂が社長となり、TOKIOが別会社として独立へ。ベテラングループへのご褒美として、ジャニーズスタンダードになるか

錦戸亮くんの関ジャニ脱退とジャニーズ退所が話題になる中、ジャニーズ事務所内である重大な決断がなされたといいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOKIO mini公式写真(L判の半分サイズ)
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/3/14時点)


つづきはこちら

TOKIO完全終了まで秒読み開始!国分太一「ビビット」の打ち切り内定でグループ解散、活動休止はほぼ確実に

国分太一くんが司会を務めるTBS系情報番組「ビビット」が、今度こそ本当に打ち切られる可能性が高くなってきました。

それが現実となれば、ジリ貧のTOKIOにとっては”泣きっ面に蜂”どころか、完全終了までのカウントダウンが始まってしまうと見られています。

※料理男子路線、定着しませんね。。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男子ごはんの本 その9 [ 国分 太一 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/1/31時点)


つづきはこちら

TOKIOがジャニーズから離脱して別会社へ!長瀬智也と城島茂が描く「山口達也奪還計画」が失敗すればグループ解散も

長瀬智也くんと城島茂リーダーが中心となって、昨年の不祥事で芸能界を引退した山口達也さんの”奪還計画”が水面下で進行しているといいます。



つづきはこちら

TOKIOが来年4月から別会社を設立か!紅白落選を機にタッキー新体制を拒否し、ジャニーズから独立して活動するとの噂

TOKIOが年明けから始まる”タッキー新体制”から離脱する可能性が濃厚になってきたようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOKIO mini公式写真(L判の半分サイズ)MITO00001
価格:1980円(税込、送料無料) (2018/11/28時点)

楽天で購入

つづきはこちら

「鉄腕DASH」の視聴率がヤバイ!主役・山口達也メンバーが抜けた穴は大きすぎたようで、救世主としてキムタクの出演を…

先日、「世界の果てまでイッテQ!」が安室奈美恵さんとイモトアヤコさんの夢の対面を放送し、平均視聴率21.5%&瞬間最高視聴率24.9%というスゴイ記録を叩き出しました。

その一方で、直前に放送されている「ザ!鉄腕!DASH!!」はすっかり影が薄くなってしまい、これまでは常連だった日テレ週間視聴率トップ3の座から陥落することも多くなりつつあります。

このまま視聴率が下げ止まらないようだと、冗談ではなく「打ち切り」の文字が現実味を帯びてきてしまいますが…



つづきはこちら

4人体制での活動はもはや限界!「鉄腕DASH」の視聴率も下降気味で、TOKIO解散のXデーは避けられない状況に

TOKIO解散へのカウントダウンが始まっているようです。

7月11日に行われた「ふくしまプライド」の新CM発表会には、城島茂リーダーと国分太一くんが登場して4人体制での活動について前向きなコメントをしていましたが、世間では「正直、パワーダウンしてるのは否めない」との見方が圧倒的。

先日放送された「音楽の日」などの大型番組にも出演できず、業界では「すでにアイドルグループとしてもバンドとしても終わってしまった」という評価が固まりつつあるといいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOKIO 公式生写真 (集合写真)TOA00011
価格:1980円(税込、送料無料) (2018/7/15時点)


つづきはこちら

山口達也バブル終了!4人体制での「鉄腕DASH」の視聴率が急降下し、ついに15%を下回る結果に

TOKIO4人体制で5月13日放送回から再スタートした日テレの人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」ですが、山口バブルはあっという間に終了してしまったようです。

1回目は20.8%と世間の関心の高さを示す形になったものの、2回目(5月20日)が17.6%、3回目(5月27日)が15.1%、そして4回目(6月3日)はついに14.8%に。

ネットの声を見ると、やはり棟梁・山口達也の不在は番組ファンにとって物足りないようで…

[以下引用]
6月3日放送回の企画は「グリル厄介」で、出演者は城島茂と長瀬智也。触っただけで、寄生虫が粘膜や傷口から体内に入って、死に至る可能性があるといわれる“死のカタツムリ”ことアフリカマイマイを探すため、2人は沖縄に飛んだ。そこでアフリカマイマイを捕獲し、沸騰した湯で茹で、東京に持ち帰り、新宿区内の日本料理店で食するという展開だった。

山口以外のメンバーへの同情心もあって、山口脱退バブルは、正直もう少し続くと思われましたが、3回しか高視聴率は取れませんでした。山口がいなくなって、今回のように出演者が少ないときもありますし、一抹の寂しさは禁じ得ません。『俺たちのDASHカレー』といった新企画もスタートしましたが、ネタ切れ感が否めないのは事実。マンネリイメージを脱却しないと、今後20%近い視聴率をはじき出すのは難しいでしょうね」(テレビ誌関係者)
[日刊サイゾー]

5人体制での最後の放送回となった4月22日も14.8%でしたから、下落というよりも元に戻ったという感じ?

まあ、山口バブルがわずか3回で終わったことは間違いありませんが、以前からマンネリを指摘されている割にはしぶとく?15%前後の視聴率を維持しているわけですからスゴイです。

ただ、やはり「鉄腕DASH」における山口メンバーの存在感は主役のソレでしたからね。

国分くんが抜けての4人とは違い、大黒柱が抜けた4人というのは、かなり心許ないのは確かです。

この先、企画のマンネリ化や人気のあるDASH島開拓が膠着したりすれば、少しずつ数字が下がっていく可能性はあるかもしれません。

個人的には仕事の少ない若手ジャニーズメンバーを数人ピックアップして、TOKIO流のバラエティ作法をみっちり仕込んであげるというのは、タレント個人の教育と人気アップ、そして番組のマンネリ打破にも役立つと思うんだけどなあ…

どうですかね、ジュリーさん、日テレさん。

※TOKIOがDASHで打ち立てたスゴイ伝説ランキング!
 村を忘れてませんか?→ geinou ranking
 村を忘れてませんか?→ geinou reading

※ヒマで素行の悪い人もチラホラ。
Precious Girl / Are You There?(通常盤) - Hey! Say! JUMP / A.Y.T.
Precious Girl / Are You There?(通常盤) - Hey! Say! JUMP / A.Y.T.
[関連商品]

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。



■関連ニュース
暇なのに3留した岡本圭人にJUMPファンも呆れ気味
「メンバーに背負わせすぎ!」謝罪シーン放送での視聴率稼ぎに批判の声
残されたTOKIOメンバー4人の気になる今後

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







広告
キャッシングリファレンス