嵐>二宮和也の噂 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

嵐の新年挨拶動画で再び不仲の証拠&嫁匂わせ!二宮和也の「今年、オレはアウトドア派になる!」宣言にファンも呆れ顔

1月1日に嵐の公式FCサイトで公開された動画が波紋を広げているといいます。

この動画は5人が一列に並んで「あけましておめでとうございます!」と新年の挨拶をするという他愛もない映像だったのですが、そこでもニノと松潤の不仲ぶりがしっかりと表れていたそうで…

※もう、なんとかしてくれませんか、リーダー!

つづきはこちら

二宮和也がSMAPを完全消去して大炎上!「ドリカムが国立競技場の先駆者」発言に「嘘の歴史を作るな!」と批判殺到中!

12月21日に開催された新国立競技場オープニングイベントの音楽パートにドリカムと嵐が出演したのですが、そこでニノがやってはいけない失言をぶっ放してSMAPファンから大バッシングを浴びています。

※綾子の操り人形であると同時に、ジュリーの犬でもあるんだ、オレは。

つづきはこちら

大炎上!二宮和也の「結婚のタイミング」に非難殺到!結局ワガママを通しただけでは…?

12月16日、嵐の櫻井翔くんと二宮和也くんが16日、東京・丸の内で行われた「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に出席しました。

二宮くんは結婚発表後初めての公の場となりましたが、イベント終了後取材に応じて答えた内容が物議を醸しています。

つづきはこちら

松本潤との格差は開くばかり?結婚によって二宮和也の”俳優としての価値”が下げ止まらなくなる可能性が高いとの分析

先日、来年10月公開予定のニノ主演映画「浅田家!」の場面写真が公開されました。この映画のストーリーは、とある写真家が東日本大震災を通して家族写真を撮ることに向き合う姿を描いたもので、 兄を演じる妻夫木聡さんとの共演も注目を集めています。

しかし、この映画が「二宮の俳優人生の大きなターニングポイントになる」と見る関係者は多いそうで、その裏にはファンの声を無視して結婚を強行したことが大いに関係しているといいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家族写真は「」である。 [ 浅田政志 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)


つづきはこちら

嵐の仕事は二の次?二宮和也が妻・伊藤綾子を連れて変装もせず堂々と買い物を楽しんでいたとの目撃情報に悲喜こもごも

二宮和也くんが他の嵐メンバー4人が仕事をしている日に、妻・伊藤綾子さんと呑気に”新婚ショッピング”を楽しんでいたとの目撃情報がネットで広まり、アラシックな方々の間で騒ぎになっています。

さらに、嵐公式インスタで起きて5秒後の寝顔写真をアップしたのですが、それにも悲喜こもごもさまざまな感想が寄せられているようで…

※もう、あの頃には戻れない…

つづきはこちら

松本潤が二宮和也と仲直りか!不仲説を払拭する東京ドームコンサートでの行為はエゴサーチの結果

11月29日に東京ドームで行われたコンサート「ARASHI Anniversary Tour 5×20」で、松潤とニノの不仲説を払拭するようなシーンが見られ、嵐ファンが大喜びしているといいます。


つづきはこちら

二宮和也がジャニーズの鉄の掟をぶち壊した結果、結婚ラッシュが起きるという予想について

まるで逃亡生活!二宮和也と伊藤綾子のプライベートが「まるで犯罪者みたい…」「幸せそうじゃない」と話題に

ニノが結婚を発表して10日以上が経ちましたが、いまだにネットではこの話題で持ちきりで、伊藤綾子さんへのバッシングも続いています。

そんな中、19日発売の「週刊女性」が二人のプライベートを報じているのですが、それまるで「逃亡犯のような」生活だったことに驚きの声があ集まっています。

※そんな感じの映画、ありましたね。

つづきはこちら

嵐の確執は決定的!大野智、櫻井翔、松本潤だけではなく相葉雅紀も二宮和也の結婚には大反対していたことが明らかに

本日発売の週刊文春が、二宮和也くんの結婚発表を巡る嵐メンバーの確執について報じています。それによると、ニノは他の4人の猛反対を押し切って結婚発表を強行したそうで、それによってメンバー同士の亀裂は決定的なものになっているといいます。


つづきはこちら

二宮和也がアメリカ移住へ!ハリウッド挑戦は表向きの理由で「世間の雑音をシャットアウトしたい」のが本音だった

二宮和也くんがグループの活動休止後は拠点を海外に移し活動する可能性があると女性自身が報じています。

一番の理由は「俳優業のため」とされているものの、伊藤綾子さんとの結婚後ということで、業界では「“世間の雑音をシャットアウトしたい”という目論見があるのでは」と見られているそうで…

つづきはこちら
広告
キャッシングリファレンス