ジャニーズ全般>うわさ (3) - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

ジャニーズの急激な文明開化に戸惑う声続出!滝沢秀明によるジャニーズJr.コンサート生配信プロジェクトは成功するのか?

タッキー社長が率いる新会社・ジャニーズアイランドが、ジャニーズJr.のコンサートなどを生配信する公式サイト「ISLAND TV」を開設することを発表しました。

先日のバーチャルアイドルに続き、さらに一歩、ジャニーズのネット解禁が進みましたが、これまでのアナログ時代からは考えられない「画期的過ぎる」プロジェクトに対し、ファンからは戸惑いの声も多く上がっています。

※ちょっと焦りすぎ…かも。

つづきはこちら

ジャニーズ、終わりの始まりか!「Vチューバ―デビュー」でバーチャルアイドルに手を出したことは吉と出るか、それとも…

2月19日、ジャニーズ事務所が動画配信アプリのSHOWROOMとタッグを組み、“バーチャルユーチューバー(Vチューバー)”をデビューさせると発表しました。

その第一弾で声優を務めるのは、関西ジャニーズJr.ユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎くんと大橋和也くんとのことですが、ジャニーズが二次元アイドルをデビューさせるという意外な戦略に対し、ネットでは「やっちまった感」が流れているといいます。


つづきはこちら

嵐の前の静けさ。タレント大量離脱の噂が絶えないジャニーズ事務所、次の退所者は長瀬智也、中居正広、手越祐也

先月末、嵐が2020年いっぱいで活動休止することが発表されましたが、それは「嵐の前の静けさに過ぎない」との見方が業界では多勢を占めていると言います。

つまり、まだまだジャニーズに激震が走ることは確実と見られているようなのですが、果たして何が起きるのでしょうか?

※まさに嵐の前の静けさ。

つづきはこちら

次に退所が噂されるジャニーズの大物4人衆

ジャニーズには何かと甘口の記事ばかり出す「日刊大衆」というネットメディアが、次に退所が噂されるジャニーズの大物4人衆について報じています。

当サイトでもこれまでその可能性について様々な記事をご紹介してきましたが、そのおさらいという意味でもう一度検証してみたいと思います。

※次に出所するのは誰だ!?

つづきはこちら

キムタクに続きイノッチ効果で視聴率急上昇!ジリ貧の「鉄腕DASH」に「TOKIOからジャニーズの冠番組に変更したら」の声

山口達也メンバーが未成年に対する不祥事を起こしTOKIOを脱退して以降、視聴率が低迷していた「ザ!鉄腕!DASH!!」ですが、このところ巻き返しを見せていると話題です。

が、その理由がなんとも…


つづきはこちら

嵐最大のスキャンダル発覚危機か。タガが外れた櫻井翔の遊び人ぶりや、過去のアノ事件の真相も…

活動休止を決めた嵐について、最大のスキャンダルが報じられるのではないかと言われています。

つづきはこちら

次は関ジャニ∞かKinKi Kids!ジャニーズの影響力低下でタレントの独立への壁も低く…

SMAPと嵐というジャニーズ事務所を支えた両輪が止まることで、芸能界への影響がとてつもないと報じられています。

影響は事務所内部にも及び、独立への抑制力がなくなった結果、次に活動を止めるグループが増えるとか。


つづきはこちら

業界のジャニーズ離れ加速!看板グループの相次ぐ消滅と起用してもコケる、ジャニタレが出てないほうが当たるという現実

嵐の活動休止発表が話題ですが、看板グループの相次ぐ消滅に業界のジャニーズ離れが加速すると報じられています。

現時点でも既に始まっていうというのですが…


※これにジャニタレはいない
つづきはこちら

ジャニーズ帝国の崩壊が叫ばれる一方で、所属タレントたちの絆は今も変わらず”芸能界最強”だというおハナシ

1月24日放送の「VS嵐」に上田竜也くんが登場し、尊敬するアニキ・櫻井翔くんの誕生日を祝福して大きな話題になりました。

最近はジャニーズ事務所のゴタゴタばかりがクローズアップされ、すっかりブラック事務所のイメージが定着してしまいましたが、所属タレントたちにとってはそんなこと関係なく、厳しい上下関係の中でしっかりと絆を強めているようです。

※後輩に櫻井アニキをオジキと呼ばれるのはやめたげて。

つづきはこちら

「週刊女性」に続いて「東スポ」と「週刊ゲンダイ」までもがジャニーズ御用達メディアに鞍替えか!

2019年になってから、嵐を表紙に起用したりJUMPのコンサート記事を掲載したりと、さっそく”親ジャニーズ”ぶりを発揮している元アンチジャニーズ週刊誌「週刊女性」。

業界ではその節操の無さに呆れる声が多く飛び交っているといいますが、あの東スポまでもがアンチから御用達メディアに鞍替えしそうな状況になっているといいます。



つづきはこちら
広告
キャッシングリファレンス