嵐>全般 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

嵐が活動休止まで555日の日にベストアルバムを発売!ミラクルなサプライズにアラシックも大感激!

嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」が、来月26日にリリースされることが明らかになりました。活動休止前のベスト盤ということに加えミラクルなサプライズも判明し、ファンからは感激の声が上がっています。

※こちらは10周年記念時。

つづきはこちら

やっぱり嵐は解散か!活動休止前のドームツアーに過去から現在までのJ担記者を全員招待したジャニーズ事務所の思惑とは

現在、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌の5大ドームで全50公演・総勢237万5千人を動員予定の全国ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5x20」を開催中の嵐。

まさに”国民的アイドル”の活動休止前ラストツアーに相応しい規模となっていますが、そこにジャニーズ事務所が新聞、雑誌などのジャニーズ担当記者(J担)を無料招待しまくっていることが、業界で大きな話題になっているといいます。


つづきはこちら

アラシック激怒!「嵐のワクワク学校」へのHey! Say! JUMP出演決定に「オマエらの時代は終わったんだよ!」と辛辣な声も

4月13日に行われた20周年記念5大ドームツアーの名古屋公演にて、「嵐のワクワク学校」が今年も開催されることが発表されました。

今回は「修学旅行」をテーマに「時空をJUMP! 〜すべてが愛おしくなる修学旅行〜」と題し、6月22・23日の京セラドーム、同29・30日の東京ドームで行い、4日間6公演で24万6000人を動員する予定とのこと。

しかし、同時にHey!Say!JUMPが4年ぶりにサポート役として参加することも明らかになり、嵐ファンからは大ブーイングが起きているといいます。

※昨年はSexyZoneでした。

つづきはこちら

全ては活動休止前に稼げるだけ稼がせるため!嵐が「24時間テレビ」メインパーソナリティーに決まったエゲツない理由

今年の「24時間テレビ」メインパーソナリティーに嵐が決まった裏事情について、ジャニーズ御用達メディアの”筆頭格”となった週刊新潮が興味深いことを報じています。

※なんか、リーダーがすごくカワイイ。。


つづきはこちら

嵐が2年連続で「24時間テレビ」メインパーソナリティーに!日テレが超破格のギャラ&予算で仕掛ける壮大な計画とは?

今年の8月に放送される「24時間テレビ」で、6年ぶり5回目となるメーン・パーソナリティーを務めることとなった嵐。
 朗報にアラシックが喜び半分、不安半分な理由

しかし、実は来年も主役の座は約束されているそうで、その企画は東京オリンピックと連動したこれまででは考えられないほど壮大なスケールになっているといいます。

※ご苦労さまです。。


つづきはこちら

嵐の24時間テレビメインパーソナリティ決定にアラシックが喜び半分、不安半分な理由

3月16日放送の「嵐にしやがれ」で、今年の「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを嵐メンバー5人で務めることが発表されました。

芸能ゴシップ系メディアの事前予想ではキンプリが最有力候補だったのですが、まさかの起用にアラシックは大喜び…とともに、なぜか心配する声も多く上がっているといいます。


つづきはこちら

嵐の解散・終了に言及した西田敏行の発言を全てカット!相変わらずジャニーズへの忖度が健在のマスコミに東スポが苦言

3月1日、「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が行われ、リリー・フランキーさんが主演男優賞、安藤サクラさんが主演女優賞を獲得するなど、映画「万引き家族」が8部門で最優秀賞に輝きました。

木村拓哉&二宮和也の共演で大きな注目を集めていた「検察側の罪人」は、残念ながら?ニノだけが優秀助演男優賞を受賞しましたが、その裏では司会を務めた西田敏行さんの「嵐」に関するある発言が話題になっていたといいます。

※製作費300万円のこちらは最優秀賞編集賞。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カメラを止めるな! [ 濱津隆之 ]
価格:3360円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)


つづきはこちら

嵐「事実上の解散」によるバラ売り開始を前に早くも各テレビ局の争奪戦が勃発!5人それぞれの今後はどうなる?

2020年いっぱいで活動休止となる嵐の”その後”を巡り、早くも各テレビ局が慌ただしい動きを見せているといいます。

早くも2年後を見据えた番組編成に着手しているのだ。その裏で展開されているのが休止後の嵐メンバーをいち早く確保しようとする熾烈な争奪戦だ。


つづきはこちら

松本潤が生田斗真に愚痴!嵐の活動休止は大野智の希望やメンバーの結婚を配慮した決定ではなかった

2020年をもって活動休止することを発表した嵐。その理由は大野智くんの「自由な生活がしてみたかった」という意思を尊重したこと、5人で嵐だから大野くんだけの脱退というのはあり得なかったこと、などが説明されていましたが、実情はもっと複雑だと週刊新潮が報じています。


つづきはこちら

嵐に新たな疑惑!活動休止は1年以上前から決まっていたことが発覚!すでに活動再開後のプランも計画済みか?

今週発売の「週刊文春」が、2月6日から5泊7日の日程で藤島ジュリー景子副社長と嵐メンバー5人がロサンゼルスを訪れ、グラミー賞の授賞式を観覧していた様子を報じていました。

ネットにはタキシード姿の5人の写真などがアップされ話題になっていましたが、実はその記事からある意外な事実が発覚したといいます。


つづきはこちら
広告
キャッシングリファレンス