木村拓哉の新アルバムに発売前から文句の大合唱!超豪華アーティストによる楽曲提供に「売り上げ確保に必死過ぎて哀れ…」 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

木村拓哉の新アルバムに発売前から文句の大合唱!超豪華アーティストによる楽曲提供に「売り上げ確保に必死過ぎて哀れ…」

8月14日に発売となる、キムタクにとって3枚目のオリジナルアルバム「SEE YOU THERE」を巡り、またもや外野が大騒ぎしています。

※コンビニから肉まんが消えてもガッカリしないで!

[以下引用]
今作では、木村のためにAI、明石家さんま、Uru、久保田利伸、竹内まりや、KinKi K idsの堂本剛、SUPER BEAVERの柳沢亮太、吉田拓郎の8名が曲や詞を提供するなど、大物揃いとなっている。

「さすがはキムタク」といえる豪華なメンツだが、その背景には「どうしてもアルバムの売上を伸ばさないといけない」という事情があると指摘されているようだ。

木村が2020年にリリースした初のオリジナルアルバム『Go with the Flow』は、楽曲提供にB’zの稲葉浩志、槇原敬之、小山田圭吾、[Alexandros]の川上洋平らが参加。初週売上12.7万枚を記録し、オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。

【メーカー特典あり】TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow [初回限定盤] [Blu-ray] (メーカー特典 : クリアファイルA 付) - 木村拓哉
TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow [初回限定盤] [Blu-ray]
[Amazon]

ソロでもスーパースターの存在感を示したといえるが、2022年に発売した2ndオリジナルアルバム『Next Destination』は初週売上が7.1万枚に激減。楽曲提供アーティストは山下達郎、ザ・クロマニヨンズの真島昌利、MAN WITH A MISSION、Creepy Nutsなど変わらず豪華だったのだが、1stアルバムに比べて5万枚以上も初週売上が落ちてしまった。一部報道によると、現在までの推定累計売上でも10万枚まで遠い状況だという。

この流れでいくと、今回の3rdオリジナルアルバムはさらに売上が落ち込む恐れがある。そうなってしまうと「キムタクブランド」に傷がつきかねず、絶対に売上を回復させなければいけないという意気込みが豪華アーティストの参加につながったのではと推察されているようだ。

アルバムをヒットさせるために、楽曲提供アーティストや共演者を豪華にすればするほど、不発だった時の印象が悪くなるのはジレンマ。しかし、その背景には「アルバムの売上減少を食い止めなければいけない」という問題があり、今作は「歌手・木村拓哉」として背水の陣となりそうだ。
[日刊サイゾー]

ということですが、確かにネットではキムタクをディスる声も多く見られます。

ですが、そもそもこういうサゲ記事がニュースとして流れなければ、一般の方々もスルーすると思うんです。

「アルバムが発売されます!」という単なる告知記事に、わざわざアンチコメントを付ける熱心な人も少ないでしょうから…

そう考えると、今でもキムタクはマスコミにとって話題を提供してくれる”メシの種”なんだなあと。

こんなスーパースターは他にいませんよね。。

【メーカー特典あり】TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination [DVD初回限定盤] [2DVD + 豪華ブックレット] (メーカー特典 : A4クリアファイルA 付) - 木村拓哉
TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination [DVD初回限定盤]
[Amazon]

さて、キムタクのアルバムで楽曲提供陣の豪華さが話題になるのは、毎度のお約束みたいなもの。

これはもちろん「売り上げを確保する」という意味もあるんでしょうけど、本当の目的はアルバムを買ってくれるファンの方たちへのサービスだと思います。

いろんな有名人が作った曲をキムタクが歌うなんて、聴いてて楽しくないですか?

それに、キムタクの方からお願いして曲を提供してもらったというより、アーティストの方々から「作らせて欲しい」とアピールがあったような気がします。

堂本剛くんなんて、以前から「兄さんにボクの作った曲を歌ってもらいたい」と切望してましたし、きっと大喜びしているはず。

目立ちたがり屋のさんまさんも「ウシシ」とほくそ笑んでるでしょうし、最近はあまり活動していない吉田拓郎さんが参加しているのも「キムタクだけは特別だから」のような気がします。

※全部で何枚売れたのか気になる。
しあわせって何だっけ/明石家さんまベストアルバム - 明石家さんま
しあわせって何だっけ/明石家さんまベストアルバム
[Amazon]

その昔、キムタクは

「担いでくれる人がいる限り、その神輿に乗り続けるのがボクの役目」

という趣旨の発言をしていたことがあります。

ドラマの視聴率や映画の興行収入と同じで、アルバムの売り上げも本人的にはほとんど気にしていないと思いますけどね。

ちなみに、元ジャニーズでソロアーティストになったタレントの場合、セールス的に10万枚前後というのは普通のこと。

試しに直近の数字を拾ってみると、

Billboard JAPANアルバム・セールス集計速報
(2024年5月20日〜5月22日の集計)
1位「あんさんぶるスターズ!!」Knights(5万4,166枚)
2位「YOUTH」DOYOUNG(1万2,128枚)
3位「BLOOD」長渕剛(9,137枚)
4位「Seize a Chance!」Zero Project(6,197枚)
5位「Spancall」宮本佳林(6,052枚)


こんな感じで、たとえ10万枚に届かなくても「売れてない!」と大騒ぎするほどでもないです。

もちろん、SnowManを始めとした超人気グループとは比べるべくもないですけどね。

他のボーイズグループや有名バンドが10万枚売れたら、嬉しくて鼻血ブーですよ。。

 キンプリ新曲の売上が前作から20万枚以上の大激減!

ということで、木村く〜〜ん!

さっさとSTARTOから独立して、アルバムで妻&娘たちとコラボしてみてはいかが?

 今こそ”嫌われる勇気”を持ってSTARTOから独立せよ!


■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス