永瀬廉、キンプリ解散を決意か!高橋海人を”無視”して関西ジャニーズの同期に急接近 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

永瀬廉、キンプリ解散を決意か!高橋海人を”無視”して関西ジャニーズの同期に急接近

1月30日夜にインスタ生配信を行った永瀬廉くんに、キンプリファンから心配の声が上がっているといいます。というのも、この日は同期入所の西畑大吾くんと正門良規くんも参加していて、終始わちゃわちゃと仲の良さが伝わってくる配信となったからで…

※ジョジョ立ち?

[以下引用]
「永瀬さんは東京のジャニーズからキンプリとしてCDデビューを果たしましたが、もともとは大阪で育ち、関西ジャニーズJr.として活動を開始。一時はなにわ男子の西畑さん、大西流星さんとユニット・なにわ皇子を結成していたこともありました。だからこそ関西弁をしゃべり、関西のノリではっちゃけるというのは本来の姿で、特に同期の2人と一緒にいる時間が楽しいのでしょう。以前にも増して関西ジャニーズとの交流を深めようとしているように感じられます」(ワイドショー関係者)

永瀬にとってルーツでもあり、同期もいる関西ジャニーズへの愛着はいまだに大きいのだろう。今回のインスタライブを受けて、Xには次のようなコメントが寄せられた。

《大ちゃんも正門くんも関西弁だから廉くんもより関西弁になるよね〜》
《同期3人だといつもこんな感じなんだね。関西男子って感じで楽しかった》
《俺といるより関西方面の方が嬉しいのか…って海人がスネちゃうよ!》


「錦戸亮さんは一時はNEWSと関ジャニを掛け持ちしていたものの、NEWSを脱退して関ジャニに専念。そういった前例もあり、今後、永瀬さんが高橋海人さん以上に関西ジャニーズのタレントと接近していく――そうしたことを心配しているファンが一定数いるようです」(前同)

永瀬は自身の誕生日である1月23日にインスタの個人アカウントを開設。フォロワー数は99万人(1月31日午前10時現在)と間もなく100万人に達しようという勢いだが、開設から1週間以上が経過しても永瀬自身はいまだに誰もフォローしていない。

高橋さんや元メンバーの岩橋玄樹さんからフォローされているものの、永瀬さんは誰もフォローしていないんです。特に深い意味はないのかもしれませんが、《永瀬さんは玄樹くんフォローしてくれたの気づいたかな〜?てか海ちゃんフォローしてあげてください笑》といった声も上がっていますし、高橋さんとの関係を心配するファンもいるのでしょう」(前同)

その高橋を巡っては、俳優の有村架純との3年にわたる真剣交際が2023年12月に報じられたばかり。

「一部ファンは怒り心頭で“ファンを降りる”と宣言している人もいるほど。平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんが脱退し、高橋さんと2人になり、その高橋さんに真剣交際が発覚。まさに今こそ、永瀬さんと高橋さんの絆が大切な時期だと思われますが……高橋さんのインスタのフォローをしない件などと合わせて、“キンプリ外”に興味がいっているようにも見える動きに、ファンは心配になっているのでは」(前同)
[ピンズバ]

ということですが、この同期3人は中が良いことで昔から有名。

青春時代の苦楽をともに過ごしてきた大切な仲間と過ごす時間は、気持ち的にもすごく癒やされるはず。

なので、配信でワチャワチャしててもファンは変に勘繰ることはないと思います。

西畑大吾 正門良規 永瀬廉 アクスタ アクリルスタンド アクリルキーホルダー
西畑大吾 正門良規 永瀬廉 アクスタ
[Amazon]


ですが!

今のキンプリは非常事態。

二人体制になって「さあ、これから再出発だ!」という大事なタイミングで、高橋海人くんの熱愛が大々的に報じられてしまったと。

しかも、結婚まで真剣に考えていると。

辞めていった3人はNumber_iとしてロケットスタートに成功したと。

そんな状況ですから、永瀬くんが「なにやってんだよ!」と怒りたくなるのも無理はありません。

キンプリに対する情熱を失ってしまってもおかしくないかも…

King&Prince 2024-2025壁掛けカレンダー永瀬廉高橋海斗
King&Prince 2024-2025壁掛けカレンダー
[Amazon]

ところで、先日の「まつもtoなかい」では、ニノが中居くんから次のように聞かれる場面がありました。

「新しいグループ作って何かやるとかないの?(よにのチャンネルの)4人とか…」

これに対してニノは「いろいろと大変で…」といった感じで濁してましたが、ジャニーズが消滅した今なら実現可能なのでは?

少なくとも中居くんは、過去に舞祭組を作って成功した経験もあるので、そういった方向性もアリだと考えているのでしょう。

というか、すでにジュニアからメンバーを引っ張ってきて作ろうとしてたり?

そう考えると、もし同期3人で新グループを組めるとなったら、キンプリを脱退してしまう可能性もゼロではないでしょう。

福田社長としても、「打倒、Number_i」を実現するためにソッチが良手だとなれば、積極的になるかも…?

※いちおうオレも同期だけど…無理だよね。。
週刊朝日 2023年 4/7 増大号【表紙:福本大晴(Aぇ! group)】 [雑誌] - 朝日新聞出版
週刊朝日 2023年 4/7 増大号
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス