中島健人のグループ脱退でジャニーズのビジネスモデルは崩壊へ - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

中島健人のグループ脱退でジャニーズのビジネスモデルは崩壊へ

SexyZoneからの脱退を表明した中島健人くんが、9日放送のラジオ番組「SexyZoneのQrzone」に出演し、現在の率直な心境を語ったことが話題になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Eye-Ai 2023年8月号 【表紙:中島健人(Sexy Zone)】 [ E...
価格:850円(税込、送料無料) (2024/1/10時点)




健人くん、番組ではいろいろと話していましたが、内容的には脱退時のコメントとほぼ同じ。

「ちょっと突然の発表となってしまったことに関して、ファンのみなさんを驚かせてしまったと考えていますので、申し訳ないという気持ちであふれているのですが。グループ12年、私もちょうど3月で30歳になるというタイミングで、それぞれが活動の場所を広げていく中で、しっかりと次なるビジョン、考えが生まれてくるんです」

「より成長するためにどうするべきか。エンターテインメントという世界で、アイデンティティを大切にしながら、発展的な未来にするためにはどうするべきか。今回のSexy Zoneの答えは、昨日発表があった通り、次なるフェーズにそれぞれが進んでいくということになったことをご報告させていただきます」


こんな感じにまとめていました。

ですが、結局のところ、赤西くんや山Pと一緒のような。

「自分のやりたいことに挑戦したい。そのためには、グループ活動は足かせになる」ということですよね。

SexyZoneファンの方々を悲しい思いをさせてしまうけど、どうしても自分の人生を優先させたいと。

そういう氣持ちを外野が頭ごなしに否定することはできない…というのは分かっていても、やっぱり納得できない部分は残ります。

 中島健人のSexyZone脱退の本当の理由

※結局、俳優として世界進出したいんでしょ?
andGIRL2023年12月号増刊 andBOY(アンドボーイ) 【表紙:中島健人(Sexy Zone)】 - andGIRL編集部
andGIRL2023年12月号増刊 andBOY(アンドボーイ) 【表紙:中島健人(Sexy Zone)】
[Amazon]

実際、ネットでは

《グループを想ってくれている気持ちは感じたけど、SexyZoneが大好きな自分としては寂しいし悲しいし、ネガティブな気持ちでいっぱいになってしまう》

《世界を目指す上で、他のメンバーとの熱量が合わなかったのかな。綺麗にまとめようとしてるけど、要はケンティーのやりたい事はセクゾでは叶わないって事だよね》


といった、なんだかモヤモヤしたような雰囲気が漂っています。

[以下引用]
「かつてジャニーズ事務所においては、グループから脱退するということ=事務所から退所することでもありました。特にメリー喜多川氏が健在だったときはそれが絶対と言われてきました。メリー氏は、創業家として作り上げたアイドルグループビジネスの掟を厳守してきた。KAT−TUNの赤西仁さんなど、ソロ活動を望み、結果的に辞めていったタレントは多くいます。ところが、性加害問題で旧ジャニーズ事務所は崩壊。今後、所属タレントは今春から本格始動するというSTARTOとエージェント契約を結ぶことになるわけで、グループから脱退しても会社に残ってソロで活動することもできる土壌が整いつつあるわけです。A.B.C‐Zから脱退した河合郁人さんも同じですよ」(芸能プロ関係者)

河合は40歳までに自身がMCを務める冠番組を持ちたい、という思いから脱退を決意。2023年12月にA.B.C‐Zから脱退している。

「河合さんと中島さんの脱退理由はともに“自分が進みたい道を歩んで行く”ということ。ただ、ファンとしてはメンバーが抜ける恐れのあるグループは応援しづらくなりますし、実際に推しのメンバーが抜けたらファン離れは急速に進んでいきます。CD売り上げやコンサート動員にも影響が出て、会社としても大きな収益を得られないでしょう。結果的にグループは勢いを失って解散が近づいてしまう――。旧ジャニーズが築き上げたアイドルのビジネスモデルが崩壊してしまう懸念があるわけです。そしてそれが、河合さん、中島さんの例で分かるようにどんどん進んでいると。両者の決断を見て、同様の動きをする後輩タレントも今後、出てくるはず。STARTO社の福田淳社長は、タレントの自主性を重視すると明言していますから」(前同)
[ピンズバ]

まあ、そうですよね。

いつでも好きにグループから脱退できるなら、ある程度の知名度を獲得した時点で

「サヨナラ。今後は一人でやっていきまーす」

という流れになるのは当然。

そうなったら、ジャニーズのビジネスモデルは完全崩壊です。

福田社長はアイドルビジネスをよく分かっていないと公言しているので、そこをなんとかしてくれると期待するのは無理。

イノッチなら…とも思いますが、すでに河合くんや健人くんのような前例が出来てしまった以上、もう止められないでしょう。

ただ、これからデビューするグループのメンバーたちが、ドラマやバラエティにゴリ押しされることもなくなるはず。

エージェント契約ではバーターが使えないですからね。

そうなると、特定メンバーのテレビ露出も激減するので、俳優業やキャスター業などアイドル以外のお仕事に興味を持つこともなくなっていくような。

要するに、ジャニタレが純粋に歌って踊るだけのアイドルに戻っていくと。

そういうのも、また良いのかも知れませんね。

ジャニーズ帝国60年の興亡 - 鹿砦社編集部
ジャニーズ帝国60年の興亡
[Amazon]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
あれ?岡本圭人は…はぶかれた??
Hey!Say!JUMP卒業しても事務所に所属…してるはず💦
Posted by 通りすがり at 2024年01月11日 07:09

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス