TOBEへの流出を阻止!岡田准一の芸能事務所設立はジャニーズ退所者の受け皿になることが目的か - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

TOBEへの流出を阻止!岡田准一の芸能事務所設立はジャニーズ退所者の受け皿になることが目的か

昨日、一部メディアが報じた通り、岡田准一くんがジャニーズを退所することが発表されました。

 岡田准一の退所で”ドミノ離脱”が始まる予感

しかし、単に独立するのではなく、

「今後は芸能事務所を設立して活動していく」

と、個人事務所の枠を超えた活動を示唆したことが話題になっています。


[以下引用]
事務所のHPで「弊社所属タレント岡田准一は、2023年11月30日をもちまして、ジャニーズ事務所を退所いたしますことをご報告申し上げます。今後につきましては、芸能事務所を設立し、活動してまいります」と記した。

また、退所理由について「今回の決断は、この度の故ジャニー喜多川性加害問題に起因しておりますので、本来、所属タレントを守らなければならない弊社が、会社の問題により所属タレントである岡田に苦しい思いと苦渋の決断をさせてしまったことに、岡田に対しては勿論のこと、ファンの皆様やお取引先様をはじめとするステークホルダーの皆様に対しても大きな社会的責任を感じております。改めまして、深くお詫び申し上げます」と説明、謝罪もした。

続けて「岡田自身、ファンの皆様に辛い思いをさせてしまっていることや、将来にわたってご一緒くださる関係者の皆様に、これ以上、ご迷惑をおかけしたくないという思いが強くございました。加えて、自身の年齢やこれからのキャリアを考え、より一層モノづくりや演じることを追究していきたいというビジョンを抱いていたことも、決断に至った理由となります」と説明。

そして「岡田より思いを聞き、話し合いを重ねた結果、今回の結論に至りました。これから、岡田が望む環境で長く活躍できることが最優先されるべきであり、弊社としましては、今後の活動を陰ながら応援をしたいと考えております。これまでも、アイドルから俳優へとキャリアチェンジした自分だからこそ、弊社に残ることで後輩にできることがあるのではないかという考えから、ともに会社を良くしようと様々な提案をしてくれた岡田に対して、心から感謝いたしております」とした。

最後に「改めまして、これまで岡田を応援してくださった皆様に、心より御礼申し上げます。新たな道を歩むこととなりました岡田准一を、今後ともご支援いただけますと幸いに存じます」と結んだ。
[スポニチアネックス]

ごまかしようがないですが、はっきり言いましたね、性加害問題が原因であると。

岡田くんは昔の人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のコーナーだった「ジャニーズ予備校」出身で、ジュニア歴が全くなく、入所からわずか3カ月という事務所史上最短でのデビューを果たした人。

被害を告発した人の中には、V6としてデビューするはずだったという人もいました。

自分がデビューまでを最短期間で駆け抜けた裏で、辛い思いをして辞めざるを得なかった人がいると思うと、さぞかし複雑だったことでしょう。

※伝説の番組。
天才・たけしの元気が出るテレビ !! テリー伊藤 SELECTION [DVD] - ビートたけし, ビートたけし
天才・たけしの元気が出るテレビ !! テリー伊藤 SELECTION [DVD]
[Amazon]

ところで驚いたのが、岡田くんが個人事務所ではなく芸能事務所を設立するということです。

岡田くんといえば、殺陣やアクションを教える「岡田塾」の主催者としても有名。

 岡田塾にレギュラー番組化の可能性浮上!

この塾はジャニーズだけでなく他事務所の俳優にも門戸を開いていると伝えられているだけに、

「令和の千葉真一に、俺はなるっ!ドンッ!!」

的な”野望”を感じてしまいます。

そこで思い出されるのが、タッキーのTOBE。

このところジャニーズを辞めたらTOBEへ、という道がほぼ確立していましたが、もう一つ道ができた感じですかね。

TOBEはアイドル路線、岡田塾(仮)は俳優路線ということで棲み分けもできちゃいます。

ヒガシ社長も「辞めた人も心から応援していきたい」と言っていましたし、今後の芸能界が風通しの良いものになる下地はできました。

一方、キムタクは新会社とエージェント契約を結ぶことが明らかになっています。

まあエージェント契約と言っても、実質的には独立と同義かなと思っていますが、ブラックだと言われていたジャニーズがここまでになったとは、非常に感慨深いです。

キムタク&岡田という、ジャニーズを代表するベテラン俳優が独立することで、後輩たちも次々と後に続くことでしょう。

ただ、昨日の会見でイノッチ副社長が言っていたように、独立がジャニーズとの決別を意味するわけではありません。

今後もジャニーズとは良い関係を保ちつつ、自由を手に入れたといった方が正解かと。

まだまだ不安定な状況ではありますが、ジャニタレにとって良い方向に流れていくのを願います。

※静香のパープルに入るのか、それとも…
木村拓哉 - 木村 拓哉
木村拓哉 - 木村 拓哉
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
芸能事務所を始めるにしても、ジャニーズ以外から取りそう
Posted by なんとなく at 2023年10月10日 11:03

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス