有岡大貴が原因か!日本アカデミー賞に「ジャニーズが多過ぎる」「妥当でしょ」と賛否両論 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

有岡大貴が原因か!日本アカデミー賞に「ジャニーズが多過ぎる」「妥当でしょ」と賛否両論

「第46回日本アカデミー賞」の各優秀賞などが1月23日に発表されたのですが、有岡大貴くん、松村北斗くん、目黒蓮くんと新人俳優賞8人のうち3人がジャニタレで占められた事に対し、「ジャニーズ多過ぎでしょ」「いやいや、今回は妥当なのでは」と賛否両論が飛び交っています。


[以下引用]
新人俳優賞は男性4名・女性4名という比率になっており、“男性枠”の4分の3をジャニーズ勢が占めた形だ。有岡は『シン・ウルトラマン』、松村は『ホリック xxxHOLiC』、目黒は『月の満ち欠け』での演技が評価されての受賞。目黒はさらに同作で優秀助演男優賞にも選ばれている。

これについて、ネット上のジャニーズファンからは「すごい、新人俳優賞にジャニーズから3人も!」「有岡くんはバリバリのバラエティ班なのに俳優としても新人俳優賞を受賞する実力あるのスゴすぎ」「北斗くんはハマリ役だったから納得だなあ」「めめは俳優として大活躍だったからダブル受賞うれしい」などと歓喜の声が寄せられている。

その一方、SNS上では「ジャニーズ好きだけど、男4人中3人はさすがにやりすぎでは」「3人も選ばれると事務所パワーや忖度を疑ってしまう」といった批判的な意見も噴出し、賛否が発生している。

だが、こうした「ジャニーズだから」という見方については反論もある。有岡は非ジャニーズファンからも『シン・ウルトラマン』での演技が絶賛され、公開当時は「演技のうまい若手俳優だと思ったらジャニーズだと知って驚いた」という観客も少なからずいたほど。松村は『ホリック xxxHOLiC』に加え、声優初挑戦となったアニメ映画『すずめの戸締まり』での演技が「タレントの声優起用」に厳しいアニメファンからも高評価されており、目黒についてはドラマのヒットなどによって2022年を代表する「ブレイク俳優」となった。

3人がそれぞれ受賞するにふさわしい活躍をしているため、たまたま重なっただけで「順当」「ジャニーズだからと色眼鏡で見るべきではない」という意見もあるようだ。
[日刊サイゾー]

ということですが、今回ばかりは順当だと思います。

というか、そもそもアカデミー賞はジャニーズ忖度なんてしないですよね?

日本映画界で最も権威のある賞ですから、さすがにそこは疑いたくないですけど…

※ねえ?
キネマ旬報 2022年11月下旬号 No.1909 月の満ち欠け - キネマ旬報社
キネマ旬報 2022年11月下旬号
[Amazon]

ただ、有岡くんが”新人賞”というところが、少し引っかかるといえばそうかも。

すでにJUMPはデビューして15年以上のキャリアを持つベテラングループで、有岡くん自身も4月には32歳になります。

ジャニーズ入所前の子役時代から数えると、すでに22年以上の俳優歴を持つ大ベテランなので、

「新人扱いはおかしいのでは?」

という意見が出るのはごもっともかと。

もちろん、「新人俳優賞は、日本アカデミー賞において受賞歴がなく、原則として映画初出演でなくとも主演・助演クラスの大役を演じ、印象を与えた俳優が対象」という受賞規定には合致しているものの、違和感はありますよね…

もしかして、その辺りが「ジャニーズが新人賞にねじ込んだのでは?」と疑われてしまう原因とか?

でもま、有岡くんが素晴らしい役者さんであることは間違いありません。

外野の喧騒は無視して、ジャニーズの若手たちに負けないよう、次は”優秀主演男優賞”を目指し頑張って欲しいです。

※バラエティも俳優もイケるって、まさにニノ路線。
シン・ウルトラマン - 斎藤工, 長澤まさみ, 有岡大貴, 早見あかり, 田中哲司, 西島秀俊, 庵野秀明, 樋口真嗣
シン・ウルトラマン
[Amazon]

ちなみに、今回のアカデミー賞ではニノも「ラーゲリより愛を込めて」で優秀主演男優賞にノミネートされています。

[以下引用]
二宮は2020年公開の映画「浅田家!」で優秀主演男優賞を受賞し、下馬評では「最優秀主演男優賞が濃厚」といわれていたが、最優秀賞に選ばれたのは『ミッドナイトスワン』に主演した元SMAPの草なぎ剛だった。2016年に『母と暮せば』で最優秀主演男優賞を受賞しているものの、ジャニーズを退所した草なぎに眼前で最優秀賞を獲得されてしまったことで「面目がつぶれた」との声が業界内であがっていた。

最優秀賞を獲得すれば2年越しで雪辱を晴らせるが、23日に更新した「ジャにのちゃんねる」では、優秀主演男優賞の受賞報告を受けた瞬間のショート動画を公開し、知らされた直後に“喜びの舞”を披露するなど力が入っている様子。しかし、新人俳優賞の3人に加え、もし二宮が最優秀主演男優賞を受賞したら「ジャニーズ批判」がより強まる恐れもありそうだ。
[日刊サイゾー]

ニノとしては、最優秀主演男優賞を2つ獲って岡田准一くんに並びたいところでしょうけど、同作は優秀作品賞に選ばれていないんですよね。

なので、ちょっと厳しいかも。

ただ、「ラーゲリ」は最初から興収ではなくアカデミー賞狙いだったとも言われているだけに、ジュリーさんとしてはなんとしてもニノに獲らせたいところでしょう。

でも、そうなったらサイゾーさんの言う通り、ジャニーズ批判が巻き起こるだろうなあ…

【映画パンフレット】ラーゲリより愛を込めて 監督 瀬々敬久 出演 二宮和也、北川景子、松坂桃李、中島健人、寺尾聰、桐谷健太
【映画パンフレット】ラーゲリより愛を込めて
[Amazon]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
俳優の上地雄輔は1999年から俳優として活動していますが、
2011年に新人賞取っています。
活動時期では無く、有名になってからの年数が関係するのでは?
有名になってから出演した作品の中で輝く役があればその作品で新人賞を受賞。
20歳で芸能界入っても遅咲きなら、ひょっとしたら50歳で新人賞の可能性もある。
Posted by ぽんちゃん at 2023年01月26日 13:12
映画は、滝沢さんとの共演映画が本格的映画出演は初めてと言われてたから、シンウルトラマンはまだ3本目なんですよね。シンウルの前がコード・ブルーで、大作が続いたから余計に疑問に思われる原因かもですね。
ヒルナンデスでまだゲストだった時、最高視聴率を出した後にレギュラーに→ヒルナンデスを見たコード・ブルー側からオファーが→コード・ブルー見てた樋口監督の作品のオファーがくるまでの流れ、なんか凄いですよね。
非ジャニヲタの特撮ファンの方たちにも絶賛されたし、受賞に納得の声もたくさんあるし、選考基準満たせてるのだから問題もなし。
新人と決めたのは日本アカデミー側で、本人関係ないし、選考基準無視してあーだこーだ言う人って、自分勝手な解釈でしか物事を判断できないから心配です。
何歳でもなんなら80歳でも新人俳優賞が取れるかもしれないなんて、夢がありますね。

二宮さんはさすがだし、松村さん目黒さんはますます活躍されていくんだろうなと、ジャニーズ大丈夫と思わせてくれてありがとうございます。
まだまだ有望な人材が沢山いるから楽しみです。
Posted by おめでとうございます!! at 2023年01月27日 11:28

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス