櫻井翔、黒歴史ほぼ確定。映画版ネメシスが俳優として最後の作品になる可能性も - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

櫻井翔、黒歴史ほぼ確定。映画版ネメシスが俳優として最後の作品になる可能性も

櫻井翔くんと広瀬すずさんのW主演映画「映画ネメシス 黄金螺旋の謎」(来年3月31日公開予定)を巡り、製作に携わる日本テレビ内から後ろ向きな声が上がっているといいます。


[以下引用]
同作は、もともとドラマの放送が決まった段階で映画化も内定。そのため莫大な制作費が投じられ、豪華キャストも用意された。ところが、ドラマの評判は「中身が薄い」「謎解きが陳腐」と厳しく、全10話の世帯平均視聴率も8・6%と爆死≠オた。

「数字が制作費に見合っていない。ドラマと並行して映画部分も撮影し、今年の春にも追加で撮影しましたが、物語の大筋は変わらない。できればやりたくないというのが局側の本音」(日テレ関係者)

このままいけばドラマの視聴率の低迷を映画が引き継ぐ可能性が高いが、映画化されるまでの期間も問題だという。

「ドラマから映画までは2年しか間が空いていない。そうなると、ネメシス=コケた≠ニいう印象が残ったままになります。公開までの期間が4〜5年くらい空けば、全く別の作品として世に送り出すこともできたんですが・・」(同)

公開前の舞台あいさつなどPRする場面も、盛り上がりには欠けるだろう。粛々とやるだけだ。
[東スポ]

ということですが、ヒットするかどうか未知数の作品を最初から”映画ありき”で進めちゃうなんて、経営陣の責任問題。

全く同情の余地はありませんし、櫻井くんと広瀬さん、そして制作現場で頑張ってる方々に対して謝罪して欲しいくらい。

この映画が興収3億円もいかないような超絶爆死になったら、櫻井くんの俳優生命が危うくなってしまいます。

そうなれば、日テレのお偉方の誰かが引責辞任したくらいでは済まないハナシ。

そういったリスクを考えたら、ジャニーズ側から映画化NGを通達しても良いのでは?

日テレに大きな貸しを作ることができますから…

※日本映画の赤字ナンバーワン映画はコレだ!
 どうせならトップを目指しちゃう?→ geinou ranking
 どうせならトップを目指しちゃう?→ geinou ranking

ちなみに、映画版はドラマの最終話から2年後の世界を描いたものだそうで、基本的な設定は全て引き継がれるとのこと。

最初から何億円もの赤字を覚悟して作るくらいなら、今からでもストーリーを大幅変更する”賭け”に出ても良い気がしますが…

ムリでしょうね。。

※ホントはこういうのが作りたかったのかな?
謎解きはディナーのあとで - 櫻井翔, 北川景子, 椎名桔平, 中村雅俊, 桜庭ななみ, 要潤, 黒谷友香, 甲本雅裕, 大倉孝二, 伊東四朗, 生瀬勝久, 竹中直人, 鹿賀丈史, 宮沢りえ, 黒岩勉, 土方政人, 金井卓也, 成河広明, 永井麗子
謎解きはディナーのあとで
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス