”彼女・大野智”は大丈夫?上島竜兵さん死去の知らせで親交の深かった芸能人を心配する声も - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

”彼女・大野智”は大丈夫?上島竜兵さん死去の知らせで親交の深かった芸能人を心配する声も

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなったことを受けて、嵐ファンの間では上島さんと親交の深かった大野くんを心配する声が出ているようです。


上島さんは11日午前0時頃、家族からの通報によって病院に搬送されたものの、午前1時前に死亡が確認されたとのこと。

この訃報を受け、ネット上では上島さんの死を悼む声がたくさん上がっていましたが、上島さんといえばジャニーズの中でも特に大野くんと仲良しだったことは有名な話。

2人は2010年4月期の日テレ系ドラマ「怪物くん」での共演をきっかけに親しくなり、サシで飲みに行くような間柄になったといいますが、それだけに嵐ファンの間では

「大野くんこれ知ったらどんな気持ちなんだろうと思うと、胸が苦しい」
「大野くんにとって、数少ない心を許せる友だちだったのに……大丈夫かな」
「嵐復帰後に一番最初に『大ちゃんおかえり〜!』と言って頂きたかった」


など、二人の関係に思いを馳せる投稿も数多く見かけました。

※上島&大野コンビのお決まりキッス
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

映画 怪物くん</a>
[Amazon]

<blockquote>[以下引用]
二人はバラエティ番組での共演も多く、17年1月放送の『嵐にしやがれ元日SP』では、「大野くん大好きトリオ」として上島、知念侑李、菅田将暉がゲスト出演し、大野を中心とした「大野会」を結成。上島は「(大野と)ちょこちょこ飲みに行ってたんだけど、よく寝るの」と切り出し、ある時、飲み会で大野が寝てしまったため、その場にいた稲森いずみと2人きりで話さなければならない状況になり、緊張してしまったというエピソードを披露していた。

また、18年6月放送の『嵐にしやがれ』では、二級小型船舶免許を取得して間もない大野が、上島さんと神奈川・相模湾で操縦の練習をするロケ企画を放送。5時間かけてゴールの葉山に到着すると、2人は上島さんの十八番ギャグ“ケンカからのキス”ならぬ、“ケンカせずにキス”を披露し、このロケを締めていた。

そんな大野との関係は、上島さん自身にも大きな影響をもたらしていたようで、昨年1月3日放送のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』では、「竜兵会」のメンバーであるタレントの土田晃之が、この日、ゲスト出演した上島さんの変貌ぶりについて言及。

土田いわく、アクセサリーに関心のなかった上島さんが、ある時から大野にプレゼントされたペンダントを身につけ始めたり、「飲む場所も中野から、港区に変わった」と大野行きつけの鉄板焼き屋に通うようになったとか。さらに、それまで電話は“通話派”だった上島さんが、大野と連絡を取りたいがためにメールを覚え、「急に俺(土田)とか有吉(弘行)にメールするように」なった際には、これに驚いた土田と有吉が「上島さん、女できたんじゃねぇか?」とウワサしたこともあったという。
[日刊サイゾー]</blockquote>
この訃報を受けて、ツイッタートレンドでは「#大野くん」「#怪物くん」といった単語も上位にランクインしていました。

上島さんのご家族、ダチョウ倶楽部の肥後リーダーとジモンさん、戦友・出川哲朗さん、そして有吉弘行さんを始めとした”竜兵会”の方々を含め、残された方々の心境を思うといたたまれない気持ちになります。

<a target=「ダチョウ倶楽部」編 - 土田晃之, 野呂佳代, LEFKADA新宿, ダチョウ倶楽部
「ダチョウ倶楽部」編 - 土田晃之, 野呂佳代, LEFKADA新宿, ダチョウ倶楽部
[Amazon]

先日、俳優の渡辺裕之さんが自死したとの悲しいニュースがあったばかりですが、同じ60代の有名芸能人が相次いで自ら死を選んだというのはショックです。

二人ともコロナ禍で人知れず苦労はあったと思いますが、それでも仕事のスケジュールはしっかり埋まっていたといいますし、いったい何があったのか…

[以下引用]
上島さんは先月25日の会見にメンバーの肥後克広(59)、寺門ジモン(59)と出席したばかり。コロナ禍でリアクション芸に影響が出ていると嘆きつつも、変わらず元気にギャグを連発していた。ただ、「竜兵会」と呼ばれる後輩芸人との飲み会が最近はコロナ禍で激減したと寂しがり、「初めて結婚して良かったと思いましたよ。自宅で俺の文句を聞きながら飲んでくれるからね」と吐露。28年連れ添った広川に感謝の言葉を述べていた。
[サンケイスポーツ]

上島さんの親しい知人によると、心療内科などに通院したこともなく、過去も含めて”うつ状態”になったことはなかったとのこと。

実際、亡くなる前日も仕事の話をしていて、撮影現場に行くことを楽しみにしていたといいますから、上島さんに近しい人ほど驚きとショックは大きいようです。

コロナ禍で”竜兵会”の飲み会が激減し、アツアツおでんやキスのネタも制限されるなどしていたようですが、最近は元々の志望だった”役者”としての仕事も増え、「恋に無駄口」(テレビ朝日系)や「やんごとなき一族」(フジテレビ系)などにも出演するなど、順調だったのですが…

そういった背景もあり、ネットでは”芸能界の闇”に言及する書き込みもありました。

三浦春馬さんと竹内結子さんの時もそうだったように、なぜか芸能人の方々の自死は「連鎖する」傾向があるように感じます。

大野くん、これでさらに芸能界へ復帰する気持ちが薄くなってしまったかも…

上島さんのご冥福をお祈り致します。

※天国でもお二人仲良く、ゆっくりお過ごし下さい。
変なおじさん【完全版】(新潮文庫) - 志村けん
変なおじさん【完全版】
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス