亀梨和也がジャニーズから大目玉!番組終了が現実味を帯びてきた紅白でヤラカシた大問題発言 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

亀梨和也がジャニーズから大目玉!番組終了が現実味を帯びてきた紅白でヤラカシた大問題発言

史上最低視聴率を更新してしまった昨年大晦日のNHK紅白歌合戦。放送前からも「史上最大級の話題無し紅白」と揶揄される中、最も注目を集めたのはKAT-TUNが初出場したこと。そのため、亀梨和也くんもかなり気合が入っていたらしく、独断でとある発言をブチかましてジャニーズ事務所から大目玉を喰らっていたと言います。

※I LOVE KAT-TUNということで。

[以下引用]
「ジャニーズ出場枠の5枠をめぐり、関ジャニ・キンプリ・スノ・ストの4枠はあっさり決定。残り1枠で、NHKは『なにわ男子』を希望したが、ジャニ側は『デビュー間もないので来年は必ず出します』と、強引に記念イヤーのKAT-TUNをゴリ押ししたそう」(ジャニーズ番組プロデューサー)

15年も下の後輩グループである『なにわ男子』の代役とも揶揄されながら、最初で最後の紅白出場を果たしたKAT-TUN。6人組時代から、現在の3人組時代まで、誰もが認めるセンターである亀梨和也は、ちゃんとその意味を大きく感じていたようだ。

「本人たちにも『なんでKAT-TUNが紅白に』という周囲の雑音は届いていた。だからこそ亀梨はその責任を感じ、ちゃんと歌前のトークで爆弾気味の “お土産” を用意していた」(同前)

歌前のトーク時間は短く、司会の大泉洋から、代表して亀梨が紅白初出場の感想を聞かれると『15年いろいろありましたけど、ファンの皆さん、スタッフ関係者の皆さんに感謝を届けたい』と熱く語った。

続いてなんと『抜けたメンバー3人に対しても、15周年で紅白のステージにKAT-TUNとして立たせてもらえている、そこを見て、何か感じてもらえるステージにしたい』と、生放送で思いをぶちまけた亀梨。知っての通り、ジャニーズ現役メンバーが辞めたメンバーの話をするのは御法度。

「個々の名前は出していないが、ジャニーズ的には画期的なこと。事前に質問内容などは司会者面談で確認しているので、亀梨は『本番でぶっこんでやろう』と計画していたのでしょう。出番後は、事務所上層部から『生放送で余計なことを言うな』と注意されたとか」(ジャニーズに近い芸能関係者)

亀梨からすれば、記念出場枠なのを充分に理解したうえでの、自己犠牲に基づくサービス精神だったのだろう。
[覚醒ナックルズ]

あらら、怒られちゃったんですね、亀梨くん。。

ただ、”ジャニーズの掟”を破ってまでKAT-TUNとしての”心意気”を示したことは、メディアや芸能関係者からは「亀梨は男を上げた」と好評だったとのこと。

いかにも亀梨くんらしいですね。

とはいえ、当の3人は完全スルーしているので、果たして伝わったかどうかはナゾですけど。。

紅白をリアルタイムでは観てなかったにせよ、人づてに「カメがこんなこと言ってたよ」とは聞いたはず。

そのうち、SNSで何かしら反応してくれると嬉しいんですけど。

KAT-TUN Double Face - ジャニーズ研究会
KAT-TUN Double Face - ジャニーズ研究会
[関連商品]

ところで、昨年は裏番組の絶対に笑ってはいけないシリーズ」が休止になったことで、紅白の一人勝ちになるとも予想されていたんですけどね。

蓋を開けてみれば、平均世帯視聴率34.3%という歴代最低を記録してしまいました。

以前から、「NHKは若年層からの受信料獲得のため、高齢者を切り捨て、若者に媚びる番組制作に走っている」と言われていて、実際に昨年の紅白でそれを実行し、見事に惨敗。


昨年1月に就任した前田会長は”マンネリ打破”を旗印に長寿看板番組だった「試してガッテン!」と「バラエティー生活笑百科」を打ち切り、紅白についても「これまでとは違う番組にする!」と息巻いてました。

それだけに、冗談ではなく、NHK内部からも「紅白を打ち切って、全く新しい番組を作るべき」との声が上がっているといいます。

一方、これまでの紅白のコンセプトを引き継いだかのようなテレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」は、前年より0.9ポイントアップとなる視聴率8.3%を記録し、さらに音楽業界では「素晴らしい番組内容だった」と大絶賛されているそうです。

[以下引用]
「『年忘れにっぽんの歌』の出場歌手は、『絶対にはずさない名曲』というコンセプトのもと、往年の名曲をじっくり聴かせる内容で、出場歌手も、去年『紅白』を落選した五木ひろし始め、演歌・歌謡曲系の歌手を中心に、ほとんどが『紅白』経験者。毒舌で知られるテレビプロデューサーのテリー伊藤も、ラジオ番組で『年忘れ』を絶賛していました」(夕刊紙記者)
[日刊サイゾー]

前田会長の人気は来年1月まで。

若い世代に人気のアイドルやYoutube系アーティストを引っ張ってきたのに見向きもされず、昭和歌謡や演歌を切り捨てた結果、高齢者にもそっぽを向かれてしまった紅白。

冗談ではなく、今年の紅白は打ち切りになる可能性もあるかも…
 紅白、今年で見納めか!番組の大幅リニューアルが濃厚に

ということで、タッキー!

来年以降、大晦日はジャニタレオールスターズによるカウコンを盛大に開催してはいかがですか?

FC会員限定なんてケチくさいこと言わず、全世界に向けて無料生配信してくださいな。。

※選曲に疑問の声はありましたが…これが王子様ファイブだー!
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

※マネしろと言うわけではありませんが。
LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019→2020 "RISING"(DVD2枚組(スマプラ対応)) - V.A.
LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019→2020 "RISING"(DVD2枚組(スマプラ対応)) - V.A.
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
ジュリーさんは、紅白打ち切りにしたくなかったら、関ジャニ∞を下げてKinKi Kidsを出してNHKに協力すべき。
アーティスト別カラオケランキングに今も入ってるのはKinKi Kidsだから。

NHKに協力すべき時に協力しなかったら、紅白が打ち切りになって後番組が始まった時に、ジャニタレはお呼びがかからなくなるかもしれませんよ?

視聴者の声を無視したゴリ押しばかりしてきたから、今年の紅白のジャニタレの扱いが悪い一方でアミューズタレの扱いはとても良い。
アミューズは、売上底辺歌手を事務所最多出場にするなんて無茶苦茶なことはしないから。

ミリオン出したKinKi KidsとKAT-TUNは、ちゃんと全盛期に出すべきだった。
Posted by ジュリーさんは器が小さい at 2022年01月24日 20:15
キスマイが少クラに出ている限りは少クラも見るし
NHKのニュース見るのも日課

NHKにはお金きちんと納めますよ
Posted by ぷー at 2022年01月24日 20:49
余計なことを言うと、酷く怒られるのは当たり前だろ?
Posted by 当たり前 at 2022年01月25日 05:30

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス