売り出すのも楽じゃない!バラエティ無能なキンプリメンバーの扱いに四苦八苦の日テレ - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

売り出すのも楽じゃない!バラエティ無能なキンプリメンバーの扱いに四苦八苦の日テレ

キンプリにとって初の冠番組「King & Princeる。(キンプる)」が、1月16日からついにレギュラー番組として始まりますが、この裏では日テレとジャニーズの間でかなりのスッタモンダがあったようです。

※オトコは体を張ってこそナンボや。

[以下引用]
「日テレの元日でのジャニーズ特番コラボは毎年恒例となっており、嵐活動中は『ザ!鉄腕!DASH!!』と『嵐にしやがれ』で展開。昨年は『嵐にしやがれ』に代わって『月曜から夜ふかし』の特番となりましたが、ここにキンプリの特番が加わったということは、それだけ事務所も日テレも彼らに期待しているということ。キンプリにバラエティでのスキルを鍛えさせ、いずれは嵐のようなアイドルになってほしいとの思惑もあったようです」(芸能ライター)

しかし、その期待の番組の評判はいまひとつだ。

「これまでの単発では、『ほぼ芸人の番組じゃん』『もっとキンプリに喋らせればいいのに芸人の操り人形みたいで微妙だった』『正直いって企画がダメだと思う』『それぞれのいいところとか全く生かせてない』といった厳しい声が上がるなど、内容についてはファンの間でも賛否分かれていますね」(アイドル誌記者)

レギュラー放送開始前から内容に賛否が分かれているようだが、“課題”は番組の内容だけに留まらない。

「以前から言われていますが、キンプリは基本的に全員が天然キャラで、辛うじて永瀬廉が“回し”を担当しているものの、まだまだ荷が重い。全体的に学生ノリで、ワイワイやっているぶんにはかわいいのですが、バラエティの“トーク”を求められると、ふわっとしてしまって締まらないんです。日テレが単発で多くの芸人と絡ませたのも、ツッコミ役が必要だから。体を張る番組になったのもトークがダメだからでしょうね。いずれにせよ、今後バラエティで活躍していくのならば今のままの『全員天然』では難しい。トーク力をもっと磨かないと厳しいのでは」(テレビ関係者)

『キンプる。』のレギュラー化については、日本テレビ内でも紆余曲折あったという。

「昨秋の改編で『ウチのガヤがすみません!』が終了しましたが、当初はこの火曜深夜枠で検討されていました。しかし、TBSで同時間帯に『パパジャニWEST』が放送されており、“裏カブり”を避けるために火曜深夜枠の案は早々に見送られたそう。次に検討されたのが水曜のゴールデンタイム。まだ正式発表はされていませんが、水曜21時の『今夜くらべてみました』が春に終了することが決まっており、日テレはその後釜に『キンプる。』をと考えていました。しかし、単発特番を観たジャニーズサイドも番組の企画内容に不満があったようで、この話は流れたとか。結果、『今くら』の後番組は『上田と女が吠える夜』のレギュラー化という方向で進んでいますが、キンプリとしてもいきなりゴールデンに進出して爆死するより、日曜昼に伸び伸びとやれたほうがよかったのでは」(テレビ関係者)
[日刊サイゾー]

「キンプる。」は昨年5月に特番として放送され、今年の元日には「DASH」「夜ふかし」との合同特番の第3部として深夜帯に放送されました。

で、16日からはレギュラー放送されるのですが、こちらはゴールデンではなく日曜14時15分〜という微妙な時間帯で、しかも関東ローカル。

まあ、キンプリに限ったことではないですが、この辺りにジャニーズと日テレの自信の無さというか、「まだまだ時期尚早」というホンネが表れてるのかな…とも。

ただ、ジャニーズ・アイドルはバラエティでの適性を考慮してメンバーが選ばれているわけではないですからね。

SMAPには中居くん、嵐には櫻井くんといった回しのできるメンバーがいましたけど、キンプリのように全員が天然系というグループがあってもいいんじゃないかと。

なので、まるで”使えない奴ら”みたいな言われ方をするのは、ちょっとどうなのかと。。

あの嵐ですら、かつては日テレ深夜帯で「真夜中の嵐」から始まり、C、D、Gと経験を積み、最終的に「嵐にしやがれ」でプライム帯に進出するまで8年以上掛かってますからね。

キンプリメンバーも焦らず、少しずつ、プレッシャーの掛からないところで経験を積んで成長して欲しいです。

とはいえ、アラサーがズラリと並ぶSnowManを始め、SexyZoneやジャニーズWESTといった先輩たちとも比べられるわけですから、いつまでものんびりやってる訳にもいかないのが辛いところ?
 「きんぷる」と「それすの」が”丸かぶり”でファンから困惑の声

ジャニーズ事務所として、キンプリを”売れっ子グループに育てる”という意味では、必ずしもSMAPや嵐のようなバラエティ路線で成功させることだけが”正解”ではないはず。

先輩たちには成し遂げられなかった、ジャニーさんの夢でもあった”アメリカ進出”という方向性もありますし、それぞれのグループに備わってる個性を重視しても良いような気もしますが…

「キンプる。」は「ムチャぶり検証バラエティ」を謳っているだけに、今後もキンプリがいろいろと過酷な挑戦をする姿を面白おかしく伝えていくという構図になるのは必至。

なんとなく、マスコミが「また炎上!」と騒ぐのが日常茶飯事になりそうな予感もしますが、果たしてどうなることやら…

※真夜中の嵐、最終回。大野リーダーにご注目。
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~ (通常盤)(2枚組)(特典:なし)[Blu-Ray] - King & Prince
King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~ (通常盤)[Blu-Ray]
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス