解散したはいいものの…気になるV6メンバーたちの未来 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

解散したはいいものの…気になるV6メンバーたちの未来

解散から早くも1ヶ月以上が経過したV6。最近は唯一ジャニーズを退所した森田剛くんの動きばかりが取り上げられていますが、他の5人にもそれぞれ動きがあるといいます。


[以下引用]
「今月になり、森田個人の公式サイトと公式ツイッターが立ち上がった。しかし、ツイッターはスタッフ運用の告知アカウントのようで、フォロワー数もまったく伸びていない」(ジャニーズ番組プロデューサー)

森田は、来年1月公開の映画に2番手で出演しており、その番宣で地上波テレビ露出があるかどうかにも注目が集まっている。映画といえば、ジャニーズ全体のなかでもトップクラスの実績をもつ岡田准一。来年公開の主演映画のリリースがあり、再来年のNHK大河の出演発表があるなど、大口のニュースに事欠かない印象。

「岡田の俳優業は今後もやはり順風満帆。解散前から言われている通りV6最大の勝ち組で、ジャニーズ俳優部門のキムタクの次のポジションは当分安泰」(同前)

気になるのは、解散後も事務所に残った岡田以外の4人の立ち位置だ。現在のジャニーズの公式HPによると、ソロ部門の東山紀之・木村拓哉の次に三宅健と岡田が配置されている。

そして、こちらも勝ち組ともいわれるメディア露出の多い井ノ原快彦は、坂本昌行・長野博とともに、グループ部門でTOKIOとKinKi Kidの次に『20th Century(通称:トニセン)』として配置されたのだ。

「井ノ原はもともとピンで売れていたのは周知の通り。しかし、V6解散後もトニセンの形に拘っていた。だからといってホームページにも3人組のまま載ったのは、業界内でも『意外すぎる』という声ばかり」(スポーツ紙ジャニーズ番記者)

今後のファンクラブも、三宅、岡田はそれぞれ個人で開設されたが、トニセンは3人組での開設だが、ここで“ひと悶着”があったという。

「V6のファンクラブ会員向けのお知らせでも、今後は三宅・岡田・トニセンの3つに分かれることは告知されていた。その際のトニセンの欄に、わざわざ『今後は個人活動が中心となります』という注釈が入れられておりファンの間で波紋を呼んでいた。トニセンには25年続くラジオのレギュラーがあるが、それが終わればトニセンも解体される可能性が高い」(同前)

一時は『トニセンの3人で今後も音楽活動を行う』という話も持ち上がっていたが、続いているラジオ番組のための形式上のユニットという扱いだ。今の流れで判断するに、数年後にジャニーズに残っているのは、岡田と井ノ原だけ……という未来が見えなくもない。
[覚醒ナックルズ]

ということですが、岡田くんとイノッチはソロでも全く問題なくやっていけるでしょうから、全く心配ないでしょう。

また、リーダーの坂本くんも舞台を主戦場に確固たる地位を築いています。

まあ、テレビなどでの露出は減るので、世間的には「アノ人は現在…」みたいな感じになってしまいそうですが、仕事的には今後も安泰かと。

TVガイドPERSON VOL.92 (TOKYO NEWS MOOK 861号)
TVガイドPERSON VOL.92
[関連商品]

長野博くんについては、たぶんV6の中でも最も地味メンかもしれません。

ただ、2013年4月からNHKBSプレミアムで「晴れ、ときどきファーム!」という番組を持っていて、2017年4月からはテレ東の生活情報番組「よじごじDays」で水曜MCを担当しています。

さらに、解散直後の11月11日からは、同じくテレ東で「長野博の極めしモノ」という深夜バラエティも始まり、目立ちはしないものの着実に仕事を増やしています。

というか、そもそも長野くんのグルメを含めた”食”全般に関する博識ぶりは相当なもの。

昨年、渡部建さんが多目的トイレ不倫で芸能界からサヨナラしたときには、その代わりに長野くんがグルメ王になるのでは?なんて噂も飛び交ったくらいです。
 長野博、得意のグルメ知識を武器に”ポスト渡部建”の1番手に

今後、もし追い風が吹いたら、V6でトップの勝ち組になっちゃうかも?

クル日もグルメ - 長野 博
クル日もグルメ - 長野 博
[関連商品]

唯一、よく分からないのは三宅くん。

現在は、2005年4月から続くご長寿ラジオ番組と舞台くらいしか目立った仕事はありませんし、武器となるのは手話と相撲に関する知識くらい?

ですが、もともとバラエティ向きのキャラでもありますし、敬愛する中居Pと合体したら風向きが変わるかも?
 三宅健、V6解散後に「のんびりなかい」へ移籍するとの噂

しかも、泣く子も黙るタッキー副社長とツーカーの仲というのは、非常に心強いこと。

V6解散直後には、二人で何やら怪しげな?密談をしていたそうですし、すでに水面下ではスゴイことが動き出しているのかも…
 ”タキニ本命”が不惑にして大ブレークの兆し!

こんな風に書いてくると、宮沢りえさんのバックアップを受けてブレークの兆しがある森田くんも含め、V6メンバーは全員がさらなる活躍の可能性を秘めているような気がしてきます。
 森田剛、ヤバし!宮沢りえの工藤静香化が止まらない

ぜひ、あとに続く後輩たちの良いお手本になって欲しいところですが…

トニセンもちゃんとグループとして活動させてあげてくださいね、ジュリーさん!!

※これはすごいメンバー!森田・三宅・大野、そして・・
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

ファースト写真集 V6 1997 「ビバ!ヴイシックス」
ファースト写真集 V6 1997 「ビバ!ヴイシックス」
[関連商品]

※ぜひ投票を!

 Johnnys Watcher 独自アンケート「王子様」
 Johnnys Watcher 独自アンケート「元気」
 Johnnys Watcher 独自アンケート「セクシー」

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
手話をバカにするな。
オリンピックのユニバーサル放送は三宅がいてからこそ出来た放送。
Posted by ピッピ at 2021年12月16日 10:16

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス