ジャニーズMIX枠を巡りアノ二人がバチバチの関係に! - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ジャニーズMIX枠を巡りアノ二人がバチバチの関係に!

昨年、ジャニーズ史上初となる同時デビューを果たしたSnow ManとSixTONES。最近は両グループのメンバーをメディアで見かける機会も多くなっていますが、そんな中、ジェシーくんとラウールくんの扱いを巡り、テレビ業界ではある問題が起きていると言います。

※オイシイ関係、とはなかなかいかないようで。

[以下引用]
ジャニーズ事務所は目下、King & Princeを熱心に各媒体へ売り込んでいるが、副社長の滝沢秀明としてはSnow Manのブレイクを最優先に考えているという。

「滝沢さんはSnow Manのデビューに深く関与しています。ジャニー喜多川さんから『YOUたちこのままじゃ売れないよ』と言われ、デビューは難しいとされていたSnow Manを叱咤激励し、自分の舞台『滝沢演舞城』に出演させるなどして修行を積ませてきました。そこからデビューまでこぎつけたわけで、滝沢さんはいわばSnow Manの生みの親。その中でもラウールさんは滝沢さんのお気に入りで、昨年には滝沢さんの“ゴリ押し”でクリスチャン・ディオールの商品広告に起用されるなど、かなり熱心な売り込みをしていますよ」(民放関係者)
 
しかし、滝沢の思惑とは裏腹に、ラウールよりも売れてしまったメンバーがいるという。

「テレビ局はコア視聴率の獲得のために、若い女性に人気が高いSnow ManとSixTONESを積極的に起用したいという考えがあります。ただ、グループ全員を呼べるのは歌番組以外になかなかないので、バラエティなどでは人気メンバーを厳選してブッキングしている状況。現在の人気はSixTONESのジェシーで、特にバラエティではトーク力が高いので重宝されています。一方のSnow Manは、TBSで冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』を担当していますが、視聴率も微妙ですし、いまいちパッとしない。テレビ関係者の間では、Snow ManよりSixTONESの方が使いやすいと評価は高いんです」(前同)

滝沢としてはラウールを売り出したいが、テレビ各局から来る話はジェシーへの出演依頼ばかり。というのも、この2人の経歴がさらに事態をややこしくしており、そこにはテレビ業界の“悪習”が影響しているという。

「ジェシーはアメリカ、ラウールはベネズエラにルーツを持つミックス(ハーフ)ですが、テレビ業界には『ミックス枠』というものがあるんです。明文化されたルールというわけではないですが、キャラの被りを避けるため、同じ番組にブッキングするミックスのタレントはなるべく1人に収めるというもので、業界にはいまだにこういう慣習が残っています。ラウールさんは他のタレントと比べるとトークがイマイチなので、他のキャラが強いミックス枠タレントが出演すると、ブッキングされなくなってしまう。ジェシーはバラエティ番組にいち早く順応して人気が出ましたから、現状ではラウールが不利な状況。このままSnow ManとSixTONESの明暗を分けてしまうことも考えられます」(前同)

もっとも、ジェシーのテレビ人気が高いのならば、ラウールは別の売り方に切り替えればよさそうなものだが、そうはうまくいかないんだとか。

「ジャニーズ事務所は、テレビの露出を増やして人気を出すという、これまでの古いタイプの売り出し方から抜け出せないんです。ラウールさんも雑誌の表紙に積極的に起用してもらうなどしていますが、最近は出すぎて需要と供給が合わない状態になっています。結局、テレビ番組で使ってもらうしか、タレントの人気を上げるのは難しいというのがジャニーズ事務所の結論になっているようです」(民放関係者)
[日刊サイゾー]

これは正直、どうなの?と思います。

ハーフだからって、ジェシーくんとラウールくんはルックスも性格も全く違いますし、競合する要素は見当たりません。

「キャラが被る」って言われても、なんだかしっくり来ませんが…

テレビ業界にそういった風習があることは以前から知っていたというか、感づいている視聴者は多いのでは?

女性のハーフタレントやオネエの方々を見ていると、「ああ、たぶんそうなんだろうな…」と。

その他にも、太めを売りにしてるタレントさんや、頭髪の薄さをネタにしてる芸人さんなんかも、キャラ被りで共演しづらいと聞いたことがあります。

さらには”大御所”と呼ばれる芸能人の方にも、そういった暗黙の了解はあるようです。

まあ、今はハーフのタレントやアナウンサーなどもかなり増えたので、以前よりは特別視されることもなくなってきましたが、10年前、20年前はそれをウリにして活動していた人たちが一定数いた事も事実。

そう考えると、テレビ業界にそういった風習が残っているのも仕方ないのかもしれません。

ただ、ハーフだろうがMIXだろうが、実力があればバンバン出演できることは間違いないこと。

出演できないことを業界の風習のせいにしていては、いつまで経っても成長はないですからね!

現時点でジェシーくんのバラエティ対応能力やトークスキルは、他のジャニタレと比べてもズバ抜けていますし、起用されるのも当然かと。
 所ジョージ、タモリ、浜田雅功にも惚れ込まれてるジェシーくん

ラウールくんはまだ若いですし、これからどんどん伸びていく要素はあるはず。

ということで、タッキー!

あまり甘やかさないようにね。。

そして!

テレビ露出を増やして知名度を上げるという、SMAPや嵐時代のやり方から抜け出し、ネット全盛の今にマッチした売り出し方を早く見つけて下さいな。

※ファンも仲良く。
ラウール攻撃予告への報復で京本大我を標的に仕返し予告

BARFOUT! バァフアウト! 2021年7月号 JULY 2021 Volume 310 ラウール(Snow Man) (Brown's books) - ブラウンズブックス
BARFOUT! 2021年7月号 JULY 2021 Volume 310
[関連商品]

サンデー毎日 2021年8月15・22日合併号 [雑誌] - サンデー毎日編集部
サンデー毎日 2021年8月15・22日合併号
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング


スポンサーリンク







この記事へのコメント
ジュリーの器の小ささは周知の通り。
それでもいざラウールがSnowMan脱退でジャニーズ解雇されるなら身長190cmとバレるだけでだろうが、モデルの仕事に使えそうな(笑)
あるファッション誌の表紙飾りが多いのは、モデルデビューというのが私はしっくりくる。
テレビ界も、ジェシーびいきしてラウールをいじめないでね?
Posted by 最低なのはジュリーの器の小ささではなく、地上波テレビのやり方では? at 2021年11月20日 13:23

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス