村上信五に冷めた声。フジテレビの北京五輪メインキャスター就任でさらなる好感度暴落は確実に? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

村上信五に冷めた声。フジテレビの北京五輪メインキャスター就任でさらなる好感度暴落は確実に?

21日、フジテレビが来年2月に北京で開催される予定の冬季五輪関連番組のメインキャスターとして、村上信五くんを起用することを発表しました。しかし、ネットの反応を見るとかなり冷めた反応ばかりのようで…

※「アグレッシブ、そして貪欲に」の間違いでは?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TVガイドPERSON(vol.106) 話題のPERSONの素顔に迫るPHOT...
価格:990円(税込、送料無料) (2021/10/23時点)


[以下引用]
村上は今夏の東京五輪でも同局のメインキャスターを務めており、起用についてチーフプロデューサーは「東京オリンピックで我々スタッフが見た村上さんの選手への気遣い・配慮、視聴者に感動を届けたいという取材姿勢、そしてそんな村上さんだからこそ引き出せた数多くの本音や貴重な言葉…村上さんなら東京で灯った希望の光を絶やすことなく、北京での熱い戦いや感動を伝えることができると確信しました」とのコメントを出し、東京五輪での実績が買われたことを強調している。

「しかし、その東京五輪で村上は評価を落としたともっぱら。閉会後、写真週刊誌『FLASH』では、大手広告代理店が実施したネットアンケート『五輪中継で好評or不評だったアナウンサー、キャスター、解説者』をもとに作成したという“功労者ランキング”を掲載。『女性自身』でも、アンケート調査による“上手なキャスター”を掲載していますが、いずれも村上は明石家さんまに次ぐ“ワースト”の2位。世間的には完全に“スポーツキャスターには向いていない”烙印を押されています」(芸能ライター)

ここまで評価が低い理由はいったい何なのか。

「今回の発表でもネット上では《うるさくて観ていられない》《メインじゃなくて、少なくとも横に据えるぐらいがいい》《キャスターでもバラエティなみにタメ口。ノリの押し売りされてる感じがちょっと》と、起用理由とは真逆の声が続出しています。もちろん、本人は“熱い戦い”をストレートに伝えようとヤル気満々なのでしょうが、それがどうも空回りしている印象を与えるようですね」(テレビ誌ライター)
[アサ芸プラス]

村上くん、視聴者からの評判がイマイチなのは明らかだと思うんですが…

フジテレビとしては、ジャニーズとの関係を良好に保つために、他の選択肢はなかったのかな?

さんまさんも村上くんも、バラエティやお笑い番組の延長線上のノリでスポーツ番組のキャスターをやるから、どうしても「オレが主役や!」みたいな感じになっちゃうような気がします。

ですが、スポーツ番組の主役はあくまでもアスリートの方々。

キャスターはその引き立て役であって、脇役として面白い番組づくりをしていかなくてはいけないのでは?

だから、選手たちにリスペクを持って礼儀正しく接する中居くんや亀梨くんはとても評価が高い一方で、村上くんやさんまさんのように自分が前に出ないと気が済まない”芸人キャスター”は嫌われるんじゃないかと。

正直言って、オリンピックなどの大型スポーツイベントのキャスターは、無理にタレントを起用しないで、局アナと引退した一流アスリートだけというのが一番良いと思います。

ジャニタレを起用することで、その関連番組の視聴率が上がるとも思えませんし。

まあ、テレビ局としてはジャニーズに恩を売って、ドラマやバラエティのキャスティングを有利に…という狙いがあるんでしょうけど。

※ジャニーズ勢、強し。
 ランキング→ geinou ranking
 ランキング→ geinou ranking

「関西 ジャニーズ〜真夏の決戦2020〜関西から日本に光を!」 episode2 試練の無観客 - 関ジャニ∞, ジャニーズWEST, なにわ男子, Lil かんさい, Aぇ! Group, 関西ジャニーズJr., 藤内良宣, 田中啓太郎, 植田邦宏
「関西 ジャニーズ〜真夏の決戦2020〜関西から日本に光を!」
[関連商品]


ところで先日、金スマで中居くんとHIROさんの対談が放送されましたが、LDHでは所属タレントの副業を積極的に支援してるみたいですね。

パラレルキャリアっていうんですか?

格闘技ジムやコーヒーショップ、アパレルブランドなど、芸能活動と並行して自分の興味ある分野でビジネスを展開していくというもので、定期的にHIROさんら経営陣にプレゼンする機会が設けられているといいます。

そこにはアーティストとしての”賞味期限”が限られているという切実な問題もあるようですが、ずいぶん柔軟な考え方だな…と感心しました。

一方、ジャニーズは副業禁止で、「活躍の場を広げる」ためには”本業”としてのタレント活動を多角化させていくしかありません。

だから皆、それぞれの特技を活かしてバラエティタレント、司会者、キャスター、クイズ、モノマネ、料理、漫才、振り付け師などといった道に挑戦しているわけですけど、そういう才能を持ってるのはデビュー組の中でもさらに限られた人だけ。

しかも、必ずしもそれでファンが喜んでくれるわけではありません。

櫻井くんなんて報道キャスターからいずれは政治家に…とも言われてますけど、もはやそこまでいっちゃうと??な感じ。

難しく考えないで、櫻井プロデュースの麦茶でも販売してくれほうが、よっぽどファンも喜んでくれるのでは?

LDHのようにタレントがやりたいことを自由にやらせてあげたら、本業であるアイドル活動にも良い影響が出てきて、「もう、ジャニーズを辞めたい…」なんていうネガティブ思考も解消できるような…

って、村上くんの北京五輪キャスターからずいぶん話が逸れてしまいましたが、この辺りは苦労人のHIROさんとアイドル一筋のタッキーでは考え方が違いそうですね。

ということで、村上くん!

どうしても脇役にはなれないというのなら、さんまさん以上の嫌われキャスターを目指してみるのもありかもしれませんよ!?


※欧米諸国のほとんどはボイコットするとの噂もあります。


[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
だってジュリーさんは昭和脳のママゴト経営だもの。

ビジネスよりオキニのゴリ押し優先でマウント取ることはやめられないでしょ。
制約は多い方が内部序列の維持がしやすいから、Hiroさんの様に柔軟になることはできない。

ジリ貧の未来しか見えない。
Posted by 因果応報 at 2021年10月23日 19:27

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス