Hey!Say!JUMPがコロナ実証実験に選ばれた理由は…過激なファンがいるから? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

Hey!Say!JUMPがコロナ実証実験に選ばれた理由は…過激なファンがいるから?

12月11・12日に名古屋市の日本ガイシホールで開催されるHey! Say! JUMPのコンサートが、新型コロナウイルスの行動制限緩和に向けた国による「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験の場になることが発表されました。

※ジャニーズJr.カレンダー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズJr.カレンダー2021.4-2022.3
価格:2400円(税込、送料無料) (2021/8/17時点)


[以下引用]
新型コロナウイルスの行動制限緩和に向けた国による「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験が、12月11・12日に名古屋市の日本ガイシホールで開催されるHey! Say! JUMPのコンサートで実施されることを、愛知県が発表した。

収容人数をこれまでの基準の50%から定員いっぱいの100%に拡大、2日間4公演でのべ3万2000人が対象となる見込みだ。観客のワクチン接種歴の確認やコンサート前後のPCR検査実施、密集状態の把握、マスク着用率などの調査や分析も行われる。

この実証実験は、Hey! Say! JUMPのコンサートだけでなく、全国各地でJリーグやプロ野球の試合、ライブハウスや飲食店などでも実施されるが、なぜHey! Say! JUMPに白羽の矢が立ったのだろうか。あるテレビ誌記者が言う。

「まず、その時期にアリーナ規模でのツアーを開催するのがJUMPだったということがひとつあります」

同じ時期に、関ジャニ∞やSnow Manも同規模の全国ツアーを行っているが、

「実証実験は参加表明をした自治体によって実施されるもので、今回は愛知県によって行われるもの。そこに大規模イベントとして行われるのがちょうどJUMPのコンサートだったということになるのではないでしょうか」

そのいっぽうで、「推察でしかないですが、JUMPのファン層も選考材料のひとつになったかもしれません」と語る。JUMPのファン層の特徴はほかのグループのファンよりも若い、と続ける。

「Hey! Say! JUMPは、来年に結成15年目を迎えるグループですが、常に新規の若いファンで新陳代謝され、ほかのグループよりもファンの年齢層が若いと言われています。そのため、若い層への積極的なワクチン接種を、という狙いもあるかもしれません。

また、コロナ関連にかねてから協力的な事務所なので、その流れもあるかと思います。メンバーの山田(涼介)くんは、昨年からステイホームや医療従事者への応援キャンペーンに参加していた“顔”でもあるので、これも理由のひとつかもしれませんね」

若いファン層に加え、Hey! Say! JUMPファンのある“特徴”も白羽の矢が立った理由に見え隠れすると、芸能ジャーナリストが読み解く。

「JUMPのとびっ子(ファンの愛称)は昔から過激なことで有名でした。人気メンバーが通う学校の出待ちをして、ジャニーズ事務所が公式にやめるよう通達をしたことがあった。また地方ツアーの際も、新幹線に乗るメンバーを追いかけホームを爆走し、遅延させてしまったことも。

コンサートでの熱狂度や歓声の大きさもトップクラス。いま、コロナ禍以後JUMP初の有観客コンサートツアーということで、ファンの期待も大きく高まっています。今回の実験は、“JUMPのコンサートで大丈夫だったら”という実績を作るにはうってつけかもしれません(笑)」
[週刊女性プライム]

「実験」と言われるとなんとも複雑な感じもありますが、開催地といい、絶対に密が発生するであろうことといい、若年層へのワクチン普及といい、いろんな要素が確かに最適なのかもしれません。

そしてジャニーズとしても、公明正大に動員数を増やせるし、身分証明をきっちりできて転売撲滅になるし、やり遂げればその後の他グループのコンサートでもノウハウが活かせるし、良いことが多いのでは。

ただ、参加する方は、どうでしょうね。

いわゆる試験的なワクチンパスポートみたいなものですよね。

つい先日、ファイザー製のコロナワクチンは接種後3ヶ月で半減、半年で抗体が85%減少、なんてニュースがありました。

何しろいろいろとはっきりしないことが多い中、「今年は受けないでおきたいな」という人もいるのでは。または、アレルギーなど体質の問題で受けられない人もいるようですし。

まあ、「ワクチン接種済み、または陰性を確認できたお客様」ということなので、ワクチンが必須、というわけではありません。

その場合、イベント当日から3日以内に県の委託先検査機関から郵送するキットでPCR検査を受け、陰性証明を持参することになるんだそう。

それでなんとか受けても、もしもPCR検査で偽陽性になってしまったら参加できないんですよね、やっぱり。

陰性の信用度もよくわかりませんし、陰性の確認はあくまで検査をしたときに陰性だったという話で、検査をしてから当日までの間に感染してしまう可能性もあるわけで。

ただでさえ、バーコードエラーとかで入れないとトラブルになる人もいるのに、なんだか大変なことになりそうです。

また、コンサート後に感染が確認された場合でも、遠方から参加する人やコンサート以外にも出かけた人もいるでしょうから、「因果関係なし」としか言えないのでは。

こんな大事なこと、申し込む前に教えてほしかった、という人もいるでしょうね。

100%収容になって当選率アップ!しかも会場に来る人はワクチン接種済みか陰性の人だけ!と思えば、不安が減っていいのかもしれませんけど。

なんにしろ決まってしまったことですし、当選発表はまだ先です。

心配するのは当選したあと、でしょうか。


※何度見てもじわじわくる画像
どうぞ→ geinou ranking
どうぞ→ geinou ranking

Fab! -Music speaks.-(初回生産限定盤1) - Hey! Say! JUMP
Fab! -Music speaks.-(初回生産限定盤1) - Hey! Say! JUMP
[関連商品]

※元ジャニーズのSNSはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス