増田貴久に驚きの声続出! - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

増田貴久に驚きの声続出!

先週月曜日から放送開始となったドラマ「古見さんは、コミュ症です。」に出演している増田貴久くんに、視聴者から驚きの声が続出しているといいます。

※こちら原作。

[以下引用]
13日、増田さんがドラマの告知のためにNHKの「あさイチ」に登場。鈴木菜穂子アナウンサーが「高校生役、しかも高校1年生を演じているわけですが」とツッコミを入れると、増田さんは「違和感ないですよね?」と苦笑しました。

すると、増田さんの反応に博多大吉さんが「違和感がないことに違和感なんですよ」とすかさずフォロー。「なんで高1の役ができるんだろうって」と述べ「いやすごいですよ」と、増田さんが演じることのできる幅の広さを絶賛したのでした。

このコメントを受けて、ネットでは

《まさにそれって感じ。なんで高校生を演じられるんだろう》
《大吉先生、最上級の誉め言葉をありがとうございます》
《まっすーが褒められて、まるで自分のことのようにでニヤニヤしちゃう》


こんな風に感謝の声が続出。なぜ増田さんは高校生役を違和感なく演じることができたのでしょうか。

それは間違いなく増田さんが同世代と比べて圧倒的に童顔であるからだと思います。以前、あの高須院長もメディアの寄稿していましたが、涙袋や下唇が大きいことから童顔だと指摘してしており、さらに最近の女性がなりたがる顔だとも述べているのです。35歳という実年齢に反して幼すぎる見た目が不自然さを招いていたのでしょう」(芸能ライター)
[クイックタイムズ]

同ドラマは、「週刊少年サンデー」で連載されている同名コミックが原作。

池田エライザさん演じる「他人とのコミュニケーションが苦手」な主人公・古見硝子を、まっすー演じる只野仁人が「友達を100人作る手助けをする」という内容。

まっすーは現在35歳ですが、その20歳も年下の高校1年生役を演じるというのは、普通なら考えられないこと。

特殊メイクでもしない限り。。

って、50歳の俳優さんが30歳の”若かりし頃”をカツラに頼って演じることは多々ありますが、それとはレベルが違いますからね、まっすーの場合は。

※呼んだ?
吉田鋼太郎 写真集 - 小林響
吉田鋼太郎 写真集 - 小林響
[関連商品]

とにかく、これは反則ですよ、まっすー!

※見てください、プンプンっ!
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

いじわるにアラを探してみようと思いましたが、見つからない…

ま、一つ言えるのは、共演の池田エライザさんも25歳で、溝端淳平さんも32歳、という中だからこそかなあとも。

いや、むしろ溝端さんはちょっと厳しいかな…。

なんにしろ、高校生役をここまで違和感なく演じられるのなら、役者としての幅も広がるはず?

今後の活躍に期待したいですね!

※この方もすでに60歳超え。今からでも遅くない!?
20歳若く見えるために私が実践している100の習慣 (中経出版) - 南雲 吉則
20歳若く見えるために私が実践している100の習慣
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス