キンプリって本当に人気あるの?「24時間テレビ」の視聴率惨敗でテレビ業界から疑問の声 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

キンプリって本当に人気あるの?「24時間テレビ」の視聴率惨敗でテレビ業界から疑問の声

先月放送された「24時間テレビ」が、視聴率的に大惨敗を喫したことで、日テレ内ではメインパーソナリティを務めたキンプリに対して「本当にこのまま推して大丈夫なの?」と疑念の声がジワジワと広まりつつあるといいます。


[以下引用]
「コロナシフトも2年目だし、昨年の “寄せ集めジャニ” よりは視聴率大幅UPを見込んでいたが、ここまで大幅ダウンとは。感染状況が昨年より悪いせいなのか、それとも単純に彼らの力不足なのか…今年は東京五輪もあったりで番宣が例年より少なかった影響もあるが、世間は『24時間テレビやってたの?』という雰囲気だった。それでも、キンプリ自体にもっと一般的な需要があれば、昨年より3.5%も爆下がりすることはなかったはず」(日本テレビ系制作会社のプロデューサー)

今年の平均視聴率は12.0%で、全44回中の29位。昨今の多メディア展開を考えたら、現代の地上波でこの数字なら及第点では、という声もあるが。

「昨年が、V6井ノ原・NEWS増田・キスマイ北山・WEST重岡、そしてキンプリ岸だったので、そこからの大幅下落というのが、日テレ内はともかくジャニーズ内でもショックが大きいとか。この結果に高笑いしているのが、意外にもタッキー副社長というウワサもある」(ジャニーズに近い芸能関係者)

今回の24時間のメインパーソナリティは、キンプリに本決まりする前には、タッキー派閥の『スノーマン&ストーンズ連合軍』案もあったというのは以前も当サイトで報じた通り。

ジュリー社長派閥のキンプリが失敗したので、これで来年は連合軍ではなくても、どちらか単独でもメインパーソナリティーの線が出てきた。もちろんそこで失敗したら、ジュリー社長派の猛反発をくらうので、タッキーも何かと慎重にはなるでしょう」(同前)

さまざまな番組があるなか、やはり『紅白歌合戦』や『24時間テレビ』など歴史ある超大型番組は “帝国” といわれる芸能事務所の今後の勢力図にも大きい影響を与えるようだ。
[覚醒ナックルズ]

引用記事の冒頭にもあった通り、コロナシフトも2年目、しかも昨年は”寄せ集め”だったのに対し、今年は絶賛ブレーク中のキンプリとあって、日テレが期待したのも当然だったと思います。

ですが、終わってみれば平均視聴率12.0%で歴代29位。

しかも、昨年から3.5ポイントも下落してしまったわけで、これだとテレビ業界で「キンプリってホントに人気あるの?」なんていう声が出てしまうのも仕方ないでしょう。

ただまあ、「24時間テレビ」はドラマや普通のバラエティ番組とは違うので、その低視聴率をメインパーソナリティを務めたキンプリにだけ押し付けるのは違うような気もしますが…

背景にジャニーズのゴリ押しと日テレとのズブズブな関係があるだけに、批判的な声はどうしても出てきてしまいますよね…

また、今年は募金額もかなり低かったようで、番組終了直前の集計では約4億2000万円でした。

昨年は同時期で約5億円、最終的には約8億6000万円だったのですが、これを下回ることは確実と見られています。

歴代最低は1982年の約6億500万円ですが、さすがにここまで下がることはないにしろ、募金水準としては番組が始まって間もない40年前に逆戻りすることは間違いないでしょう。

コロナ禍によって多くの人々が経済的に苦しめられている状況を考えると、募金額が低くなるのは当然とも言えます。

しかし、視聴率に続いて募金額も低ければ、キンプリの評判はガタ落ちになってしまうかも?

【メーカー特典あり】 Re:Sense (通常盤初回プレス)(特典:スマホリング付) - King & Prince
Re:Sense (通常盤初回プレス)(特典:スマホリング付)
[関連商品]

って、あまり悲観的なことばかり書くのもイヤなので、ちょっとした豆知識を。

「24時間テレビ」の歴代最高視聴率は、草g剛くん&香取慎吾くんの2人が担当した2005年で、その時の数字は19.0%でした。

で、その前年のメインパーソナリティはまだ”修行中”の嵐が務めたのですが、その数字はなんと11.7%でした

つまり、今回のキンプリよりも低かったんです。

しかも、その前年はTOKIOで15.6%、さらにその前2年間はメインパーソナリティ不在で15%台だったんですよね…

つまり、当時の嵐は大コケの戦犯と言われても文句は言えなかったわけですが、その後は大ブレークして国民的アイドルにまで上りつめたのは御存知の通り。

そもそも、キンプリのファンがたとえ100万人いたとしても、それだけでは視聴率を左右できるほどの影響力はありません。

ファン以外の一般の方々に認知され、好感を持たれるようになって、初めて”国民的アイドル”と呼ばれるようになるわけですが、たった数年でその領域に達するなんて無理なハナシ。

なので、キンプリの皆さん!

今回の数字は逆に縁起が良いと考えて、気にせず頑張ってくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アラフェス 2020 at 国立競技場(通常盤 DVD) [ 嵐 ]
価格:4229円(税込、送料無料) (2021/9/7時点)






■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
嵐の視聴率は裏がオリンピックと丸被りだったから。そんなことも調べてないの?
Posted by W at 2021年09月07日 10:49
経営陣が自分の推したいグループだけ推すの
会社に損になるばかりなのに何でいつも内ゲバしてんの?
Posted by 内ゲバジャニーズ at 2021年09月08日 11:58

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス