VS売り確定フラグ!Travis Japanがなにわ男子のライバルとしてデビューするとの見方が拡散中 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

VS売り確定フラグ!Travis Japanがなにわ男子のライバルとしてデビューするとの見方が拡散中

先日、なにわ男子が11月にCDデビューを果たすことが発表されましたが、このライバルグループとして、「Travis Japan」をぶつけるのではないかとの見方が広がっているようです。要するにスノストVS売りの再来ということなのですが…




昨年1月、SixTONESとSnow Manがジャニーズ初の同時デビューを果たし、両グループの曲がそれぞれ入ったスプリットシングルは初週でミリオン達成という想像以上の反響がありました。

そのため、次のデビューも2グループ同時デビューとなるのではないか、というウワサが以前からあったのは事実。

で、その中で最も有力視されていたのが、関西ジャニーズJr.のなにわ男子と、関東ジャニーズJr.のTravis JapanとHiHi Jetsです。

いずれも単独コンサートを開催できるほどの人気を誇り、ドラマやバラエティなどJr.の範疇を超える活躍をしているため、今度は東西同時デビューとなるのでは、と見られていました。

[以下引用]
「8月30日放送の日本テレビ系バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で、トラジャ(Travis Japan)が『今年ブレイク間違いなしと言われているジャニーズJr.』として紹介されたのですが、その際に『“西のなにわ男子、東のトラジャ”と言われるほど人気で、今Jr.内で最注目のグループ』と説明されたんです。

これに双方のファンが反発するなど悪い意味で反響がありましたが、注目すべきは、一部で使われていた『西のなにわ男子、東のトラジャ』という言い回しを番組側が使ったこと。デビューが決定しているなにわ男子の名前をわざわざ引き合いに出す説明だけに、ジャニーズ事務所に無断だったとは考えにくく、むしろ事務所側がそういう風に売り出したいという意向の現れでは」(アイドル誌ライター)

Travis Japanといえば、今年、初の全国ツアーを開催。さらに先日、YouTubeチャンネル「+81 DANCE STUDIO」の開設を発表している。CDデビューが発表されていないジャニーズJr.による単独チャンネル開設は史上初だとのことだが、SixTONESはCDデビューが発表された2019年8月8日に単独チャンネルが開設されたことから、デビューへの布石ではないかとファンの期待も高まっている。

「トラジャの『深イイ話』出演は、この『+81 DANCE STUDIO』の宣伝だったようですが、ただのYouTubeチャンネルの宣伝でテレビ番組に出すというのも異例。同チャンネルでは、嵐の『Love so sweet』など先輩グループの名曲を独自の振り付けで魅せていくというダンス中心の内容になるそうですが、国際電話における日本の国番号を意味する『+81』を冠しているだけあって、世界に発信していく番組になるそう。世界を視野に入れているならCDという形態にこだわらない可能性もありますし、なにわ男子のCDデビュー日である11月12日に配信でデビュー曲をぶつける…という展開も考えられなくはありません」(同上)

「なにわ男子 vs Travis Japan」という形でジャニーズ事務所は盛り上げていくのだろうか。

「Snow Manはシングル3作連続でミリオンヒットと圧倒的なセールスを誇っていますし、それに劣るとはいえ、SixTONESも最新シングル『マスカラ』が初週で49万枚以上売れるなど、令和の時代では超特大ヒットといえる。それはやはり、SixTONESとSnow Manをセット売りし、対立構造とすることでファンの応援したいという熱量を煽った、当初の“VS売り”のインパクトが大きかったと考えられています。しかしその反動として、ファン同士がいがみ合うなどの問題も起こってしまいましたし、また同じような手法を取ればファンから反発を買うでしょう。実際、今回もすでに一部ファン同士で揉めたほか、『こんな売り出し方するからバチバチする』『このVSはすごくモヤモヤする』『VS売りやめて』などと不満が出ています」(同上)
[日刊サイゾー]

いわゆる”2匹目のドジョウ”っていうヤツですよね。

まあ、「柳の下にいつもドジョウはいない」という諺もありますが、ことジャニーズのデビューに関してはどうでしょう。

どんなに腹立たしくても、タッキーの手のひらで転がされている気分になってもデビューするのは自分が応援してきたグループ。

好きなグループがデビューすることになれば、結局、応援せざるを得ないはず

で、タッキーにノセられたくない、と思いながらも、VS売りに乗ってついつい買ってしまうはず。

そうなればタッキーの思うツボですが、2回続けると驚きは少ないですし、3回目以降は同時デビューありきで見られるようになっちゃいます。

それでは意味ないので、今回は露骨な形での同時デビューではなく、微妙に時期をずらしたり、形態を変えてのデビューになるんじゃないかと。

あと、ファン同士の諍いは時に想像を超えるので、そことのバランスですよね。

「どうせ何もなくても争うんだから、VS売りにしてそのエネルギーをうまく売上げにつなげよう」

という考えならば、今後も乱発していくかもしれません。

「ちょっとバチバチさせすぎて、ファン離れにつながっちゃった」

と分析されれば、止めるでしょう。

いずれにせよ、なにわ男子のデビューが決まって、スノストに用意されてきた”新人特等席”は後輩に譲られることになります。

それがなにわ男子の独占席になるのか、トラジャとの相席になるのか…

個人的には11月12日のなにわデビュー日に、配信でトラジャのデビュー曲をぶつけてくるというのは、めちゃめちゃエグいですけど、結構あり得そうな展開でコワイです。。

※こちらもどうぞ。
メリーが滝沢に託した遺言の内容。トラジャデビューは…

※デビューしても、目指す場所は全く違うでしょうね。
ダンススクエア vol.25 [COVER:Travis Japan] (HINODE MOOK 514) - 日之出出版
ダンススクエア vol.25 [COVER:Travis Japan]
[関連商品]

※嵐ファンの奪い合いという一面もあるかと。

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス