SnowMan、大炎上!「おそ松さん」実写映画での原作破壊にアニメファンから大ブーイング - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

SnowMan、大炎上!「おそ松さん」実写映画での原作破壊にアニメファンから大ブーイング

8月3日、人気アニメ「おそ松さん」の実写映画を2022年春に公開され、SnowManの9人が主演を務めることが発表されたのですが、その直後から「おそ松さん」「SnowMan」「ジャニーズ」がトレンドの1位から3位を独占するなど、ネット上では早くも双方のファンによる賛否両論が渦巻いています。

※熱中症対策には、マスクではなくコチラをどうぞ。

「おそ松さん」は故・赤塚不二夫さんのギャグ漫画「おそ松くん」に出てくる「おそ松くん」の六つ子が成長して大人になったという設定で、2015年に放送されると社会現象を引き起こすほどの大ヒットとなり、2019年には劇場版も公開されました。

来年、再来年には二年続けて新作アニメ映画の劇場公開も控えている中、今回は敢えて”ジャニーズの人気者”による実写映画化が発表されたわけですが、SnowManのファンからもおそ松ファンからも聞こえてくるのは否定的な声ばかりのようで…


[以下引用]
「今回の発表で明らかになったのは、メンバーの人数に合わせて、六つ子のほかに3人のオリジナルキャラクターを作るということ。名前は『エンド』、『クローズ』、『ピリオド』と、いずれも“終わり”を意味するキャラクターになっています。しかし、わざわざオリジナルキャラクターを作ってまで人数合わせすることに対し、ネットからは『おそ松さん関係ない、ただ同じ名前使ってるだけのSnowManの映画じゃん』『炎上商法レベル』『オリキャラまで出すって無理ある』という批判が集まっています」(芸能ライター)

また、『おそ松さん』の魅力の一つは、「顔は同じだけど性格がそれぞれ異なる六つ子」という点だが――。

「もちろん、Snow Manは顔も体型も髪形もすべて異なっているため、そもそもの作品の前提から覆された形に。これには『作品の大前提をおざなりにしてる時点で作り手の志の低さが窺い知れる』『これじゃない感がハンパない』『顔は無理でも体型くらいは揃えようよ…』という声が集まっています。実際、『おそ松さん』は2.5次元舞台化もされましたが、キャストの体型を合わせて髪形をウィッグで統一したところ、ネットからは『よく見ると似てないのに六つ子に見える』という評価が集まりました。これからSnow Manは原作に寄せていけるのでしょうか」前(同)

一方、Snow Manファンはネットで「炎上してほしくない」「仕事受けただけのSnow Manは悪くない」と訴えているが、果たして公開後、どう評価されるのだろうか?
[リアルライブ]

ということですが、実写版の監督を務めるのは英勉さんという方で、これまで「映画賭ケグルイ」(2019年)や「ぐらんぶる」(2020年)、「東京リベンジャーズ」(2021年)といった漫画原作の作品を多く手掛けているので、作品的には期待できると思います。

また、おそ松役は向井康二くん、カラ松は岩本照くん、チョロ松は目黒蓮くん、一松は深澤辰哉くん、十四松は佐久間大介くん、トド松はラウールくんということで、もうルックスも身長も完全バラバラ。。

そして「映画のキーパーソンになる」とされる映画オリジナルキャラですが、エンドは渡辺翔太くん、クローズは阿部亮平くん、ピリオドは宮舘涼太くんが務めるんだそう。

もしかして、最初の6人から3人増えて9人になったという”設定”は、実際のSnowManと掛けているのでしょうか?

でも、作品の”肝”となる部分の設定を完全無視しまっているのは事実ですから、原作ファンから批判が殺到するのはもちろん、SnowManファンからも

「Snow Manがネットで叩かれないかと心配」
「原作ファンに申し訳なくて、ツライ・・」
「スノはお尻出せるの?その覚悟はあるの?」


といった不安の声が出るのは当然でしょう。

※下ネタ多し。
えいがのおそ松さんDVD赤塚高校卒業記念BOX - 櫻井孝宏, 中村悠一, 神谷浩史, 福山潤, 小野大輔, 入野自由, 藤田陽一
えいがのおそ松さんDVD赤塚高校卒業記念BOX
[関連商品]

※こちら、舞台版。ルックス揃ってます?
【Amazon.co.jp限定】舞台 おそ松さん on STAGE ~F6'S SHOW TIME BEST SELECTION~*Blu-ray Disc(特典:ジャケットビジュアルA4クリアファイル)
【Amazon.co.jp限定】舞台 おそ松さん on STAGE
[関連商品]

もちろん、好意的に受け止めている意見も多いですけど、こうやって世間の反発を買うような戦略をゴリ押しするのは、SnowManを誰からも愛される国民的アイドルにするという目的があるならば、あまりよろしくないと思うんですが…

ちなみに、2019年公開のアニメ映画は興収6.1億円、動員40.6万人で、期待されたほどの成績は収められませんでした。

となると、3作連続ミリオン達成のSnowManが主演を務める実写版が、この数字を超える可能性はかなり高いのでは?

もし、実写版がアニメを圧倒するほどの大ヒットとなれば、ちょっと気が早いですがシリーズ化されるのは必至。

数年後には

「おそ松さんって、あの六つ子+三人のギャグアニメね」

なんて認識になってたりして。。

SnowManにとって代表作となるのか、黒歴史となるのか、注目です。

■配信10分で視聴回数5万回を超えた…
 特別映像→ geinou ranking
 特別映像→ geinou ranking

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
おそ松さん自体が原作汚し
おそ松くんに謝れ
Posted by 実写もアニメもどっちもどっち at 2021年08月04日 18:34
ピットしそうな気がする
Posted by なんとなく at 2021年08月05日 19:14

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス