ジャニーズの戦隊モノ進出に他事務所が悲鳴!イケメン俳優の登竜門がなくなってしまう恐れ - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ジャニーズの戦隊モノ進出に他事務所が悲鳴!イケメン俳優の登竜門がなくなってしまう恐れ

「美 少年」が7月31日開始のドラマ「ザ・ハイスクール ヒーローズ」で主演を務めることが明らかになりましたが、ジャニーズがテレ朝のドル箱である「戦隊モノ」に進出したことに、イケメン俳優を抱える他事務所から悲鳴が上がっているといいます。

※撮影中は俳優に専念?

[以下引用]
「本来の“戦隊モノ”が放送されている日曜午前の時間帯ではなく、土曜夜の『オシドラサタデー』の時間での放送になります。ですが、制作陣に東映が入り、『仮面ライダーエグゼイド』『仮面ライダーゼロワン』の脚本家である高橋悠也氏が担当するなど、まさに本格的。激しいアクションシーンやド派手な爆破など、期待できると思いますよ」(テレビ局関係者)

“戦隊シリーズ”といえば、今やイケメンの登竜門として有名です。松坂桃李(シンケンジャー)、千葉雄大(ゴセイジャー)、山田裕貴(ゴーカイジャー)、横浜流星(トッキュウジャー)、竜星涼(キョウリュウジャー)などの売れっ子俳優たちを次々と輩出してきました。

同じ特撮モノの「仮面ライダーシリーズ」も負けていません。菅田将暉(W)、竹内涼真(ドライブ)、佐藤健(電王)、オダギリジョー(クウガ)などが、出演後に大ブレイクを果たしています。

ここで勘のいい方ならお分かりだと思います。

テレビ界にイケメンを大量に送り込んできたジャニーズですが、彼らの名前は一つも出来てきません。つまり、ジャニーズと“特撮モノ”はこれまで縁が無かったのです。だからこそ、ジャニーズ、テレビ朝日、東映の3者が組んで“特撮モノ”を制作することに驚かされたのです。

「若手を特撮モノでデビューさせて、ブレイクさせるというのは必勝パターンでした。というのも、今は子どもだけでなく、そのお母さんや女性ファンもたくさんいますからね。それに、東映さんに1年間みっちり鍛えられたということも、芸能界で売り込むには大きなプラスになっているんです。

ですが、そこに今までいなかったジャニーズさんが本格的に入り込んできたら、ただでさえ厳しいオーディションがさらに難しくなりますよ。デビュー前から多くのファンを抱えるJrさんなんかに、うちらのタレントが勝つのは難しいですからね。当然、東映さんやバンダイさんも、人気や知名度のある子の方がいいに決まっていますから…」(別の芸能プロ関係者)

と、他のプロダクションは戦々恐々としているようです。

今や若手の登竜門となった「戦隊シリーズ」。今回をきっかけにジャニーズが特撮モノに本格進出するのか…。ドラマの内容だけでなく、そんなところも気になってしまいそうです。
[フライデーデジタル]

同ドラマに関しては、ジャニーズファンの間では別の意味で物議を醸してました。
 美少年ファンもKAT-TUNファンも複雑な気持ち

でも、よーく考えると、確かに他事務所にとっては死活問題ですよね。

というか、引用記事に名前が挙がっているようなイケメン俳優たちが、今後はほとんど出てこなくなるとしたら、かなり寂しいかも…

※全員ブタ箱入りじゃー!
孤狼の血 - 役所広司, 松坂桃李, 真木よう子, 音尾琢真, 駿河太郎, 中村倫也, 阿部純子, 中村獅童, 竹野内豊, 滝藤賢一, 矢島健一, 田口トモロヲ, ピエール瀧, 石橋蓮司, 江口洋介, 白石和彌, 天野和人, 池上純哉
孤狼の血
[関連商品]

ちなみに、ジャニーズがこれまで戦隊モノに興味を示さなかったのは、2つの理由があるといいます。

その1つ目は、拘束期間の長さ。

戦隊モノやライダーになるのはブレイク前の若手俳優で、放送される1年間の間にドラマに加え映画を2、3本、さらに週末には遊園地などで開催されるイベントにも参加しなければならないため、他の仕事は一切できないそう。

つまり、1年間は完全に東映にタレントを預ける形になるそうで、デビュー前からユニットとしての活動が多く、さらに歌や踊りなどのレッスンもあるJr.が出演するのはムリだったと。

そして、2つめは契約問題。

ジャニーズはタレントの肖像権にウルサイことは有名ですが、特撮モノは東映と玩具メーカー・バンダイがタッグを組んで、ライダーベルトや銃といったグッズで稼ぐというビジネスモデルで成り立っています。

その金額は戦隊モノで50億円前後、ライダーで約200億円とも言われているそうで、まさに莫大な利権が絡んでいるわけです。

もちろん、商品の箱やポスターなどには出演俳優の顔写真が印刷されますが、どんなに売れようが1円たりともタレントや事務所には還元されないんだとか。

要するに、1年間は完全に丁稚奉公みたいな形になるわけで、Jr.でガッツリ儲けているジャニーズにとってはなんの旨味もないどころか、自社タレントの肖像権で他人がガポガポ儲けるなんてあり得なかったと。

そう考えると、美少年が戦隊モノで主演を務めるということは、その辺りの問題が全て解決されたとみていいのでは?

ということは、美少年のデビューは来年の夏頃になるかも…

なんて気が早いですが、1年間、戦隊モノでじっくりと知名度を上げた上でデビューさせるというのは、かなり良い戦略かと。

でも、タッキー!

他事務所のイケメン俳優育成枠は、残しといてあげてね。。

※ジャニタレとはまた違った魅力があります。
横浜流星写真集『流麗』 (単行本) - 横浜 流星
横浜流星写真集『流麗』
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
ウルトラマンに長野さんが出ていたような気がします。25年近く前ですが。
Posted by な at 2021年07月25日 20:40
どうして?
長野博がウルトラマンギガという特撮に出た経緯があるのに、ジャニーズが特撮に出てはいけないという権利は無いんだよ?
ゴリ押ししすぎならともかく・・・。
Posted by ジャニーズが特撮に出るなという権利は無い at 2021年07月27日 15:15

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス