中居正広が生贄に!岩橋玄樹の退所でキンプリ冠番組争奪戦が激化し、テレビ業界から完全に消える恐れも - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

中居正広が生贄に!岩橋玄樹の退所でキンプリ冠番組争奪戦が激化し、テレビ業界から完全に消える恐れも

岩橋玄樹くんがジャニーズを退所したことによって、テレビ局によるキンプリの冠番組争奪戦が激化しそうだといいます。そして、同時になぜか中居正広くんがテレビ業界から完全に消える可能性も高くなっているようで…


[以下引用]
「復帰を待ち望んでいたファンにとっては【悲報】ですが、岩橋の脱退により、各局の『キンプリ冠番組』争奪戦が激化するのは間違いありません。すでに、後輩グループの『Snow Man』や関西ジャニーズJr.の『なにわ男子』がそれぞれ4月からテレビ朝日で冠番組をスタートさせていますが、キンプリは“ポスト嵐”と期待されながらも、現在まで冠番組がありません。3月31日の『週刊女性PRIME』も報じていますが、日テレがとりわけ熱心にアプローチしていたものの、冠番組を持つことで治療中の岩橋を焦らせてしまうため、メンバー6人が揃ってからという思いでオファーを断っていた。キンプリの『初冠番組』を獲得するべく、各局の“ジャニーズ詣で”が始めっているはずです」(テレビ関係者)

一方「キンプリ枠」により、立場が危ぶまれているのが元ジャニーズの中居正広だという。

「中居が独立してからというもの、手越祐也、山下智久、錦織一清、植草克秀、長瀬智也、森田剛が相次いでジャニーズを退所しています。この流れは、中居がこれまでと変わらずテレビ出演していることと無関係ではない。打ち切る理由がなかった『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)が3月で終了したのも、日テレがジャニーズに忖度したため。今後は他局も『キンプリ』の冠番組を得るための“生贄”として、『中居切り』に着手していく可能性はありそうです」(前同)

キンプリの冠番組が高視聴率を取れば、芸能界におけるジャニーズの「力」はこれまで同様、強力なものとなりそうだ。
[日刊サイゾー]

なるほど、中居くんが退所後も相変わらずテレビに出まくっていることが、他のジャニタレたちの背中を押してしまったと。

それはあるかもしれません。

さらに、公正取引委員会がジャニーズに対するテレビ局の”過剰な忖度”ですらイエローカードを出したことで、

「オレはもう自由だぜ!なんでもできる!!」

と勘違いしてしまった人もいましたからね。

※呼んだ?
Numero TOKYO 2020年7月号増刊号【錦戸亮 表紙バージョン】
Numero TOKYO 2020年7月号増刊号
[関連商品]

やっぱり、ジャニーズ事務所を守るという観点から言ったら、メリーさん時代のやり方が正しかったのかもしれませんね。

まあ、時代の流れからいってもそれを続けられるとは限らなかったですし、そもそもメリーさん自身がそのやり方を”出来ない状況”に追い込んだとも言えますけど。

※因果応報。
週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】 - 週刊文春編集部・編
ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間
[関連商品]

ところで、ジャニーズが岩橋玄樹くんの復帰までキンプリの冠番組を”お預け状態”にしていたというのは意外。

優しいと言えば優しいですが、生き馬の目を抜くような芸能界でそんな甘い考えが通用するとジャニーズ幹部が思っていたなんて、それじゃヤバイんじゃないかと。

そういえば、個人的にちょっと気になっているのが、ヒガシさんの発言。

日曜朝の情報番組「サンデーLIVE」では、ジャニタレが退所するたびに

「彼らの意思を尊重します」
「これからも頑張って欲しい」


と、大人な対応を意識した、当たり障りのないエールを送っていますが、なんか空虚だなあと。

それに対し、中居くんなんかは

「(退所が続く現状は)想像してなかったですね。今、置かれてる環境だと、やりたいことができないから出てみようかなと、人によってタイミングはそれぞれだと思う」

「(独立は)“絶賛、皆さんにオススメします!”という感じではない。大事務所を辞めて一人でやっていくのは大変ですし、僕の場合、ちょうど退所したと同時にコロナだったので、ほんとこの1年、何の実にもならなかった。種を植えることもなかったですし、水をまくこともなく、何の花も咲かせることのできなかった1年。これ僕だけなのかな?」

と、自身の体験を元に深い言葉を投げ掛けていました。

最近は独立後のてんやわんやを面白おかしくネタにしてますが、そういうのも含めて

「オレを見て安易にジャニーズを退所するなよ」

と釘を刺しているような気がします。

中居くんの場合、出演番組の理不尽な降板や打ち切りもなく、例えば金スマなどでSnowManらジャニーズの後輩に司会のテクニックを伝授したり、今も事務所とは良好な関係を保っているように見えます。

もしかしたら、こういった一連の言動は、有力タレントの退所ラッシュが続くジャニーズに対する配慮だったりとか…?

ということで、タッキー!

5人となったキンプリの冠番組は大賛成ですが、その代わりに中居センパイを窮地に追い込むようなことはしないでくださいね!

※岩橋玄樹の最新目撃情報!
 就活中?→ geinou ranking
 就活中?→ geinou ranking

※目指せ芥川賞!


■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク








この記事へのコメント
ジュリーさんが、嵐が休止するまでキンプリに冠番組をやらせたくなかっただけではないの?
岩橋くんの退所はかなり前から決まっていたみたいですもんね。
なんかもっともらしい言い訳してますけど。

キンプリが冠を持てるのは早くて10月から?
本気でキンプリを嵐の次の柱にしたかったから、岩橋くん関係なくさっさと動きますよね。
Posted by この事務所の言い訳は信じない at 2021年04月07日 13:56
SMAP解散以降、メリーが叩かれているのは確か。
だって、工藤静香の味方なら一線を越えた裏切り者だからね。
大手芸能事務所の好き放題でジャニーズがブラックイメージ仲間だったら、そっちの噛ませ犬になったと証明され・・・遂にはキムタクの元同級生・マツコが元SMAP新しい地図をディスったのは、そっちに利用されたならとうとうキムタクも黙っていられず距離を取るしね。
Posted by キムタクもいずれジャニーズから距離を取る at 2021年04月07日 14:40

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス