ジャニーズ若手によるキムタクいじりが加熱気味。本当にリスペクトしているのか、疑問の声も… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ジャニーズ若手によるキムタクいじりが加熱気味。本当にリスペクトしているのか、疑問の声も…

3月24日発売の「月刊ザテレビジョン」にSnow Manが登場し、4月から始まる主演舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2021」について語っているのですが、その中で岩本照リーダーが大先輩である木村拓哉さまのモノマネを披露したことに賛否両論が飛び交っています。

※筋肉が自慢です。

[以下引用]
同舞台には後輩ジャニーズも出演するため、時には厳しい姿も見せるというメンバーだが、この話題に渡辺翔太が「風間教官がいるからね!」とネタを振ると、岩本は「聞こえねえよ!」と、今年1月放送の特別ドラマ『教場U』で木村が演じた「警察学校の鬼教官役」のモノマネで応えているのだ。

誌面のため、ファンからは「声が聴きたい」という要望が寄せられる一方で、「大先輩をイジっているのではないか?」という疑惑も生じることになってしまったようだ。

2月に放送されたラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』にメンバーの向井康二がゲスト出演した際には、2004年にヒットした連続ドラマ『プライド』内で木村が演じた主人公の口癖“maybe”の実演をおねだりする場面が話題に。向井はここ最近、木村の主演作を見返すなど、尊敬の念を抱いているとのことだが、グループ内でモノマネをしているうちに徐々に“イジリ”へと転換している可能性もありそうだ。

その“木村モノマネ”に関しては、A.B.C-Zの河合郁人が本人“公認”で披露。昨年5月放送の特番『ものまねグランプリ〜ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦〜』に初参戦し2位に輝いて以降、ブレイクを果たしている。

そのネタは昨年末のカウントダウンライブでも披露されたが、リハーサル時に河合は「本番はもっとすごいのやるよ!」と予告。それを有言実行したため、King & Princeの平野紫耀が「予想のはるか上をいく内容で、正直おなかがちぎれるほど爆笑しました(笑)」と、2月発売のアイドル誌「POTATO」内で語っていたが、そんな河合の影響によって後輩ジャニーズ内の“木村イジリ”が過熱してしまっているのかもしれない。

その平野は、1月放送のバラエティ番組『VS魂』で「ほぼ初めまして」という木村に対し、「“くん”って呼んでみたい憧れがありまして」と語り、“キムタくん”なる新たなニックネームを提案。木村は「あり」と容認したものの、番組のメインMC的な立ち位置である嵐の相葉雅紀が「僕らだって木村さん(と呼んでる)」とツッコみ、一部のネット上でも「さすがに失礼では」と否定的な意見が流れていた。
[エンタMEGA]

昔から、キムタクの名台詞は多くのものまねタレントや芸人さんたちの”ネタ”として使われ、世間的にも好意を持って?受け入れられてきました。

ですが、後輩であるジャニタレがそれを使うのは基本的にNGで、キムタクという呼び名を使うこともタブーとされてきた歴史があります。

それを打ち破ったのがモノマネ・ジャニーズとして頭角を表した河合郁人くんで、彼の場合はキムタクからも”本職”として認められたからこそ、自分の持ちネタとして披露することを「特別に許されている」わけです。

それなのに、そんな河合くんに乗っかり、調子に乗ってキムタクネタで笑いを取ろうとしてくる若手ジャニーズには、正直、ちょっと不快なものを感じちゃいます。

っていうか、今のジャニーズは”木村拓哉”がいたからこそ存在しているといっても過言ではありません。

キムタクの大ブレークがあったからこそSMAPが大成功したと。

で、SMAPという偉大な先輩がいたからこそ、嵐もそれに続くことができたと。

そして、この2つの国民的アイドルグループの存在によって、ジャニーズは今のような”帝国”を築き上げることができたというのは、紛れもない事実。

つまり、キムタクがいなければキンプリやスノストが今のようにチヤホヤされることもなかったと思います。

それを考えたら「キムタクん」なんてふざけたことは言えないと思いますが。

ジャニーズの若手がこれまでの慣習を破って冒険したい気持ちも分からなくもないですが、キムタクファンから拒否される恐れのあることは止めといた方が無難だと思いますけどね。

現在、SMAPファンはアラフィフ世代が中心だと思いますが、お金も時間も余裕があるであろうこの世代から支持されるかどうかは、若手ジャニーうにとってかなり重要なことだと思いますし。


ということで、後輩からの“イジリ”が目立ち始めている木村先輩ですが、今後もそれを許容するのでしょうか?

本音では「お前、それダメだろ!」と思っていても、それを言葉に出してしまうと、「度量が狭いな、キムタクは」と言われる恐れもあるので、言いにくいだろうな…

主演ドラマが放送されるたびに、若手ジャニーズが

「新ネタ、ゲットー♫」

とばかりに調子に乗って披露しまくる状況は、正直、見てられません。

ここはゴリゴリの木村派でもあるニノ先輩あたりに、ビシッとシメて欲しいところです。


※只今娘Koki,が大炎上!帯をヒールで踏みつけるって…
そりゃないよ→ geinou ranking
そりゃないよ→ geinou ranking

※アマプラで観れます。
検察側の罪人 - 木村拓哉, 二宮和也, 吉高由里子, 松重豊, 山崎紘菜, 山ア努, 原田眞人, 原田眞人
検察側の罪人
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
ジャニーズが巨大帝国を築くことが出来たのは、SMAPのブレイク直後にKinKiが大ブレイクしたことが大きいです。SMAPとKinKiが両輪となり相乗効果でどんどん大きくなって行ったんです。
嵐はSMAPとKinKiが築き上げた帝国の上で帝国の繁栄を長持ちさせてきた感じです。

ここの管理人さんていつもKinKiの存在をなかったことにされますよね。一時はSMAPよりも人気があったくらいなのに。
TOKIOの紅白連続出場を肯定されてたくらいなので、KinKi全盛期の人気ぶりを知らない若い方なのかもしれませんけどね。
Posted by 年寄りの認識だと at 2021年03月31日 13:38
キムタクがキンプリの平野にキムタくんと呼ばれて受け入れたのは、忖度かもね?
ただ、先輩だからといってそんな態度は余計人間関係を壊すし、それがいやだったろうね。
そしたら国分太一に先輩面をしたマッチに遡れば、キムタクなんかそんなマッチとは距離を取りたかったしね。
Posted by 先輩面は嫌だったかも? at 2021年03月31日 13:45
まあ単純にSMAPの黄金期を知らないだけじゃないの?

今の20代タレントは
滝沢嵐山下などのJr黄金期の番組や主演ドラマを観て育って憧れて入所している者ばかり

SMAP解散劇を当時子供のタレント達はどのように解釈し見ているのだろうというのもある
木村と仲いい近藤が不倫でああなったから尊敬の念は薄れているのもあるかも
彼らにとって滝沢副社長やキンキの方がお世話になっているんだろうし直接的なジャニーさんの後継者だしね
Posted by 立場的に浮いているのかな at 2021年04月01日 13:31
ちょっと違うと思うんだよね。キムタクの大ブレイクがSMAPの大ブレイクにも繋がったのは否定しない。けどSMAPがあそこまで大成したのはキムタクだけのお陰ではないでしょう!それぞれがそれぞれの所で努力し頑張ったからですよ。
Posted by 名無し at 2021年04月02日 09:04
まあ木村も昔スマスマで芸能人達の物まねやってきてたから
今度は自分がされる立場になっただけの話かな
Posted by お互い様 at 2021年04月03日 11:35

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス