勝つのはどっち?中国市場を舞台に山下智久とSnowManの仁義なき戦いが勃発! - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

勝つのはどっち?中国市場を舞台に山下智久とSnowManの仁義なき戦いが勃発!

昨年10月末にジャニーズを電撃退所した山下智久くんが、今ジャニーズで最も勢いのあるSnowManと中国市場を舞台に直接対決しそうな気配になってきているといいます。


先月21日に発売された3枚目のシングル「Grandeur」が初週80.2万枚を売り上げ、デビューから3作連続でのミリオン突破が確実視されるSnowMan。

デビュー早々に岩本リーダーがスキャンダルで活動休止となったり、宮舘くんのコロナ感染によって初紅白を辞退するハメになったり、デビュー1年目にしては過酷な逆風が吹きましたが、最近になって”名義増し”したファンの報告によると、昨年末の時点でからFC会員番号が4万以上も増えて38万台になっていたそう。

ちなみにセクゾのFC会員数は約35万人、NEWSは約38万人とされています。

このままいけば、会員数3位のキンプリ(約65万人)や同2位の関ジャニ(約72万人)を抜くのは時間の問題と見られ、この勢いでタッキーは世界進出を加速させていくことは確実

その足掛かりとして、手始めに2月初旬にフォロワー数100万人を突破したWeiboのお膝元である中国市場を攻略すると見られています。

[以下引用]
2月4日、Snow Manは都内で開催れた「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」に出席。同イベントは中国最大のSNS・Weiboで活躍し、中国で大きな影響力を持つ俳優やアーティストなどを表彰するもので、Snow Manは前回の「新人アーティスト賞」に続き、今年は「人気男性アイドルグループ賞」を受賞した。

「ジャニーズはこれまでネットでの展開には消極的で、タレント個人がSNSアカウントを開設することは、一部を除きいまだ認められていない感じです。そんな中にあって、Snow ManはWeiboやインスタグラムを活用してファンを増やしてきました。ただ、昨年10月末に電撃退所した山下智久は、ジャニーズ在籍時からWeiboやインスタのアカウントを開設し、自ら情報発信やファンとの交流をしてきたことで知られています」(芸能プロ関係者)

山下の最大の目標はハリウッドスターとして大成することだろうが、ハリウッドで成功するのは非常にハードルが高い。また、山下の英語は「まだまだネイティブには程遠い」という評価で、英語力が今後の壁になる可能性もある。

「そのため、欧米での活動と並行して、芸能活動の土台となる収入面をしっかりと確保するために、日本のみならず中国への進出を計画しているといいます。山下のWeiboのフォロワー数は185万人という凄まじい数字で、彼は現在、中国の超大手IT企業の幹部と連絡を取り、今年中にも中国で活動していこうと、動きを活発化させています」(前同)

一方のSnow Manも、中国での活動を見据えている。

「Weiboのアカウントを開設したのも、先日のイベントに出席したのも今後の海外展開を考えてのこと。3月5日に発売されるジャニーズのスクールカレンダーの予約数は、Snow Manが圧倒的トップだと報じられています。彼らはジャニーズ若手では断トツの人気を誇りますし、滝沢秀明副社長も日本にとどまらない活躍をしてほしいと考えています。また、Snow Manは高身長のメンバーが多いですし、楽曲もダンスもK−POPに近いものがあります。中国でもK−POPは大人気ですから、Snow Manはジャニーズグループの中国市場本格進出のパイオニアになれる可能性も高い。そのライバルが、強引にジャニーズを退所した山下となるわけです」(前同)
[日刊大衆]

[スポンサーリンク]



山Pとスノが中国市場で激突って、なんだかスゴイですね。

どちらも可愛がってきたタッキーとしては、かなり複雑な心境なのでは?

個人的にはどちらも頑張って欲しいですし、足の引っ張り合いではなく、高いレベルで切磋琢磨してくれることを願います。

ただ、気になるのは中国をめぐる国際情勢。

日本のマスコミでは全く報じられていませんが、現在、中国はアメリカと開戦前夜の緊迫した状況になっています。

尖閣諸島へちょっかいを出していることは日本でも問題視されていますが、台湾周辺や南シナ海にも続々とアメリカやイギリス、ドイツ海軍が集結していて、かなりキナ臭い雰囲気。



そういえば、先日には中国版「プロデュース101」と言われる「創造営2021」に参加していた日本人が、靖国神社への参拝を理由に中国ユーザーから叩かれて降板するという騒動もありました。

そんなデリケートな時期ですから、”岩本スキャンダル”や”コロナ紅白辞退”などで露呈した、SnowManの”持ってなさ”が発揮されちゃうと…

でもま、そんなこと言ってたら何も出来ないですよね。。

スノも山Pも日本の10倍以上と言われる中国市場をゲットすべく、頑張って下さい!

※本文とは関係ありませんが…
 第二の木下優樹菜が爆誕!→ geinou ranking
 第二の木下優樹菜が爆誕!→ geinou ranking

10点セット 山下智久&ジャニーズJr.メンバー 公式生写真10種類 小原裕貴渋谷すばる錦戸亮亀梨和也赤西仁滝沢秀明松本潤二宮和也嵐 FC77
10点セット 山下智久&ジャニーズJr.メンバー 公式生写真
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
スノーマンのライバルは、山下さんではなく、韓国系のグループなのではないかと思います。JO1とか。
Posted by スノーマン at 2021年02月09日 11:24
微博の2020年 日本で人気のランキング発表では2021年1月に発表された中では
グループ歌手では1位は嵐でしたよ。
ちなみに2位はJO1、SnowManは9位でした。
ソロ歌手では1位が山Pでしたが
グループとソロではジャンルがちがうのにライバル扱いはなんなのでしょうか?
お互いに違う道ですけどね。
ライバルを意識するならJO1でしょうね。

来年こそスノが2021でグループ上位になればいいですね。
Posted by またまた記事に悪意が at 2021年02月10日 03:57

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス