ファン憤死!ジャニーズJr.の22歳定年制度導入に「タッキーはデビューの見込みのない高齢Jr.をポイ捨てするの?」 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ファン憤死!ジャニーズJr.の22歳定年制度導入に「タッキーはデビューの見込みのない高齢Jr.をポイ捨てするの?」

ジャニーズ事務所がJr.の22歳活動終了制度を導入することをで発表したことに対し、一部ファンが怒り狂っているといいます。どうやら、自担が”定年”によって強制的に退所せざるを得なくなりそうだからのようで…

※これは必要なくなっちゃう?

[以下引用]
「SixTONES やSnow ManがジャニーズJr.時代、アラサーになるメンバーがいても誰も事務所をやめなかった。これは芸能界全体にいえることだけど、上の世代が居座ると下の世代は詰まってしまう。ジャニーズもこれを解消するためにスノストをデビューさせた意味合いもあった」(広告代理店関係者)

ジャニー喜多川は、平野紫耀たちの直談判でKing&Princeをデビューさせたのを最後に、デビューアイドルのプロデュース業からは足を洗った。最晩年のジャニーは、当時10代ばかりが集まるJr.のコンサート・舞台づくりに没頭し、完全に私的な楽しみに走っていた。

ジャニーはそもそも「少年好き」だ。アラサーJr.への興味が希薄だったことも、ファンなら知っている。平均年齢がアラサーに差しかかろうとしていたスノストや宇宙Sixなど、“とうが立ったJr.”のケアを積極的に行っていたのが滝沢秀明だ。

Snow Manのアイドルとしてのピークは10年前だと思います。JUMPのコンサートでバックで踊っていてキラキラ輝いていた。当時は伊野尾くんのウチワより渡辺翔太のウチワのほうが多かったことさえあったんです。そこから10年たって、スノのピークは過ぎちゃった。それでも昨年デビューしてCDが100万枚売れました。現在はアイドルの苦労話=物語性が好まれる時代。ずっとデビューできずに下積みを重ねたスノの物語性をうまく世間に出して、好感度を獲得したと思う。結果的に遅咲きのスノストは成功したし、タッキーだってアラサーJr.を重宝していた部分もあるのに、22歳終了制度をつくるのはもったいない」(Snow Manを長く応援する古いファン)

渡辺翔太 グリーティング ミニフォト SnowMan greeting Photo 1枚 スノーマン Snow Man
渡辺翔太 グリーティング ミニフォト
[関連商品]

ジャニーは、ブロードウェイで40代〜50代の役者が円熟味を出した演技をしている様子に感動し、年を重ねても客を楽しませるのが本当のエンターテイナーだとも語っていたという。だからAKBやハロプロが取り入れている卒業制度を作らずに、ここまできたのかもしれない。滝沢がせっかく成功させた高齢デビューのビジネスモデルを手放してしまうことが成功するのか、長いスパンで見守っていきたい。
[日刊サイゾー]

人それぞれいろいろな意見があると思いますが、そもそも今回の定年制導入はタッキー自身が積極的に動いて実現したことなのでは?

ジャニーズではデビューしていないJr.たちにも多くのファンが付くことでも知られていて、一般には無名でもファンの女性たちからまるでスターのようにチヤホヤされていることも事実。

実際、そのことで満足してしまっているJr.も数多く存在し、しかも問題さえ起こさなければ基本的にクビになることはないため、「食べていけてるんだからいいや…」と芸能活動に対する意欲を失う要因ともなっています。

一方、デビューに向けて一生懸命頑張っていても、上層部からのオキニになれなければその夢が叶うことはないのも現実で、そういった子たちは希望を失って自暴自棄になったり、最悪の場合は犯罪に手を染めてしまうケースも。

今回の決定は、そういったジャニーズという強大な看板に守り続けられる”ぬるい現状”に終止符が打たれる時が必ずやってくることを意味するわけですから、Jr.たちの意識改革が進むことは必至でしょう。

[スポンサーリンク]



まあ、タキニのスノやすでに売れてるJr.ユニットなどはすでに契約続行に合意しているということで、他のJr.ファンから

「ズルい!依怙贔屓!」

という批判が上がるのは理解できますが、中長期的に考えたらJr.自身にとってもメリットは大きいはず。

ジャニーズが正式に定年制度を設けたことによって、退所後に”圧力”や”忖度”による悪影響を受ける心配も少なくなり、他事務所へ移籍するハードルがグンと低くなったわけですから。

これは裏を返せば、ジャニーズ時代はパっとしたなかったJr.も他の事務所で開花する可能性があるということで、古くは反町隆史さんが”Jr退所組”の出世頭として有名でしたが、最近だとLove-tuneの成功が良い例。

※13日の武道館ライブも大成功だったそうで。
【Amazon.co.jp限定】ONE【通常盤】(メガジャケ付) - 7ORDER
【Amazon.co.jp限定】ONE【通常盤】(メガジャケ付) - 7ORDER
[関連商品]

今後はジャニーズで飼い殺しになるくらいなら、

「思い切って環境を変えて頑張ってみよう!」

という新しい選択肢が増えたのは、タレントにとってハッピーなことかと。

芸能事務所にとっても、元ジャニーズという看板や固定ファンが付いていることはすごく魅力的なはずで、小中学生の頃から養成所である程度の地盤ができているというのも、育てる手間を考えたら大きなメリット。

もちろん、そこは青田買いが始まりそうで心配な面ではあるのですが、自担が活躍できるのならるファンとしても嬉しいことなのでは?
 Jr.の22歳定年制導入で他事務所からの引き抜き合戦が始まる?

もちろん、タレントによっては芸能界を辞める道を選ぶ子も出てくるでしょうけど、一般的には大学を卒業する年齢で第二の人生がスタートするのであれば、仕事に困ることもないでしょう。

ということで、いろいろと書いてきましたが、まずは年齢制限で卒業しなくて済むよう、Jr.たちにはより一層気を引き締めて頑張って欲しいところ。

※トラジャがヤラセの被害に!
 今年、デビューできるのか…→ geinou ranking
 今年、デビューできるのか…→ geinou ranking

※平均年齢24歳弱。第二のLove-tuneを目指す道もありますよ!


[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
裏切られたら最後。
羊母娘の好き放題で、デビュー出来なければ辞めてもいいしね。
そしたらバーニングロスと共に羊母娘も芸能界から追放されるのは間違いなし!
Jr.卒業して、バーニング以外の芸能事務所に移籍しても大丈夫なようにね。
Posted by Jr.卒業しても大丈夫なように at 2021年01月19日 16:44
というか芸能事務所全体がこの一年間でかなり業績が下がって大変なようですからね。
業界でジャニーズよりも売り上げのある大手エイベックスは、3年前に華々しく新社屋を建てたばかりなのに
この12月には赤字に転落し社屋を売却するまでに至ったのは衝撃です。
さらに40歳以上の社員の希望退職を募っているそうです。
新垣結衣のいるレプロは移転。
またモーニング娘をはじめ多くのアーティストを抱えるアップフロントは
都内高級住宅地でビル丸ごと一棟を借りていたが、都心部より少し外れたビルのワンフロアにオフィスを移転。
福山、星野、佐藤健等人気タレントのいるアミューズは一等地に構えている賃貸の月5000万の支払いが負担、富士山麓の方に本社移転の計画とか。

年1300億の売り上げエイベックスでもコロナには勝てなかったから
ジャニーズもそれなりの方針をかかげないと
200人Jrを抱えている経営負担はコロナ終息がないかぎり目に見えてくるのではないですか。

そういえばジャニーズ事務所もコロナの前にソニービルを買い取って新しく事務所移転したのでは?

いきなりの22歳定年を打ち出したから
そのうちアイドル40歳定年もありえるかも。


Posted by M at 2021年01月20日 10:32

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス