二宮和也が育児休暇取得で俳優活動を休止!「少しでも家族のそばにいたい」と希望し、今年の連ドラ主演の話も白紙に - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

二宮和也が育児休暇取得で俳優活動を休止!「少しでも家族のそばにいたい」と希望し、今年の連ドラ主演の話も白紙に

先日、ニノに第一子女児が誕生したことが発表され、お祝いや戸惑い、嫌味など様々な声が飛び交っています。そんな中、ニノが育休を取得すると週刊女性プライムが報じているのですが、これはまた誤報でしょうか?


3月5日、ニノは《これからは父として家庭を支え、仕事もこれまで以上に精進して参りますので、皆様方には、温かく見守っていただけますと、大変有難く思います》という言葉とともに長女誕生の報告をしました。

1月13日付のNEWポストセブンが妻綾子さんの妊娠を報じてから2ヶ月もしないうちの出産報告には、お祝いの声もあれば戸惑う声もあり、「#あぁそうですか」の声もありました。
 第1子誕生の二宮和也に「#あぁそうですか」がトレンド入り

そんなニノは大きな決断をしたようで…

[以下引用]
これから二宮は一家の大黒柱として、ますます仕事に力を入れていくのだろう。ただ、今後も多くのドラマや映画に出演していくことが考えられるが、本人の思いはちょっと違うようだ。

今年は子育てを優先して、連続ドラマの仕事は入れていないといいます。連ドラだと、少なくとも3か月間は拘束されますし、主演クラスの彼は朝早くから夜遅くまで撮影に追われますからね。初めての子育てであることを考えると“少しでも家族のそばにいたい”という思いが強いのでしょう」(芸能プロ関係者)

当面は“連ドラセーブ”の決断をしたためか、こんな話が聞こえてきた。

「二宮さんは今年、とあるドラマに主演することがほぼ内定していました。しかし、その話はなくなり、来年以降に持ち越しになったと聞いています。子育てが落ち着くまでは、レギュラー以外の新規の仕事はほとんど受けないのでは」(前同)

そこまで家庭を最優先に考えるのには、こんな背景が。

「二宮さんのお父さんは仕事の都合で単身赴任をしており、お盆や正月にしか帰ってこなかったそうです。幼いころにお父さんが家にいないことで寂しい思いをしたことが多かったので、自分の子どもには同じ思いをしてほしくないのでしょう」(同・関係者)
[週刊女性PRIME]

[スポンサーリンク]



確かに、もともと俳優としての評価が高いニノが、活動休止後俳優としての新しい仕事が発表されないのは違和感ではありました。

松潤は「99.9」の映画版に加え、大河ドラマ「どうする家康」主演発表と、俳優仕事が相次いで発表されていましたしね。

しかし、ほぼ決まっていた仕事を先延ばしに、というのはどうなんでしょう?

週刊文春が以前報じたところによると、綾子さんだけでなくニノも子供を強く望んでいたそうで、ニノが2020年12月末の嵐の活動休止を待たずに2019年11月に結婚したのはそのためと言われています。

ドラマの仕事も様々でしょうが、ニノをキャスティングするくらいのものだったら、少なくとも1年、もしかしたら2年くらい前にはオファーがあるのでは?

なので、

「すぐにでも子供がほしい!」
「子供が生まれたら、育休取りたい!」


と考えていたなら、最初からしばらくドラマの仕事は入れないような。

ただまあ、子供は授かりものですから、いつになるかもわからない妊娠を理由に仕事を入れないわけにもいかなかったかな…とも思いますが。

[スポンサーリンク]



ちなみにニノは”子だくさん”を希望しております。

[以下引用]
2009年7月の『ポポロ』の「子どもは何人ほしいか」という質問に対し、二宮は「そりゃ、子どもは少ないより多いほうがいいでしょう」とコメント。

そして「もし授かるのであれば、奥さんにはできるだけたくさん産んでもらいたいですね。だって子どもがたくさんいて、にぎやかなほうが家庭も明るくなるし。多少の夫婦のいざこざも、気にならなくなるかも。最低でも3人は育てて、少子化対策に一役かいたいです(笑)」と述べている。

「A子さんの体調面との兼ね合いかと思いますが、かつて語っていたように、もしかしたらすでに、2人目、3人目も考えているかもしれませんね」(女性誌ライター)
[NEWSポストセブン]

ニノは嵐のメンバーとしての自分とプライベートの「二宮和也」としての自分を考え、どちらかしか取れないという状況でプライベートを優先して綾子さんと結婚しました。

それによって、ファンやメンバーとの軋轢が生じることは予想できたでしょうが、それでも綾子さんとの子供を望み、あのタイミングで結婚したわけです。

そこまで覚悟を決めて行動した以上、徹底的に個人の幸せを追求するのもアリなのでは?

家庭を持ち、子どもを持つことで、これまで以上に幅広い役柄に挑戦できるでしょうから、そういう「俳優・二宮和也」としての方向からファンを楽しませてくれたらいいような。

って、まさか”育休”というのは表向きで、実際にはさらなる”妊活”に励もうとしているとか?

普通ならちょっと考えられないですが、二宮家のバックには静香さんが控えていますからね。

彼女は”年子”でCocomi&Kokiを出産してますし、綾子さんの年齢とニノの子だくさん希望を考慮して、

「アンたらさあ、連続でイッちゃいなよ!」

なんてアドバイスをしてたり…

実際、芸能界には40歳超えてから何人も子供を産んだ方もいますし、必ずしも無理とは言い切れません。

果たして、どうなることやら。

※こんなにいます!
 高齢出産芸能人まとめ→ geinou ranking
 高齢出産芸能人まとめ→ geinou ranking

治一郎のバウムクーヘン
治一郎のバウムクーヘン
[関連商品]

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス