岸優太、Vっちょに足ひっぱられて俳優業が遠のく。日テレ専属の“広報タレント”に成り下がりつつあるキンプリの現状 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

岸優太、Vっちょに足ひっぱられて俳優業が遠のく。日テレ専属の“広報タレント”に成り下がりつつあるキンプリの現状

ジャニーズが日テレとベタベタ癒着の方針を取り続けることが、岸優太くん、そしてキンプリの足を思いっきり引っ張っているーそんなオハナシです。

今年の「24時間テレビ」にて、「家の中でできる新しい体操を考える」という企画に携わった岸優太くん。

古坂大魔王やチョコプラと共に作り出したのが「Vっちょコミュニケーション」というリズム体操で、ファミリー層からは上々の評判だったといいます。

で、これに味を占めたのか日本テレビが「Vっちょコミュニケーション」をさらにバズらせようとして、岸くんをまるで”自社タレント”のように使い倒そうとしているようで…

[以下引用]
23日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』では、日本テレビのアナウンサーたちと一緒に『Vっちょコミュニケーション』のPVを作ると発表され、もちろん先頭に立つのは岸だという。

いくらジャニーズと日テレが懇意だからって、アナウンサーと一緒に踊らせてPVを撮るなんて、アイドルの本分といえるのかどうか(苦笑)。ようは日本テレビの広報ビデオに出るようなもので、ここまでズブズブだと、今度は他局が岸を使いづらくなるでしょう。噂だと、最初に企画に参加していたチョコプラは降りたがっているとか。見てもらったらわかると思いますが、『Vっちょコミュニケーション』てそもそも何ひとつ面白くないんですよ。今YouTubeでバズりまくってるチョコプラからしたら、こういうサムい動画企画には携わりたくないと思っても不思議じゃない。いくら岸が頑張っても正直バズるとは思えない……」(構成作家)

※降りたくなる気持ち、よーく分かります。
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

鳴り物入りでデビューしたキンプリだが、冠番組もなく、CDの売り上げも今年デビューしたSnow ManとSixTONESにあっさり抜かれてしまった。挙げ句の果てに日本テレビの広報のような仕事をやらされるとは、最初の期待値にくらべて随分と物足りない現状だ。さらに『Vっちょコミュニケーション』が岸にとって不本意なものになるのではないかと危惧する声もある。

「岸はデビュー前から深夜ドラマの主演を飾り、その高い演技力が評価されてきました。デビュー当時のインタビューでも役者志望であることが語られています。映画も相当観ているという勉強家で、俳優としてやっていきたいと言っていたが、デビュー後はバラエティの仕事ばかりなのでちょっと心配ですね。あまりバラエティ色がつきすぎると、俳優業が遠のくパターンは多い。元NEWSの手越祐也も俳優をやりたがっていたけど、『イッテQ』の色がつきすぎて、全くオファーがこなくなったといいますから」(ジャニーズに詳しいベテランライター)
[サイゾー]

[スポンサーリンク]



まあ、Vっちょなんたらのことはよく分かりませんが、日テレの色が付き過ぎるのは良くないですよね。

特にバラエティ番組で特徴的なキャラで売り出されると、俳優としてはかなり致命的。

ドラマの世界でも、売れっ子の俳優さんたちにとって”当たり役”というものは必ずしも歓迎されるものではありません。

その役があまりにも強烈なインパクトがあると、他の役をやり辛くなるというのがその理由。

あの堺雅人さんが「半沢直樹」を拒否し続けていたのも、それが原因だったといいますし。

※今でも半沢ロスの方は必見です。
七つの会議 - 野村萬斎, 香川照之, 及川光博, 片岡愛之助, 北大路欣也, 音尾琢真, 藤森慎吾, 朝倉あき, 岡田浩暉, 木下ほうか, 吉田羊, 土屋太鳳, 小泉孝太郎, 溝端淳平, 春風亭昇太, 立川談春, 勝村政信, 世良公則, 鹿賀丈史, 橋爪功, 福澤克雄, 李正美, 丑尾健太郎, 伊與田英徳, 藤井和史, 露崎裕之, 川嶋龍太郎
七つの会議
[関連商品]

でもま、ジャニーズアイドルは”俳優”として売れることが目標ではなく、あくまでも「歌って踊れる」ことが本業。

その上で俳優やバラエティタレント、司会などの分野に進出することが”売れっ子の条件” とされていますが、どの分野で成功できるかなんて分からないです。

しかも、それぞれの世界で”本業”とする人がたくさんいますから、難易度はかなり高め。

なので、たとえ特定のテレビ局の”専属タレント”みたいな形であっても、そこでちゃんとキャラ付けしてもらえるのであれば、タレントとして幸運だと思います。

その典型的な例は「イッテQ」の手越くんや「鉄腕DASH」の城島リーダー、「炎の体育会TV」の上田くんなどでしょうか。

岸くんが本当は俳優業がやりたいんだとしても、そこでちゃんと居場所を作れるかどうかは別問題ですから、割り切って「与えられた仕事を精一杯、全うする」のが一番だと思いますけどね。

そもそも、ジャニタレは他事務所と違い、基本的には自分から役者のオーディションに挑むことが許されていません。

ドラマもバラエティもすべて事務所の裁量で振り分けられるのが”宿命”なのは、本人もよく分かっているはず。

日テレのしょーもない企画に駆り出されて思いっきりスベったら、逆に大きな貸しを作ったともいえるわけですから、気にせず一生懸命頑張って欲しいところです。

※岸優太が好きになる動画
 歌声が魅力的です→ geinou ranking
 歌声が魅力的です→ geinou ranking

※最近、名前がよく出ますね。
King & Prince 公式 生 写真 (岸優太 )KP00422
King & Prince 公式生写真(岸優太 )
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
キンプリは売上も十分だし安定してるから、問題ないでしょ。
デビューしたてのグループに抜かれることなんて、ジャニーズの歴史の当たり前なことだし、逆にデビュー時が凄いグループがいつのまにか残念なことになってたってことも、たくさん見てきたから、スノストも今の状態を持続するの大変だなぁと他人事ですが思います。

岸さんは人柄良さそうで、いつも低姿勢やし、推しじゃないけど報われてほしいと思える1人です。
きっとやりたい仕事できると思います。
Posted by 頑張って! at 2020年11月25日 07:58
キンプリ特にファンでは無いですが、岸くん、面白いと思うし、真面目に一生懸命取り組むイメージですめちゃくちゃ好感、持ってます(笑)CD売上も安定してるらしいしいいんじゃないですかね。デビューグループを2つも作ったせいなのかキンプリをもっともっと丁寧に推したらいいのでは?と素人ながら思ってますが、何か考えがあってのことでしょうか。あ、逆にゴリ推しが酷いとアンチも増えるし、いいのかな。

キンプリとジャニーズWESTとKis-My-Ft2を特に好きで応援してるので、どんどんお仕事して欲しい。楽しみにしてます!
Posted by 全然いいと思う。 at 2020年11月25日 09:30
今のキンプリのマネジメントは下手すぎると思う。もっときちんとそれぞれにあった売り方してたら今みたいな平野一強にはなっていなかった。お兄ちゃんガチャの岸くんが一番カッコ良かったしいつまでもそれを超えられないのはマネジメントのセンスが無いからだと思う
Posted by みかこ at 2020年11月25日 16:05

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス