週刊女性がカレンダー利権をゲット!アンチジャニーズの代表格が御用マスコミに成り下がるのは時間の問題か - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

週刊女性がカレンダー利権をゲット!アンチジャニーズの代表格が御用マスコミに成り下がるのは時間の問題か

毎年3月に発売される「ジャニーズ・スクールカレンダー」の2021年度版に大きな異変が生じ、マスコミ業界が大騒ぎしているといいます。

このカレンダーは、ジャニーズと良好な関係を保っている出版社にだけ”権利”が与えられることは有名ですが、そこになんと、長年に渡って“ジャニーズの天敵”とされてきた「週刊女性」の出版元・主婦と生活社の名前が復活したようで…


※この財布、レビューにご注目。

[以下引用]
2000年代以降、一貫して「アンチジャニーズ媒体」と言われ、ジャニーズ関連のイベントなどの現場は全て“出禁”だという「週刊女性」。その版元である主婦と生活社発行の他雑誌にも、ジャニーズタレントが登場することはなかった。

「『週女』とジャニーズは、90年代までは蜜月関係で、かつては主婦と生活社からSMAPのカレンダーが発行されたこともありました。しかし、原因については諸説あるものの、何らかの理由で同社はジャニーズと仲たがいしてしまい、それ以降『週女』は“アンチジャニーズ媒体”へと変貌。ジャニーズタレントのスキャンダルを数多く掲載してきました」(出版関係者)

しかし、そんな主婦と生活社が、21年度版のジャニーズカレンダーを出版することになったという。

担当グループはジャニーズWESTで、来年以降も、主婦と生活社はジャニーズカレンダーの“レギュラー”になることが予想されています。実は昨年から、『週女』の現場出禁が解除されていて、これは藤島ジュリー景子氏の社長就任など、ジャニーズ上層部の世代交代が要因になったといわれている。カレンダー利権を得た以上、今後は『週女』の誌面に大きな変化が現れると予想されています」(同)

出禁解除後も、ジャニーズにとっては“書かれたくない”であろう記事を連発してきた「週女」だが、今後はカレンダー利権を守るために、記事の論調がトーンダウンする可能性もありそうだ。

「実際に、『フライデー』の版元・講談社、『フラッシュ』の版元・光文社など、ジャニーズのネガティブな記事を報じる刊誌を発行しながら、カレンダー出版権を持つ出版社もあります。同誌でスキャンダル記事を出そうとすると、ジャニーズサイドから『来年度のカレンダー出版への影響』をほのめかされ、記事内容に注文が入るんです。『タレントのイメージが損なわれないように、言い回しを修正してほしい』といったものから、場合によっては記事自体を潰されることもあります」(カレンダー利権を持つ出版関係者)
[サイゾーウーマン]

あらら、これは残念ですね。

「週刊女性」といえば、これまで数々のジャニーズスキャンダルを報じてきた、アンチジャニーズメディアの筆頭格。

多くのメディアがジャニーズの威光を恐れ、事務所検閲を受け入れた提灯記事しか出さなくなってしまった中、その全く忖度しない報道姿勢は評価されるべきものでした。

って、別にジャニタレのスキャンダルをバンバン報じて「ジャニーズを潰して欲しい!」なんて思ってるわけではないですけど、やはりアンチジャニーズが御用メディアに成り下がっていく様は見たくないというか…

しかも、週女が陥落しちゃえば、残る砦は文春だけになっちゃいます。

とはいえ、昨年1月にはその予兆とも言える出来事があったので、驚きはありませんけどね。
「週刊女性」に続いて「東スポ」と「週刊ゲンダイ」までもが…

ちなみに21年度版のカレンダーでは、“一般週刊誌の版元ではない”レギュラー出版社が、一部降板しているのだとか。

なにかヤラカシちゃったのかな?

[スポンサーリンク]



ところで、週女も20年以上前まではジャニーズべったりの蜜月関係にあったんですよね。

そんな両者の関係にヒビが入ったきっかけは、1997年にデビューして大人気となった初代DA PUMP。

当時、SMAP人気に乗っかって絶大な影響力を誇っていたジャニーズ事務所は、そんなDA PUMPに対して様々な恫喝や圧力を掛けていたといわれていますが、そういった状況で週女と同じ「主婦と生活社」が発行元の「JUNON」がある“失態”を犯してしまいます。

2001年9月号の同誌には香取慎吾くんの目玉企画が掲載されたものの、その企画記事のすぐ後にDA PUMPの広告を大きく掲載してしまい、女帝として恐れられていた飯島マネを超絶激怒させてしまったのです。

ジャニーズはすぐさま「JUNON」に出入り禁止を宣言したため、対抗として「週刊女性」もアンチ・ジャニーズに大きく舵を切っていったというわけです。

ということは、両者の仲違いの原因でもあったSMAPが解散し、飯島さんもジャニーズを去り、今では「新しい地図」も普通に週女に登場していることを考えると、ジャニーズと和解するのは自然な流れだったのかな?

今はもうメリーさんも勇退して、ジュリー&タッキーの新体制になったことも影響しているでしょう。

ということで、文春さん!

文春以外の週刊誌の出版社がすべてカレンダー出版を手掛ける今、唯一のアンチジャニーズメディアとして、さらに存在意義が高まりましたね。

カレンダー利権という飴ちゃんをチラつかされても、決して籠絡されることなく、これからもジャニタレスキャンダルを一生懸命追いかけてくださいっ!

…と言っていますが、最近、文春もナニコレ?な記事を連発しています。
 キスマイ危うし!次の文春砲の餌食となるのは宮田俊哉か
 文春砲不発!河合郁人の”悪行”を暴こうと徹底尾行するも…

大丈夫でしょうか?

※人気ジャニーズNを凋落させたのは
 あのジャニーズ御用達出版社でした→ geinou ranking
 あのジャニーズ御用達出版社でした→ geinou ranking

※週刊新潮はキンプリカレンダーです。
King & Prince カレンダー 2020.4→2021.3 Johnnys'Official ([カレンダー])
King & Prince カレンダー 2020.4→2021.3
[関連商品]

※山下智久くんのSNSはこちらからどうぞ。

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
ここの管理人さんはキンキはお嫌いみたいですけど、90年代後半はSMAPよりもキンキの方が人気があったくらいですよ。
全盛期に紅白に出してもらえなかったせいでキンキは過小評価されがちですけどね。

紅白にキンキを出さないから枠に余裕があってDA PUMPは6年連続で出てました。雑誌での扱いにキーキー言うのにこちらはどうでもよかったんですよね。まあTOKIOを落選させないために自分たちが好んでそうしていたわけですから。
Posted by ちょっと一言 at 2020年10月23日 13:59
各出版社の担当さんがタッキーファン
とか^^;業界の裏は、素人には
驚くばかりで目が離せません。
Posted by 実は at 2020年10月23日 17:39

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス