ジャニーズによる手越祐也の”瞬殺プラン”が明らかに!その恐ろしすぎる内容とは… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ジャニーズによる手越祐也の”瞬殺プラン”が明らかに!その恐ろしすぎる内容とは…

ジャニーズを退所して以降、Youtubeチャンネルを中心に飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している手越祐也くんが、ここにきて大ピンチに陥っているといいます。

なんでも、フォトエッセイ出版会見時に絶対禁句のNGワードを口にしてしまったことが原因で、ジャニーズ事務所が”手越瞬殺プラン”なるものを完成させてしまったそうで…

※お料理やお菓子作りにも便利です。

[以下引用]
様々な形でメディア露出を目論み、出版記者会見まではまだ苦笑いのレベルでしたが、TOKIOの元メンバーである山口達也さんの名前を出したときに業界全体がピリついたのを感じました。利用できるものはなんでも利用するという心づもりなんでしょうが『だったらこちらも何でもアリで行きます』というのが今のジャニーズ事務所の想いでしょうね」(芸能プロダクション幹部)

確かにフォトエッセイの発売開始前の記者会見では、山口達也の名前を出している。

「ジャニーズを辞めたあと、ジャニーズの看板を利用するとは思われていましたが、ここまで早期で尚且つこれほど露骨に使うとは思っていませんでした。商魂は素晴らしいですが、本の出版で他事務所にも迷惑をかけており、ジャニーズとしてもこれ以上は放っておけないため、今後も改善されないのであれば瞬殺するようです」(同)

※思ったほど売れてないそうです。
AVALANCHE 〜雪崩〜 【電子書籍限定特典付き】 Kindle限定カバー - 手越祐也
AVALANCHE 〜雪崩〜 Kindle限定カバー
[関連商品]

ジャニーズ事務所ほどの力があればそれも不可能ではないだろうが、手越の最近の収入源はネットだ。テレビ局のように圧力をかけても意味がないが。

「タレントを潰すために肝心なのは収入を絶つことです。テレビやラジオなどオールドメディアには一切出演できないでしょうが、YouTuberとしての収入源があるためにここを責めないといけないんですが、すでに秘策が練られているようです。それは現在の自社所属タレントを次々にYouTuberにすることです」(同)

今は芸能人も続々とYouTuberデビューを果たしているが、それに続くという。

「尚且つ、自社タレントをGoogleにとって使い勝手のいいタレントにして、最終的にはGoogle日本法人を巻き込んで些細なルール違反などを見つけて手越のアカウントを停止に追い込むというものです。名だたるYouTuberもそうですが、Google側の匙加減ひとつでアカウント停止となり、即座に収入を失います。本気になればこれも可能と判断しているようですね」(同)

アカウント停止とは恐ろしすぎるが、もちろん即座にそれをやろうとしているわけではないらしい。

「今はジャニーズの面汚しという見方をされており、社員やタレントも怒っているようですが即座に消し去ろうとまでは考えておらず、あくまでも今後も最悪の状態が継続した場合の話です。しかし、計画としては既に完成しているとも言われています。Googleのみならず、インスタやLINEなども大手芸能事務所とは持ちつ持たれつでやっていきたいので、いざとなれば大人同士の合意で何でもできてしまうんです。だから、社会をナメないほうが身のためですよ」(同)
[TOCANA]

あらら、これはタイヘン。

SNSを使えなくなってしまったら、さすがの手越くんもジ・エンド。

オトナを怒らせるとマジで怖いですね…

今後はジャニーズに触れないよう注意したほうがいいかも?

[スポンサーリンク]



というのはさておき、この手越瞬殺プラン、実際にはかなり難しいのでは?

なぜなら、一般知名度の低い”後列組”のタレントを起用してチャンネル登録者数が数万人、もしくは数千人程度だったら、ジャニーズが恥をかくだけ。

かといって、露出の多い有名タレントを投入して100万人レベルまで行ったとしても、152万人の手越祐也チャンネルに及ばなければ「手越に負けたww」とディスられることは必至。

そもそも、チャンネル登録者数150万人なんて、現役のエース級でもかなり厳しいですからね。

ジャニタレのYoutuber進出はあまりにもリスクが高すぎると思います。

しかも、もし登録者数100万人クラスのインフルエンサーを何人か抱えることに成功したとしても、それだけで天下のGoogle様を抱き込んで手越チャンネルを閉鎖に追い込めるなんて、ちょっと考えが甘すぎ。

インスタやライン、ツイッターなどもそうですが、いくら芸能界のトップに君臨するジャニーズとはいえ、世界的に何億人というユーザーを抱えるプラットフォーマーと日本のヘタレマスコミを同列に考えて、アメとムチを使い分ければ簡単に支配下に置けると考えるのはムリがあるでしょう。

プラットフォーマー 勝者の法則 コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法 (日本経済新聞出版) - ブノワ・レイエ, ロール・クレア・レイエ, 根来龍之, 門脇弘典
プラットフォーマー 勝者の法則
[関連商品]

ちなみに手越くんですが、最近公開した全3回の「チャラ男の無人島生活」は、第1弾こそ150万回近くの再生回数を稼いだものの、第2弾は約59万回、第3弾は、約43万回まで落ち込むという驚きの結果になっています(再生回数は8月28日時点)。

サバイバルといいつつ、たった1日だったり魚を捕ることもできなかったり、その割にいかにもスポンサー絡みなんだろうなというシャンプーやらブラシやらを披露したりと、ちょっと商売っ気を出しすぎたのも敗因かもしれません。

しかし、それ以上にあのフォトエッセイで女性関係を暴露し、謝罪動画を公開したあたりから一気に風向きが変わった感があります。

43万回だって立派なものですが、最初に手越くんが自宅を公開した動画の再生回数は、なんと600万回以上ですからね。

手越くんについては、放っておいても自滅してしまうのかも。

[スポンサーリンク]



ただ、手越くんのこととは関係なく、ジャニタレがYoutubeに進出するというのは、時代の流れから言っても「いずれはそうなる」ような気がします。

現在も嵐の公式Youtubeチャンネルはありますものの(登録者数298万人)、タレント個人のチャンネルはありません。

ですが、Youtuber向きのジャニタレはいると思いますし、その個性を生かせるような上手な方向性さえ見つけられれば面白いのでは?

塚田僚一くん
 →強靭な肉体と抜群の運動神経を駆使した「やってみた系ちゃんねる」

阿部亮平くん
 →理工系大学院卒の頭脳を活かした「お勉強解説系ちゃんねる」

風間俊介くん
 →ディズニーやオザケンなどマニアな知識を披露する「ヲタク系ちゃんねる」

中間淳太くん
 →トリリンガルという武器を使った「外国の反応紹介系ちゃんねる」

伊野尾慧くん
 →建築学科卒の知識をフル活用した「住宅リノベーションちゃんねる」

思いつくままに書いてみましたが、俳優路線、キャスター路線、バラエティ路線、文化人路線などに加えてYoutuber路線が加われば、タレント本人にとっても良い話。

ぜひ、検討してみて下さいな、タッキー副社長!

※で、結局手越くんはいくら稼いだの?
 芸能人YouTuberの月収→ geinou ranking
 芸能人YouTuberの月収→ geinou ranking

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス