「イッテQ」手越祐也の後釜はSixTONES京本大我か!京本政樹のネームバリューと”手越信者”ぶりが決定打に - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

「イッテQ」手越祐也の後釜はSixTONES京本大我か!京本政樹のネームバリューと”手越信者”ぶりが決定打に

ジャニーズ退所に伴って「世界の果てまでイッテQ!」を降板した手越祐也くんの後釜として、SixTONESの京本大我くんの名前が急浮上しています。京本政樹の息子というネームバリューと、手越くんをリスペクトしていることが決め手になったといいますが、7月12日の同番組でも京本くんの抜擢を匂わせる演出が数多く見られたそうで…

※備えあれば憂いなし。

[以下引用]
「この日の後半はレギュラー出演者のいとうあさこによる『ミステリーツアーin鳥取県・島根県』を放送。ここで、いとうは国宝建築の『投入堂』に登る険しい山道に挑戦しましたが、7月17日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ)にてSixTONESの京本大我がほぼ同じロケに挑んでいたということで、いとうの山登りシーンはお蔵入りとなったのです」(テレビ誌ライター)

それだけなら日本テレビ内の調整不足ということであり、京本が次期レギュラー候補に名乗りをあげたということにはならないはず。しかし、番組での演出がいかにも”京本推し”だった。

というのも、エンディングではMCの内村光良が「道中は『沸騰ワード10』でお願いします。京本くんが登ってます」と強調。それを受けていとうも「絶対京本くんのほうが美しいけど、私のほうが必死だって絶対!」と、京本の名前を連呼していたのである。

「番組出演者でもない京本の名前をここまで呼び続けるのはいかにも不自然ですし、京本との共演経験がないはずのいとうが親しげに『京本くん』と呼ぶのもおかしな話。となると、実はすでに京本の『イッテQ』入りが内定していて、今回の企画カブりもそれに向けた“ステマ”ではないかと勘繰ってしまいますね」(前同)

一方で、京本には手越の後釜にうってつけとの声もあるという。

「このところジャニーズではSixTONESとSnow Manのゴリ押しが続いていますが、さすがに大人気バラエティの『イッテQ』にメンバーを押し込むのはハードルが高い。その点、京本にはベテラン俳優・京本政樹の長男というブランドがあり、『イッテQ』のメイン視聴者であるファミリー層にも受け入れやすいはず。しかも京本は手越を尊敬しており、二人で共作した『茜空』という楽曲もあるほど。そんな京本なら手越が13年にわたって出演したきた番組の後釜というポジションも、万感の思いをもって受け継げるのではないでしょうか」(前同)
[アサジョ]

[スポンサーリンク]



ということですが、「イッテQ」と「沸騰」の投入堂ロケがほぼ同時期にオンエアされてしまうことが発覚した後、両番組のプロデューサー同士で話し合ったんだそう。

で、結果的に「イッテQ」が負けてしまい、いとうさんの映像はお蔵入りになってしまったとのこと。

ネットでは「イッテQが京本くんの番宣してくれた!嬉しい」という喜びの声もありましたが、それ以上に「あさこ可哀想…」「ふざけんな!沸騰ワードは見ない!」など、いとうさんに同情する声の方が多かった印象。

まあ、彼女も芸人ですから「雨も前の日から振ったりして下ビチョビチョで。鎖でガケ登るんですよ、ロープとかなしで!」「調整とかそういうの、ちゃんと局内でやってよ!同じビルの中にいるんだから」と笑いに転化しようと頑張っていましたけど…

「日本で最も危険な国宝」と言われるくらいの危険なロケだったことを考えると、ちょっと不憫ですよね…

ただでさえタッキーのゴリ推しでSixTONESの一般好感度が微妙なことを考えると、果たしてこれで良かったのかとも思いましたが、京本くんが「イッテQ」のレギュラーに抜擢される布石だったとしたら、話はまた変わってきます。

というか、もうすでに内定してるような気がしてきちゃいますね!

これまでの報道によると、日テレサイドは「手越をクビにしたのはジャニーズであって、ウチはどちらかというと被害者だ」という立場で、平野紫耀くんクラスの人気者を強く要求していたとも。

一方、ジャニーズは”第二の手越”を育てるべく、今はまだ知名度が低いもののポテンシャル重視で何人かの若手をプッシュしていたそう。

”京本政樹”というビッグネームを利用できる大我くんを手越くんの後釜に据えるというのは、そんな両者の落とし所としてなかなか絶妙なのではないかと。

しかも、京本くんは強火の”手越担”だったことは有名な話。

手越くんとイッテQスタッフは強い絆で結ばれているといいますし、降板にあたり「オレの可愛い後輩を後継者にしてあげて」と、プロデューサーらにお願いしていた可能性もあるのでは?

そういえば、6月23日に記者会見を開いた手越くんは、会見後のネット生配信にて「大我とは今日も昨日も連絡取ってる」と語ってました。

もしかしたら「後は頼んだぞ!」みたいな感じで、イッテQの心得などを教えていたのかも…

正直、手越くんの後釜になれば批判も多くあがるでしょうしハードルは高いですが、ぜひ頑張って欲しいです。

※パパも駆り出されること必至。
I Can't Say... - 京本 政樹
I Can't Say... 京本政樹
[関連商品]

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング


スポンサーリンク







この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス