トニトニ「smile」歌割りでハッキリしたジャニーズ内序列 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

トニトニ「smile」歌割りでハッキリしたジャニーズ内序列

滝沢秀明副社長がプロデュースを務めるチャリティーユニット「Twenty★Twenty」(トニトニ)の歌詞と歌割りが発表され、ジャニーズファンから「年功序列があからさま過ぎる」「誰を贔屓してるのか丸分かり」などとブーイングが起きています。

収益金はコロナ対策の支援活動に寄付されます。

今回のチャリティー曲は「smile」という楽曲で、参加するのはV6、キンキ、嵐、NEWS、山P、関ジャニ、KAT-TUN、JUMP、キスマイ、セクゾ、エビ、ジャニスト、キンプリ、SixTONES、SnowManの計15組75名のメンバー。

作詞・作曲はミスチルの桜井和寿さんで、今月22日から先行配信を開始し、8月12日から12月31日まで限定販売としてリリースされます。

※コロナ収束のために、ぜひご購入ください。
smile - Twenty★Twenty
smile - Twenty★Twenty
[関連商品]

さて、歌割りというのは、参加メンバーそれぞれがどこの歌詞を歌うかのパート割りのことで、歌い出しは堂本剛くん、次を坂本くん&イノッチ&長野くんのトニセン勢が担当といった具合に割り振られています。

プロジェクト発表以降、ジャニーズファンはずっとパート割りを気にしていたのですが…

[以下引用]
「蓋を開けてみれば、KinKi KidsやV6など、ベテラン勢のパートが比較的多い形に落ち着いたようです。体育会系のタッキーらしい采配だと思いますよ。やっぱり先輩たちを蔑ろにはできないでしょう。ただ、気になるのは後半部分で『堂本剛、坂本、平野紫耀』と『堂本光一、亀梨和也、山田涼介』というパートがあること。KinKi KidsとV6はさておき、平野・亀梨・山田は歌が上手いわけでもないのにパートが多い。このあたりにはやっぱり事務所の贔屓が見えますよね」(芸能記者)

実際に平野や山田は若い層を中心に絶大な人気を誇っているため、事務所からの期待もそれだけ大きいということだろうか。しかし、ジャニーズWESTやA.B.C-Zなど、極端にパートが少ないグループがいることも、ファンにとっては不満の要素になっているのだとか。しかし、その一方では「タッキーは比較的バランスよくやっている」との声もある。

パート割りに贔屓があると言ったって、微々たるものだと思いますけどね。出来上がった曲を全部聴かないとなんとも言えませんが、比較的バランス良く振り分けられてるんじゃないかな。剛くんや坂本くんなど歌唱力に安定感のある人を重用したことも、全体のクオリティーをあげるための判断だと思う。ジャニーさんがプロデュースをしたJ-FRIENDS(TOKIO、V6、KinKi Kidsによるチャリティーユニット)の時は、パート割りがジャニーさんお気に入りのKinKi Kidsばかりでした。それに比べたら、タッキーはバランス良くやりましたよ。これがジュリーさんだったら、贔屓の嵐とキンプリばかりパートが多かったと思いますよ」(レコード会社関係者)
[日刊サイゾー]

[スポンサーリンク]



ということですが、ソロパートがあるのはキンキの二人で、V6の6人もそれぞれトニセンとカミセンに分かれて担当パートがあります。

それに加え、剛&坂本&平野紫耀、光一&亀梨&山田涼介の3人で歌うパートも用意されているので、V6とKinki Kidsを優遇しているのは明らか。

まあ、これまで事務所を支えてきたベテランをメインに据えるのは、体育会系のジャニーズとして当然かと。

ただ、そうなると嵐が2フレーズしかないのは「なぜ?」とも思いますが、彼らは今年一杯で活動休止となることもあって、他に見せ場はたくさんあるので、今回は控えめに…となったのかも?

その他、V6、関ジャニ、JUMPの、キスマイは2フレーズ、NEWS、山P、セクゾ、エビ、ジャニスト、キンプリは1フレーズ、そしてSixTONESとSnowManは2グループ合わせて1フレーズとなっています。

もし、キムタク先輩とTOKIOが参加していたら、また違った歌割りになっていたでしょうね…

SMILE.jpeg

ネットでは「早く聴きたい」「楽しみすぎる」といった声が多数上がるとともに、「#トニトニ」がトレンド入りするなど大きな話題に。

また、「Kinki Kidsのラスボス感ハンパない」「紫耀くんすごい!この中で大先輩2人と歌うなんて…」「ジャニーズ内の序列が見えてくる」「人気や歴で割り振られるのはわかってるけど、どれだけ少なくてもいいから、スノとストそれぞれで歌割欲しかった」といった意見もありました。

スノストがこんな扱いになったことについては、新人というのに加え、タッキーのスペオキだからかな?

「お前らはぺーぺーだし、こんなもんだろ」

先輩グループのファンからの批判を考えたら、これは仕方ないでしょう。

※Jフレの時の歌割りがヒドイ!
 画像→ geinou ranking
 画像→ geinou ranking

個人的には、中島健人くんが”特別扱い”されてなかったのは意外。

山田くん、平野くんとともにジャニーズの顔に選ばれたと思っていただけに、代わりに?亀梨くんが入ったのは何か意味があるのかな?
 平野紫耀、中島健人、山田涼介が嵐の後任に決定!

いずれにせよ、ジャニーズ本体の副社長になったことで、Jr.だけではなく事務所古参幹部やタレント時代の先輩、同僚、後輩をも一手に束ねる立場となったタッキーとしては、かなり頑張った歌割りだったように思います。

それと同時に、現在のジャニーズ内序列と”推しメン”がハッキリしたという、興味深い結果でした。

※父の日ギフトにどうぞ。


Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
歌割りはないものの、まっすーやジェシーがソロでフェイクをしているので
大野君がソロを歌うことを拒否したのでは?
彼はそれくらいもう限界なんじゃないんですか?
Posted by うーん at 2020年06月17日 17:58
大野さんのソロを期待してたファンには悪いけど…
嵐は今年いっぱいで活動を休止するからね。来年以降にもし歌われる機会があっても嵐の参加はなし。「5人で嵐」をモットーにしてるグループだから4人で参加もまず無いだろうし。嵐ファンだけど寧ろそんな状況のグループなのに一番の盛り上がりサビの部分を頂けた。それだけでめちゃめちゃ優遇されてるし有り難い事だと思ったよ。変に目立ったポジション担って忖度だーなんだとブーブー言われずに済み個人的にはホッとしてる。
Posted by ぶっちゃけ at 2020年06月20日 14:19
中島くん選抜パートなしなのは残念だけど、人気知名度序列的に亀梨>山田>平野≧中島だろうからしょうがない感はあるよね…
Posted by ケンティ at 2020年06月20日 17:07

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス