ファンが見放した?Hey!Say!JUMPの新曲売上がファンクラブ会員数の3分の1って…どういうこと? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ファンが見放した?Hey!Say!JUMPの新曲売上がファンクラブ会員数の3分の1って…どういうこと?

2月26日にリリースされたHey!Say!JUMPの新曲が今回もオリコン1位を獲得しましたが、その一方で売上がファンクラブ会員数の3分の1ほどだったと報じられています。


※こちらのアルバムの話です

Hey!Say!JUMPの両A面シングル「I am/Muah Muah」は初週20.6万枚を売り上げてオリコン週間シングルランキング1位を獲得。これまではNEWS、Kis-My-Ft2と並び歴代3位タイだった「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」が26作連続となり、単独3位となりました。

とても好調なスタートを切ったと思われますが、一部ファンからは「ファンクラブ会員数に対して売り上げが少ない」という意見があがったとか。

今回のシングルは前作から約半年ぶりのリリースで、「I am」は中島裕翔くん主演ドラマ「ドラマホリック!僕はどこから」の主題歌ですし、「Muah Muah」は全員が出演するコスメ製品CMのCMソングで、ともにタイアップが付いているので、もっと売れてもいいのでは、ということのよう。


[以下引用]
「JUMP」のファンクラブ会員数は、2020年現在で約60万人。これは通し番号による会員ナンバーのため実数ではさらに少ないが、新CDの売り上げが会員数の3分の1という結果に、ファンはモヤモヤとした感情を抱いたようだ。


「『JUMP』の売り上げは、デビュー以来20〜30万枚で安定しているので、今回も特に少ないとは思いませんね。ファンクラブ会員数に対して≠ニいう注釈にしても、失効→再加入をすれば2名分カウントされるので、入れ替わりを含めてもファンの実数はそこまで爆発的に伸びてはいないのでは?」(ジャニーズファンのAさん)

別の者からはアリーナツアー中止≠ェ影響したのでは…という意見も。

「ガクッと減ったわけではありませんが、少し少ないかなという印象はありますね。要因を考えるなら、迷惑ファン対策≠ニして、昨年のアリーナツアーが中止されたことがあるのでは。昨年は1月20日のヤフオクドームから11月末の京セラドームまで、およそ10カ月も国内のコンサートがなかったので、ここで耐えられずに離れたファンもいたのではないかなと。ファンはドームよりも、狭い分、近くで見られるアリーナの方が好きな傾向にありますからね。ジャニーズの本業はステージであり、多くのファンはコンサートを最大の楽しみにしていますから、ここがなくなると応援のしがいがなく、燃え尽きるように消えてしまうファンも多いのです」(ジャニーズファンBさん)
[まいじつ]

ファンクラブ会員数の3分の1、というとショッキングですが、デビューして10年以上経った中堅グループですからね。

そりゃそれなりにファンクラブ会員も入れ替わっているのでは。

なのでそんなに気にしなくても…と思いますけど、Hey!Say!JUMPのファン離れは昨年何度か話題になりました。

アリーナ中止でキンプリへの担降りが増えたのでは、というのが多いパターンでしたね。

実際そういうファンは多かったのかも。

当然、アリーナを中止することでそういう結果は想定できていたたと思います。

それでも中止に踏み切ったのは、それだけルール違反をするヤラカシがいたということなのでしょう。

ヤラカシは相手に反応があると喜ぶといいますが、Hey!Say!JUMP自体がピンチになることはさすがに望んでいないはず。

ですがコンサートがなくなればグッズの売上も減り、こうやってシングルの売上も下がったように報じられては、Hey!Say!JUMPは頭打ちのような印象に繋がり、悪循環が始まりかねません。

そんなグループに所属するタレントにかかるストレスも相当だと思います。

だからか、最近Hey!Say!JUMPの脱退情報多いですよね。
 中島裕翔もグループ脱退へ
 次にジャニーズを辞める意外な2名
 知念侑李より危ないのは薮宏太!今年中にHey! Say!JUMPを脱退か

中島裕翔くんのストーカーが逮捕されていましたが、それで悪質なファンは減ったのでしょうか?

本当の意味でグループを応援する人ばかりになればどんなに平和なんだろうと思いますが…


※そっくりさんでジャニーズのグループを作ったよ。あれ?一人だけホンモノが!
誰?→ geinou ranking
誰?→ geinou ranking

Hey! Say! JUMP 2020.4―2021.3 オフィシャルカレンダー (講談社カレンダー) - 講談社
Hey! Say! JUMP 2020.4―2021.3 オフィシャルカレンダー (講談社カレンダー) - 講談社
[関連商品]

※元ジャニーズJrのブログはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
多名義の人、何枚も買う人、逆に違法な手段で音源手に入れて買わない人、FC入ってなくてもCD買う人、いろんなファンがいるから、実際のファン数ってわかりませんね。
デビュー年数が長ければ会員数が伸びてくばかりのシステム。
合致してないグループ割とあるのに、JUMPファンが何かと騒ぐから、ネットメディアの格好の餌食になるんですね。
最終的にコンスタントに20万枚以上売上てるから、今の時代そんな悪いとは思いません。
ミリオン連発の90年代だったらヤバいけど。

コンサート中止や台湾の件でファン辞める人の気持ち全然わかりませんが、暴言吐いたり、上から物言ったり自己中な考えの人、結構みましたね。
ファン辞めてくれて有り難うの気持ちしかなかったけど。

今回のシングル、カップリング曲作ったアーティストのファンの方が、曲を聞きたいってCD買ってくれて、しかもJUMPの歌を誉めてくれて、アイドルのイメージが変わったって言ってくれた方もいるんですよね。
ファンとしては、凄く有り難くて凄く嬉しい言葉でした。
これからもしっかり楽しく応援します。
Posted by 大好きです。 at 2020年03月09日 17:33
考えうる理由は3つ
ファンクラブ多名義同一人物多く、
実際の人数はCD売り上げぐらい。
ファンクラブの古い会員番号は
もう更新されておらず実際はやはり
CD売り上げぐらいの会員数。
JUMPファンもジュニアと掛け持ちする人が増え、予算的にもJUMPだけに
お金落とせなくなり、
購入する形態を絞って購入した。
Posted by はな at 2020年03月09日 20:52

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス