SMAPが解散していなければ槇原敬之の逮捕はなかった!飯島三智の豪腕と「世界に一つだけの花」の深い関係とは? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

SMAPが解散していなければ槇原敬之の逮捕はなかった!飯島三智の豪腕と「世界に一つだけの花」の深い関係とは?

SMAPが今も健在だったら、槇原敬之さんが再び覚せい剤で逮捕されることはなかっただろうーそんなおハナシです。


1999年8月に覚醒剤とMDMAの所持で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けたマッキー。

その後、わずか1年あまりという短い活動休止期間を経て、2000年11月にはニューアルバムをリリースしましたが、その後は薬物イメージに対する反発も強く、すぐにそれまでと同じように活動できたわけではなかったといいます。

そんなマッキーが再び音楽シーンに名を轟かせるきっかけとなったのが、2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」の大ヒット。

このお陰で完全に薬物逮捕のイメージを払拭でき、さらに他の有名アーティストから楽曲提供依頼も激増し、番組のテーマソングなど”裏方仕事”にも活躍の場を広げることに成功しました。

そして、その裏には当時SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智さんの存在も大きかったようで…

[以下引用]
「当時のSMAPは芸能界のトップに君臨するグループで、飯島さんの手腕もあり、多くのメディアを掌握していたと言っても過言ではない。飯島さんが右を向けば、メディア全体が右を向くような時期でした。そして、SMAPの楽曲制作者の人選について飯島さんが強い権限を持っていて、槇原を選んだのも飯島さんだと言われています。飯島さんがいなかったら『世界に〜』は生まれなかったし、槇原の復活もなかったということです」(音楽事務所関係者)

さらに、槇原の逮捕歴について、メディアからSMAPサイドへの配慮もあったという。

「実は、あの頃のメディアが槇原の逮捕について触れることはほとんどありませんでした。SMAPの名曲を作った槇原が前科者だとSMAPのイメージも悪くなるということで、槇原の逮捕ネタは実質的に“タブー”化。もちろん有罪判決を受けて罪を償っているので、わざわざ触れる必要がないということもあるんですが、それ以上にメディアからSMAPへの“忖度”という色合いも強かった。飯島さんがメディアに対して、“マッキーの逮捕ネタはNGね”という圧をかけたことはないものの、飯島さんの豪腕を恐れるあまり、多くのメディアが逮捕ネタを避けていました」(同)

槇原は今年1月にリリースされた木村拓哉のソロアルバム『Go with the Flow』にも1曲提供している。

「もしも木村拓哉のスタッフとして飯島さんが残っていたら、あるいは少なくともSMAPが解散していなかったら……。槇原も、SMAPと飯島さんに迷惑をかけたくないと、薬物に手を出すこともなかったかもしれない。また、SMAPが健在なら、少なくとも槇原の楽曲を取り巻く状況は変わっていたような気はしますね」(芸能プロダクション関係者)

槇原の逮捕によって、期せずしてスポットが当たった飯島氏の豪腕。当時のSMAPの化け物っぷりを痛感するばかりだ。
[日刊サイゾー]

[スポンサーリンク]



まあ、タラレバの話をしてもしょうがないですけど、確かにSMAPが健在だったら芸能界の様子はだいぶ違ったものになっていたでしょうね。

嵐も活動休止していなかったかもしれませんし。

そういう意味では、SMAPとはお互いに”特別な関係”だったマッキーにとっても、2016年に起きた解散騒動は大きな影響があったのかもしれません。

それにしても、「世界に一つだけの花」はどうなっちゃうんでしょう?

ジャニーズ事務所は「木村のソロ活動スタートに泥を塗った」と激怒しているとも伝えられ、19日と20日の大阪ライブではアルバムのマッキー提供曲は歌わないことに決めたとのこと。

ホリエモンやマツコさんなどの”ご意見番”の有名人の方々からは、「楽曲に罪はない」として曲の封印や差し替えに反対の意見を延べていて、ネット世論からも同調する声が多いです。

しかし、その一方で「あの名曲がラリった状態で作られたかもしれないと思うと、フクザツ…」という意見があるのも確か。

実際、海外アーティストの中にはクスリがキマっている状態のほうが「良い曲が作れる」と公言していた人もいますし、うーむ。

アーティストの皆さん、いろいろとプレッシャーはあると思いますが、せめてホロ酔い加減までにとどめてくださいな。。

※スマスマ最終回、そして実質的に最後となった…
 「世界に一つだけの花」(動画)→ geinou ranking
 「世界に一つだけの花」(動画)→ geinou ranking

9割の日本人が知らないドラッグの話―清原は「弱い」から覚醒剤に溺れたのか - 龍一, 秋葉
9割の日本人が知らないドラッグの話―清原は「弱い」から覚醒剤に溺れたのか
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
マッキー別れ方が下手。
元彼にやられた。
Posted by 愛憎 at 2020年02月18日 17:27
SMAPと嵐がいたジャニーズ、黄金期だったね。
Posted by 二度とこない at 2020年02月18日 20:19
関係無いんじゃないの?
ジャニーズ内の派閥戦争でああなっただけだし。
それでもメリーの裏切りに変わりはない!
Posted by すべてはメリーの裏切り at 2020年02月18日 23:08
SMAPが解散しようとしまいと常習者は捕まるでしょ

飯島マネージャーは
BIGBANGのグループメンバーと「いいとも時代」から仲良くさせてて
アベマTVの72の3人の番組にメンバーのViを出演させてたけど
その半年後(昨年3月頃)接待疑惑、薬物疑惑で騒がせて
芸能界引退したのは話題になってないの?
薬物で捕まった清原氏を中居くんの番組に出演させたりと
逆に飯島マネージャーがそういう人達をなぜか引き寄せる
Posted by 薬物人脈 at 2020年02月19日 07:44
マッキーから曲を提供されてる歌手は多い。
Iさんが引き寄せてるんじゃなくて、ドラッグ汚染の深刻さを言えば。SMAP解散から3年しかたっていないのに、TVやネットの状況も様変わりして、変化が早すぎて。誰も安泰ではない?
Posted by なんでもIさん at 2020年02月19日 10:15

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス