「東京グランメゾン」玉森裕太の裏切りに「脚本が矛盾!」の声。カズの息子に「親の七光りもキング級」の声 - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

「東京グランメゾン」玉森裕太の裏切りに「脚本が矛盾!」の声。カズの息子に「親の七光りもキング級」の声

1話1億円とも言われる高額な制作費から、最低でも視聴率15%は獲らないと「赤字になる」と言われていたキムタク主演「東京グランメゾン」。

残念ながら目標には程遠い視聴率12〜13%前後をウロウロしていますが、ドラマの方は内容、キャスティングともに何かと話題豊富なようです。

※脚本にダメ出しされてますよ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グランメゾン東京 上 (角川文庫) [ 黒岩 勉 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2019/11/25時点)


[以下引用]
第5話では、3年前のアレルギー食材混入事故の真相が明らかに。どうやらこれを起こしたのは、当時尾花のもとで働いていた祥平(玉森裕太/Kis-My-Ft2)。ナッツアレルギーの客に出す料理で、誤ってナッツオイルを使用したようだ。

祥平はついにすべてを話して謝罪しようとするが、尾花は既に真相を知っていた様子。その上で、祥平から何も聞こうとせず、フレンチシェフを辞めようとする祥平をただただ引き留めるのだった。

尾花の男気≠ふれる行動や、祥平の葛藤に対して多くの視聴者は感動し、この回を神回≠ニ称える声も多かった。その一方で、今までの第1話から第4話では、祥平が尾花のことをあいつは最低の人間≠ネどと批判していたことには、

《なんかツジツマが合わない。。。》
《今までの尾花への態度はどういうことだったんだろ》
《よく今まで尾花を憎める側になれてたな祥平は》
《脚本の粗が目立つよね》
《二重人格なのかと本気で考えたわ》
《祥平君さ、罪の意識あったのに、尾花にあんだけ悪態ついてたわけ?》


などと、その顛末に「脚本が雑過ぎる」と不満が噴出していた。
[まいじつ]

最新話では結局、玉森くんはライバル側についてガッツリ活躍してます。

まあ、確かに自分が犯人だと自覚しておきながらキムタクに対して「アイツは許せねえ!」と長年に渡って恨むというのは脚本がヘンだとは思いますが…

まだ”真犯人”は他にいるような気もしますし、その辺りは楽しみにしています。

それにしても玉森くん、演技が上手になりましたよね。

2013年放送の「信長のシェフ」や「ぴんとこな」では散々な言われようで、実際に「うーん…」という感じもありました。
 キスマイの新冠番組が「ぴんとこな」のせいで消滅の危機

その後、2017年4月期放送の「リバース」では安定した演技で「お!」と思わせてくれたのですが、今回はそれ以上に安心して見られるようになりました。

「東京グランメゾン」は視聴率的には微妙なものの、内容的には面白いですし、何よりいくらでもストーリーを作り出せるというところが「シリーズ化に向いてる」とも言われています。

今後も長く出演して、いずれはキムタクと一緒に料理本でも出して欲しいところ。。

Kis-My-Ft2 (キスマイ)・【公式写真】・玉森裕太・ジャニーズ生写真【スリーブ付 TG 56
Kis-My-Ft2 (キスマイ)【公式写真】玉森裕太
[関連商品]

さて、今ドラマにはキング級の親の七光り俳優も出演しています。

それは “キングカズ”こと三浦知良さん&りさ子さん夫妻の長男・獠太さんで、なんとこれが俳優デビュー作なんだとか。

[以下引用]
獠太はカズと同じく、15歳でブラジルへサッカーの短期留学をするなど、本格的に取り組んできたが、現在はサッカーを引退。大学生になった今は、本当にやりたいことや自分に合っていることを探しているようで、今年の春に「本格的に俳優を目指したい」と周囲に相談していたという。

「今年の春に俳優を目指して、10月放送スタートのキムタク主演ドラマに出演できるなんて、さすがカズの息子ですよね」(芸能記者)

獠太は第4話の終盤と第5話に出演。木村と鈴木京香が、三つ星獲得を目指すレストランで働く新入りスタッフで、第5話では店の先行きに不安を覚えて仕事を辞めてしまうという役どころ。劇中でのセリフは「おつかれさまでした」のひと言のみだったが、存在感を放っていたという。

「獠太がカズの息子だとは、リアルタイムでドラマを見ていたときには知りませんでした。ただ、メインストーリーに絡まない役柄で、特に何でもないシーンなのに、厨房で働く獠太が不自然に抜かれるシーンがあり、“今後、何かあるのかな”と感じていたんです。でも特にないままいなくなったので、不思議に思っていたところ、『女性セブン』の報道で合点がいった感じです。ただ、撮影時、緊張している獠太に木村がアドバイスをしたということですから、セリフのないシーンでも存在感を出すようなコツを教えてもらった、ということでしょうか」(テレビ誌編集者)
[日刊大衆]

ホント、今春に「俳優でもやろっかな〜」と思い立ち、その半年後にチョイ役とは云えキムタクドラマで俳優デビューですから、キングカズの威光はスゴイです。

まあ、獠太さんはこれまでも”キングカズ”の七光りをまるで”おひさまの光”のように浴びて育ってきたと思われるので、当たり前すぎて特別なことという認識すらないんでしょうけど。

一般人からみれば嫉妬を通り越して尊敬しちゃうレベル…かも?

今回は店を辞めてしまったのでもう出番はないかも知れませんが、これまたシリーズ化となれば再び登場する可能性もあるでしょう。

その時には「強力な助っ人が登場!」と言われるくらい、俳優として成長していて欲しいですね。

※親の七光り芸能人の勝ち組負け組トップ10!
 とんでもないヤツもいます→ geinou ranking
 とんでもないヤツもいます→ geinou ranking

※こちらもどうぞ。
木村心美「フルートがダメだったら声優かな。女優でもいいや」

※偉大なお父さんを持って幸せですね。
フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか? ―いままで語られなかった「三浦知良」論―
フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか? ―いままで語られなかった「三浦知良」論―
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
裏切り・・・いんや、キムタク演じる尾花に玉森裕太演じる翔太が「フレンチ辞めるな」と言われたことが効いたんじゃないかな?
尾花だったら、gakuとライバル関係ではあるけれどゾクゾクしていた・・・これが無いと、邪魔者は排除という気持ちが強まるのでは?
Posted by ドラマの内容はどうでも at 2019年11月25日 15:12
昨日は12%切ってますね。
Posted by 予算のわりに at 2019年11月25日 16:36
カズはいつ辞めるんだろう。息子は七光りで甘いスタートをさせて。
大甘で呆れる。
Posted by でも at 2019年11月25日 16:59
純粋に玉森さんは演技力が向上してるのに、
どうして何でキムタクは変わらないんだろう?
Posted by アンモナイト at 2019年11月25日 19:11

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス