山田孝之主演「全裸監督」の大ブレークでジャニーズが窮地に!メリーの天敵・村西とおるへの再注目で甦る”田原俊彦事件” - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

山田孝之主演「全裸監督」の大ブレークでジャニーズが窮地に!メリーの天敵・村西とおるへの再注目で甦る”田原俊彦事件”

山田孝之さんが伝説のアダルト監督・村西とおるさんを演じるNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」が、大きな注目を集めています。

しかし、このことがジャニーズ事務所をさらなる窮地に追い込むことになりそうだそうで…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全裸監督 村西とおる伝 [ 本橋 信宏 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)


[以下引用]
村西氏といえば、かつては黒木香ら数々の人気大人系女優を世に放つ一方で、前科7犯、借金50億円、米国司法当局から懲役370年を求刑されるなど波乱に満ちた半生が知られている。

今回の過激な映像作品に対しては、体当たりで主演を務めた山田も含めて、かねてから“村西ファン”を公言する芸能人たちを含め各方面から称賛の声があがっているが、その一方で芸能界からはこんな声も。

「村西さんといえば、サブカル界隈では昔からかなりの有名人ですが、さすがに今回、山田さんをはじめ、満島真之介さん、玉山鉄二さんら豪華キャストによる映像作品化は驚きました。それと言うのも、村西さんはかねてからジャニーズ事務所の天敵として業界内では知られていますからね」(某芸能事務所のベテランマネジャー)

村西氏といえば、かつて当時、同事務所に所属していた田原俊彦と一夜を共にしたという女優の告白ビデオを発売。これにより、同事務所と対立し、メリー喜多川副社長から呼び出されて直接罵倒された経験を持つ。

「この一件を機にアンチジャニーズとなった村西さんは、電話回線を使ってジャニーズタレントのスキャンダルを集めたり、かつてジャニー喜多川社長の寵愛を受けた元『フォーリーブス』の北公次さんの告白自伝本の発刊に一役買ったり、自身のコラムやメルマガでたびたびジャニーズ事務所を批判するなど、対ジャニーズに闘志を燃やし続けてきましたからね。この度の『全裸監督』の大反響に、ジャニーズ事務所は苦虫を噛み潰しているでしょう」(前同)
[日刊サイゾー]

これ、なんか笑っちゃいました。

村西監督を題材にしたドラマシリーズなんて、絶対に地上波では作れなかったと思いますし、さすがネットテレビといったところ?

村西とおるの閻魔帳 「人生は喜ばせごっこ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 村西とおる - CD&DVD NEOWING
村西とおるの閻魔帳 「人生は喜ばせごっこ」

ただ、キワモノコンテンツに果敢に挑戦しているAmazonプライムではなく、ジャニーズとは何かと縁のあるNetflixが製作というのは意外ではあります。

この辺り、外資系のネットテレビにはジャニーズ忖度なんて「関係ねえ!」という証でしょう。

現在、視聴者のテレビ離れが急激に進んでいると言われていますが、オンデマンドで視聴できるという利便性に加え、芸能事務所からの圧力に屈せず”視聴者ファースト”で面白い企画をどんどん実現していくネットテレビはまた別物。

うっとうしいCMもないですし、オンデマンドで視聴できるという利便性もありますし、一度ネットテレビに慣れてしまうと”従来のテレビ”には戻れなくなってしまうというか。

しかも、最近は松本人志さんなど芸能界の大物たちも次々とネットテレビでのコンテンツ作成に進出していて、「地上波テレビと違って制約が少なく、予算も多く、番組を作っててとても楽しい」とコメントしています。

NHKの存続を巡る一連の問題で、N国党の躍進に焦った政府が慌てふためいているうちに、”従来のテレビ”そのものが完全にオワコンになってしまうかもしれません。

ジャニーズ、ヨシモトの次はNHK!
 女子の反応→ geinou ranking
 女子の反応→ geinou ranking

[スポンサーリンク]



さて、話がまったく別の方向に逸れてしまいましたが、村西監督とジャニーズのケンカ(もう、30年以上も前になります…)はとても有名な話なので、ある世代以上のジャニーズファンの方々なら知っている人も多いのでは?

まあ、実際には”ケンカ”ではなく、メリーさんによる一方的な”粛清”だったようですが、その経緯は村西監督自身が自身のコラムなどで詳細に述べています。

ちょっと長いですが、SMAPが台頭するはるか昔以前のメリジュリ母娘の様子がよーく分かるエピソードですので、ぜひ一読下さい。

[以下引用]
村西とおる監督がメリー・ジュリー母娘と猛烈なバトルを繰り広げたことについて、当事者である監督本人を直撃した。

「梶原恭子という新人を撮った時、ぽろっと『私、トシちゃんと金沢公演の時に寝たことあるの』と漏らしたんですね。それで、作品の中でその時のエピソードを語ってもらって、“ありがとう!トシちゃん”って新作を出したんです。当時、深夜番組“11PM”(日本テレビ系)に私はレギュラーで出ていたんで、ディレクターが『面白いですねぇ』と言ってくれて、番組で(同作品を)紹介したのよ。そしたら翌週、そのディレクター2人がクビになっていなくなっちゃった。あの頃、ジャニーズとズブズブだったのは日テレだったから。それで、『クビになったディレクター2人の弔い合戦をしてやろう』と思ったんだよ。それがファイトの始まりだったの」

当時、田原俊彦はジャニーズ事務所のNo.1アイドルだった。週刊ポストが梶原恭子の記事を載せると、メリー氏が発行元の『小学館』に抗議に訪れた。同社幹部から村西監督と梶原恭子に「メリー喜多川副社長と直接話し合ってくれないか?」と申し入れがあり、村西監督と梶原恭子が同社会議室に出向いた。

「そしたら、メリーと娘のジュリーがいるんだよ。30坪はあるだだっ広い会議室で、小学館の幹部御歴々もいる。向かい側には、端っこにトシちゃん、その隣にちぎれるほど尾っぽを振っている部下の白波瀬(現在は広報部長)、その隣にジュリー、そしてメリーですよ。色んな思惑があったんだろうけど、何で抗議の場にまで己の娘を連れて来るのかね? 『何の話なの? 埒が明かないよ。本当のことなんて本人たちしか知らないんだから。トシちゃん、貴方も気の毒だね。こんな席に引きずり出されちゃって。普通、こんな席に引きずり出さないですよ。たとえやったにしても、やったなんて言えないもんね』って言ったら、『いやぁ、僕は…』って俯いていたよね。勝負あったな。

禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック (祥伝社新書)
禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック
[関連商品]

そしたら、メリーがジュリーに目配せした。『ジュリーさん、呼びなさいよ! 呼びなさいよ!』って言うんだよ。『ハイッ』ってジュリーが扉を開けたの。そしたら、バタバタッと7〜8人の血相を変えた若い女たちが入ってきた訳。それで梶原恭子に向かって、『あんた、あの時、金沢のコンサート会場になんかいなかったじゃないのよ! この嘘吐き女!』って喚く訳。おかしいでしょう、乱入は。『これ、何なの?』って尋ねたら、メリーもジュリーも一言も無いよ。ソッポ向いている。週刊ポストのお偉いさんが『メリーさん、それは困りますよ』って抗議するんだけど、2人とも不貞腐れているんだよ。これ以上、話してもしょうがない。やったやってないって埒が明かない」

結局、直接対決は決裂し、面罵された村西とおるは帰社すると早速、『ジャニーズ㊙情報探偵局』を開設し、インターネットの無かった時代故に電話回線を引き、ジャニタレのスキャンダルを集め出し、元フォーリーブスの北公次がジャニー喜多川社長と深い関係にあったことを突き止め、北公次復活劇に手を貸すのだった。今、あの騒動を振り返りつつ、村西監督はSMAP騒動をどう見ているのだろうか。

ジャニーズ事務所が日本のエンターテインメント界を牛耳っているって? 情けない。テレビもメディアも萎縮し過ぎなんですよ。破廉恥なだけ。常識を知らないだけ。ウンコみたいなもんですよ。鳴かず飛ばずのSMAPを育てた飯島マネージャーをあっさり切って棄てちゃう。飯島さんに『こっちの水は甘いぞ』って言ってあげたい。『“真説SMAP”本出すからこっち来い』って」

騒動となると血が騒ぐ男は、昔と変わらず熱い反逆の言葉を繰り出すのだった。 
[2016年のインタビュー記事より]

とまあ、こんな感じで、今も昔もメリジュリ母娘のやることは全く変わっていないですよね。

最後のコメントなんて、テレビを始めとしたマスコミ業界の方々は、いったいどんな言葉を返せるのでしょうか?

すでに「全裸監督」はシーズン2の製作も決定していますし、上のエピソードは村西監督を語る上で「絶対に外せない」エピソードの一つ。

果たして、Netflix制作陣は全てを映像化するのでしょうか?

そうなった場合、メリジュリ母娘はお偉いさんたちを事務所に呼びつけて、「トシちゃん事件を映像化したら、Netflixからウチのタレントを全員引き上げます。ムッキーー!!」と圧力を掛けるのでしょうか?

もしそうなったら、ぜひその顛末を文春に語ってくださいね、山田さん。

※出演者の皆さん、とーっても楽しそうなのが印象的。
全裸監督 村西とおる伝
全裸監督 村西とおる伝
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
イジメ体質は変わらずドM母娘。
あの謝罪も何をされたか想像がつく。
ヘ〇が出そう。
こんな母娘に関わったら死ぬまでイジメられる・・・。続編ガンバレ〜。
Posted by 親が親なら娘も・・・ at 2019年08月16日 10:32
ドS 正 
Posted by わっ at 2019年08月17日 09:13
山田出して映画制作してる時点で関係良好じゃないの?
Posted by え? at 2019年08月17日 12:05
赤西さんとも組んだ、新図の番組にも。
芸能界でもかなり自由な地位にいるみたい。
スターダストも口を挟めないほど、山田さんは自由に出来るんだって。
世界190か国に配信ってスゴイ。
Posted by フリー at 2019年08月17日 19:14

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス