日テレの笑いが止まらない!嵐をメインパーソナリティに起用した「24時間テレビ」のギャラ事情と莫大な収益の秘密 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

日テレの笑いが止まらない!嵐をメインパーソナリティに起用した「24時間テレビ」のギャラ事情と莫大な収益の秘密

今年の「24時間テレビ」で史上最多5回目となるメインパーソナリティを務める嵐。

今年は東京オリンピックの準備で日本武道館が使用できず、初めて両国国技館で行われるため、例年よりも少し早めの打ち合わせとリハーサルが始まっているといいます。

メンバーたちも活動休止前ということでかなり気合いが入っているようですが、それ以上に日テレは笑いが止まらないほど浮かれているといいます。

※カツンがMPだった時もありました。

[以下引用]
「いやらしい言い方ですが、何か大きな災害が起こった年は、多くの寄付金が集まります。出演者のギャラ問題に関しては毎年週刊誌やネットで騒がれてしまい肩身の狭い思いをするので、番組制作サイドとしては寄付金をより多く集めることで世間から共感と賛美を得たい目論見があります。実は寄付金に関しては、総合司会を誰が務めるかによっても左右されるんです。嵐は今年で5回目となりますが、はっきり言ってドル箱。彼らが着任した年は、3〜5億円も増えるんです。来年末に活動を休止する彼らは、メンバー5人揃っての貴重な出演は今年で最後となります。よって、注目度も高く、少しでも近くでメンバーを見ようとするファンたちが貯金箱を抱えて会場にやってくることが予想されています。ぶっちゃけ、今年は番組の内容がどうであれ嵐さえいれば勝算があるので、スタッフらの緊張感も薄くなってます」(日本テレビ社員)

1円でも多く集めて日本に貢献したいという5人の思いも、気合という形で現れているのかもしれません。しかしやはり気になるのは、彼らが受け取るギャラについて。一体、どれほどの謝金を手にするのでしょうか?

一人あたま1本超えで、グループでまとめると6〜7千万円と言ったところではないかな。前回は5千万だったという噂もあるので、そこから上がることもあっても下がることはないでしょう。とは言え、彼らは番組の趣旨も十分理解しているし、仕事としての役割もしっかり果たしてくれます。本番は24時間ですが、大野さんが手がけたTシャツのデザイン料やら、事前打ち合わせにリハーサルなど、準備には長いことかかります。なのでそれ相応の報酬かとは思うんですけど、世間様からすればもらいすぎという印象なのかな。公にはなってませんし金額も不確かではありますけど、彼らは個々にお金を出して寄付をしてくれてるみたいですよ。嵐以外の出演者の中にも、ギャラを全額寄付に回したり、受け取ることはできないと申し出る方もいらっしゃいます。逆に、その程度のギャラでは働けないと高額請求してくる大御所芸人も」(番組制作関係者)

地方ロケをしたり、出演時間の長短でギャラの単価も変わると思いますが、最終的には誰が一番得をするのでしょうか?

「それはやはり出演者ではなくて日本テレビでしょう(笑)。チャリティー番組にCMスポットを入れる企業はイメージ戦略に長けていて、純粋に慈善の意味とそこから連想する優しい企業と思われたいという下心もあります。そこを狙ってか24時間テレビは通常のCMスポットより高い設定にしていて、日テレはより利益を得る形になっているのです。制作費などを差っ引いても儲けは相当なもので、だけど局だけが独り占めするのもおかしな話。そこで多くの芸能人に番組へ参加してもらって、収益金を分配しているのです。ですから、海外のチャリティー番組のように、最初からノーギャラで番組を作ることはないでしょうし、これが日本のテレビ業界の仕組みなのかと思います」(前同)
[TABLO]

「24時間テレビ」が障害者や人の善意を喰いモノにした偽善番組だという批判は、もうすでに10年以上前からネットを中心に批判の声が多く上がっています。

しかし、日テレは番組を見直すどころか、もはや「バレちゃったらしょうがない」といった感じで、相変わらず銭ゲバ路線を邁進しています。

まあ、昔よりは下がったとはいえ、なんだかんだと毎年のように高視聴率を獲得していますし、番組が打ち切りに追い込まれることはないと、高を括ってるんでしょうね。

ただ、”日本最大のチャリティ番組”を標榜しながらガッポリ儲けるというのは、どう考えてもおかしいと思います。

嵐が5人で1億円近いギャラを受け取るというのも、「愛は地球を救う」をモットーに弱者救済を全面に押し出し、視聴者から多額の募金を集めている番組で通常の大型TV番組と同様に”労働の対価”を貰うというのは、やはり違和感を感じます。

日テレは「集めた募金は社会へ還元している」と主張しますが、集めた募金やスポンサー収入よりもずっと少ない金額を”還元”と言われても、説得力がありません。

とにかく、日テレや出演者たちが視聴者の善意を喰いモノにして大儲けするという構図は、少なくともこれからの時代は通用しなくなるような。

ちなみに引用記事を見ていて気づいたのですが、「24時間テレビ」の存続を許しているのは、「優しい企業」というイメージが欲しい番組スポンサーが存在しているからですよね。

これ、もしも「偽善番組に資金を提供している」という批判がスポンサーに殺到したら、あっという間に番組は打ち切りになるような…

因果応報という言葉もありますが、昭和から平成の間に積み上げてきた”業”に対する”対価”を、令和の時代になって日テレは払うことになるかもしれません。

※ギャラ問題だけじゃない!
24時間テレビの不都合な真実→ geinou ranking
24時間テレビの不都合な真実→ geinou ranking

※メリーさんこそ、因果応報の体現者。
週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】
週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
>ファンたちが貯金箱を抱えて会場にやってくることが予想されています。
>今年は番組の内容がどうであれ嵐さえいれば勝算があるので、スタッフらの緊張感も薄くなってます」(日本テレビ社員)

これで番組続けられるんでしょうかね。今年は嵐で儲けよう?もしかして来年も嵐?
Posted by 何のための番組 at 2019年06月12日 15:02
そんなゲスな考えして恥ずかしくは無いのかね?
ネット民だけの戯言、
リアルの世界じゃそんな事誰も何も言ってないからw
Posted by 相変わらずだなー at 2019年06月13日 09:21
寄付金の何割が被災者の元に届くんだろうか
日テレのあらゆる損失を寄付金で賄ってるようにしか思えないわ
Posted by チャリティーなのか at 2019年06月13日 10:53

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス