金の切れ目が縁の切れ目。ジャニーズJr.東京ドーム公演はメンズアイドル流出防止の苦肉の策 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

金の切れ目が縁の切れ目。ジャニーズJr.東京ドーム公演はメンズアイドル流出防止の苦肉の策

8月8日にジャニーズJr.が東京ドーム公演を開催することが発表され話題になっています。

総勢300人を数える東西合わせたジャニーズJr.が参加ということで壮大なお祭り状態になりそうですが、この東京ドーム公演が「退所しそうなジャニーズJr.の引き留め策」になっているとの声もあるんだとか。


※東のタッキー西のすばる時代

[以下引用]
芸能ライターが指摘する。

「ジャニーズJr.に注力する滝沢秀明のおかげで、最近は〈SnowMan〉や〈なにわ男子〉といったデビュー間近の人気者に注目が集まっています。その一方で、バックダンサー止まりのままで年齢だけを重ねる不人気メンも少なくないのが現実なのです。そんなジャニーズJr.に対し、メンズのライブアイドル分野ではいまやZepp Tokyoを満杯にするグループが何組も出現。非ジャニーズのトップを走る“BOYS AND MEN”は1月にナゴヤドーム公演を開催しました。ほか、メンズアイドルグループには“元ジャニーズJr.”がうじゃうじゃいて、格好の再就職先になっています。そうなると現役のJr.にも『辞めたほうが早く人気者になれる』と思うメンバーが現れるのも当然で、彼らを繋ぎとめるには東京ドーム公演というご褒美が必要なのかもしれません」

そんな“人気”面に加えて、ジャニーズJr.の中には切実な思いでライブアイドル転進をもくろむメンバーもいるという。その理由はずばり「金」だというのだ。ジャニーズJr.のギャラは歩合制で、なかには生活もままならない底辺メンバーも少なくない。そんな彼らがライブアイドルの稼ぎっぷりを知ると、あっさりとジャニーズJr.を辞めてしまうというのである。

「ライブアイドルはチェキ撮影などの特典会での荒稼ぎが可能で、普通のサラリーマンよりも稼いでいるメンズアイドルが大勢います。しかも彼らは人気と収入が直結していることを理解しており、どうすればより多くのファンを惹きつけられるのかを自分たちで考える“セルフプロデュース”も当たり前。そんなヒリヒリした世界の魅力を耳にすれば、『俺もそっちの世界でビッグになりたい!』と思うのも無理はないでしょう」(前出・芸能ライター)

金の切れ目は縁の切れ目。とくにアイドル活動を「仕事」として捉えているメンズアイドルでは、金が重要なモチベーションになるようだ。
[アサジョ]

まあ、東京ドーム公演の目的は一つではないと思いますが、Jr.の人材流出防止は急務であることは確かです。

先日は岸優太くんとコンビ組んでいた高橋楓くんがジャニーズを辞めてホリプロに所属し話題になっていますし、元ジャニーズJr.で他事務所に移籍し地味にでも活躍している人は他にも何人かいます。

そしてこの記事にもなっているライブアイドルです。

地下アイドルというと女性に注目されがちですが、「メンズ地下アイドル」というジャンルもあります。

別名「ライブアイドル」「インディーズアイドル」「リアル系アイドル」とも呼ばれ、そういったアイドルだけを集めた芸能事務所もあれば、いくつものグループで開催する合同ライブもあり、「会いに行けるアイドル、距離感の近いアイドル」であることをウリに地味に人気が広がっており、1つのグループで月収数千万もふつうにあり得るんだとか。

特典会では写真を撮るにとどまらないサービスがあったりで、その営業手段はちょっと過激な部分もありますが、月収約10万から20万、売れっ子になると月収数百万もありうる結構ギラギラしたジャンルのよう。

一度見た夢を形を変えてでても実現したいという気持ちも、夢だけで食べていけないという気持ちも、どちらも否定できるものではありません。

地下アイドルとしての成功を良しとするかは別ですが、10代はともかく、20代になり友人たちの環境も変わってくれば、Jr.で居続けることの意味を考える時期というのはあるのでは。

※HiHiJets、Sexy美少年、5忍者ほか
2019.4→2020.3/ジャニーズJr.カレンダーRED ([カレンダー])
2019.4→2020.3/ジャニーズJr.カレンダーRED ([カレンダー])
[関連商品]

しかし一方でジャニーズにとってJr.が金の卵であることも事実です。

以前、タッキーはJr.の待遇改善を訴えてジュリーさんと喧嘩したことがあると報じられましたが、結局はなにも変わりませんでした。

それがジャニーズアイランド設立の一因となったとも言われていますし、タッキーとしては現在推されているメンバー以外も、皆になるべく平等にチャンスを与えたいという気持ちもあるのでしょう。

それに忘れてはいけないのがJr.の人気です。

先日の転売屋の告白にもあった通り、Jr.のチケットは売れるんです。
 チケット転売屋が語る「ジャニーズ人気」の現実
いろんな意味で正直なところアタリなこともあるかもしれないですよね。

東京ドーム公演は間違いなく成功するでしょうし、それを経験したJr.たちのモチベーションはぐっと上がるでしょう。

事務所は収益を上げられ、Jr.の流出も防げ、今後の仕事の勢いにもなり、良い企画だと思います。

Jr.が日の当たる存在になり、勢いをもってデビューできれば、ジャニーズの世代交代もスムーズにいくかもしれませんね。

※正直ドン引き…メンズ地下アイドルの特典会
閲覧注意!→ geinou ranking
閲覧注意!→ geinou ranking

※Snow Man、SixTONES、Travis Japan、7 MEN 侍ほか
ジャニーズJr.カレンダー BLUE 2019.4-2020.3 ([カレンダー])
ジャニーズJr.カレンダー BLUE 2019.4-2020.3 ([カレンダー])
[関連商品]

※元ジャニーズJrのブログはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
会いにいけるアイドル、けっこう好立地の賃料が高そうなところでやってる。中高生みたいな女子が集ってる。デビュー前ならホリプロも受け入れるんだ。平野さんは元ボイメンだから、逆もありか。
Posted by 林立 at 2019年06月07日 17:29

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス