渋谷すばる電撃再デビューの裏で起きていた「藤島ジュリーVS飯島三智」の静かなる戦争 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

渋谷すばる電撃再デビューの裏で起きていた「藤島ジュリーVS飯島三智」の静かなる戦争

先月、ジャニーズを退所してから半年足らずで、今秋の活動再開を発表した渋谷すばるくん。

その早すぎる”メジャー再デビュー”には驚きの声が多く上がっていましたが、裏ではジュリーさんと飯島さんの静かなる戦争が勃発していたといいます。


5月9日発売の週刊文春によると、すばるくんのバックにはとても優秀な黒幕が存在しているとのこと。

この人物はテイチク時代からずっと関ジャニを担当していたM氏で、すばるくんがジャニーズ退所を発表したのと同じタイミングでワーナーに移籍するほど、すばるくんに入れ込んでいるんだそう。
 渋谷すばる、早すぎる”再デビュー”の裏には黒幕の存在が…

メジャー再デビューにあたり、すばるくんは

「ジャニーズ事務所に育てて頂いた、15歳からの約22年間という時間は、渋谷すばるという人間の全てに、間違いなく刻み込まれています。 ジャニーズへの感謝と、揺るぎない誇りを、今後の人生で、音楽という自分なりの表現を軸に、世界中に伝えていきます」

と、古巣のジャニーズに対して最大級の感謝コメントを出していましたが、これもM氏によるアドバイスだったといいます。

で、このM氏、ジャニーズだけではなく「新しい地図」の飯島さんにも「すばるが退所するにあたり、そちらにもご迷惑をお掛けしますが…」と根回ししていたというのは文春報道の通りですが、もともとバリバリの”ジュリー側近”だったこともあって、飯島さんはかなり迷惑…というか困惑したといいます。

Selected by 新しい地図 join ミュージック
Selected by 新しい地図 join ミュージック
[関連商品]

[以下引用]
「ジャニーズを辞めたタレントの割にはここまでジャニーズにおべっかを使うのは珍しいケース。例えば『新しい地図』の3人なんかは、いまだにジャニーズなんて言葉は一切発しない」(ジャニーズ担当記者)

しかも、本来であれば元側近スタッフが反ジャニーズの『新しい地図』も所属するレーベルに移籍し、その上で元ジャニーズタレントの再デビューに携わるなどは御法度のはず。そこにはどんな理由があるのだろうか。

「関ジャニとジャニーズを辞める相談を、渋谷は数年前からメリーさんやジュリーさんに伝えていた。いわば長い間粘り強く交渉した後に、SMAP解散での“ジャニーズバッシング”の追い風を受け、ほぼほぼ円満に退所出来た。因縁深い飯島女史が率いる元SMAP3人とは何もかもが違う」(ジャニーズ関係者)

そしてそこにはMさんの根回しテクニックもあるようだ。

「非常に腰が低く誰からも好かれる人間。タレントからも慕われていて、渋谷からも退所後の音楽活動の相談をずっと受けていたそう。それらを黙って進めるのではなく、ちゃんとジュリーさんにも話を上げていたそうです。渋谷の送別会の際にはジュリーさんから『渋谷のこと頼みます』と声もかけられていたそう」(同前)

M氏は渋谷を所属させるに辺り、レーベルの先輩である『新しい地図』の飯島氏にも話をつけに行ったという。

「文春でも報じられていたが、飯島氏からはかなり煙たがられたそう。飯島氏からすれば、怨敵のジュリー氏とつながりが深いM氏からの突然の連絡に困惑。結局、渋谷に対してもジャニーズをやめてもジュリー派タレントという敵意識をもつことになった。そもそもM氏にワーナーを推奨したのはジュリー氏というウワサもある」(レーベル関係者)

渋谷の円満再デビューには、ジュリー氏が飯島氏に嫌がらせをするために、腹心のタレントとスタッフを送り込んだ、という意味合いもあるようだ。どこまでも続く、『ジュリーVS飯島』の遺恨闘争……まずは渋谷の再デビューのセールスが、新しい地図のそれを超えるのか、見物である。
[覚醒ナックルズ]

これはどうなんでしょう?

ジュリーさんは昨年の関ジャニ全国ツアーを「すばるサヨナラコンサートにはしない」「ついでにすばるにグッズ売り上げのロイヤリティを餞別代わりに渡したくない」ということで、本人が参加を希望したにも関わらずNGにしたと言われています。

それなのに、裏では退所後のことを考えていろいろと便宜を図ってくれるなんて、矛盾しているような気もしますけどね。

ま、マスコミはなんでもかんでも「ジュリー派VS飯島派」の対立にしようとしますが、さすがにちょっと無理があるような。

それよりも、今のジャニーズアイランドの勢いを見る限り、そのうち「ジュリー派VSタッキー派」で争いが勃発しそうで心配というか。

実際、すでにデビュー組とJr.組の間でトップジャニタレの”バーター枠”を巡る営業合戦も始まってるみたいですし…
 「痛みなき改革はあり得ない」滝沢がジャニーズ旧体制に宣戦布告!

※右からすばる、ジュリー、飯島だったらイヤ!
 怖い画像→ geinou ranking
 怖い画像→ geinou ranking

※音楽性もそうですが、どんなルックスで来るのかが気になる。
クリアファイル 渋谷すばる 「全国47都道府県 完全制覇!! えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」
クリアファイル 渋谷すばる
[関連商品]

※辞めジャニのインスタはこちらからどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
ジャニーズと言えないの旧事務所の意向みたいよ。
Posted by 3人が at 2019年05月29日 19:07
>『新しい地図』の3人なんかは、いまだにジャニーズなんて言葉は一切発しない」
ジャニーズと言わなきゃいけないの?むしろ「ジャニーズの時は〜」などという話をしたらジャニーズ事務所側が文句言ってくるんじゃない?

>ジュリー氏が飯島氏に嫌がらせをするために、腹心のタレントとスタッフを送り込んだ、
くだらないことをご苦労さまです。
Posted by non at 2019年05月29日 21:38
どうみても飯島の意向でしょ
被害者商売が成立しなくなるもん
Posted by ねつ at 2019年05月30日 01:23
ジュリーさんがワーナーを勧めたってのは嘘っぽい。
そんな頭ないでしょ(笑)
タッキー事務所と仕事取り合ってるし、なんだかジャニーズも大変そう
Posted by ここ at 2019年05月30日 08:12
大きなリスクを負って独立したのになぜ前時代的代理戦争の道具にならなきゃいけないんだ。バカバカしい。
文春によるとMさんのワーナー移籍には大手芸能事務所幹部の仲介があったということだった。
また、ジャニーズ事務所に挨拶する際もワーナーを介して、だったとも書いてあった。
つまり、すばる&Mさんはジャニーズと直で内々にやり取りすることを避け、外の第三者の目があるところで交渉する選択をしているわけで、それはジュリーがトラブルになりかねない相手であることを示している。
こんな情報操作をしてくるのは、弱体化している証拠。
Posted by あほらし at 2019年05月30日 08:53
事務所を辞めるにあたって、いろいろ約束事?をするみたい。
どこでもあることかもしれないけど。
Posted by 約束 at 2019年05月30日 09:05
三流マスコミにたたかれる方と異様に持ち上げられる方
どちらが胡散臭いのか笑

世間にもその手法がバレちゃったからね
過剰なアゲアゲ商法はそろそろやめた方がいいんじゃないかしら
Posted by やり方が相変わらず古い at 2019年05月30日 09:43
幹部のお気に入りのアゲアゲ商法をしてきたのはジャニーズですね。嵐がトップになったのはそのおかげ。
Posted by 今も at 2019年05月30日 10:01
よくわからないけど、どんでん返しは目に見えているしね(笑)
Posted by どんでん返しが楽しみ at 2019年05月30日 21:55
どちらにせよジュリーが面倒くさい人物であるというのは間違いないようね
Posted by え at 2019年05月31日 13:39

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス