滝沢秀明がジャニーズ旧体制に宣戦布告!「痛みなき改革はあり得ない」宣言で派閥対立激化は必至な状況に - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

滝沢秀明がジャニーズ旧体制に宣戦布告!「痛みなき改革はあり得ない」宣言で派閥対立激化は必至な状況に

滝沢秀明くんがジャニーズ事務所の旧体制に対して「宣戦布告した」と報じられています。しかし、抵抗勢力はジャニーさんをバックに力を増しているタッキーに対して良い感情を抱いていないようで、今後は派閥対立が激化していくことは必至と見られています。

※オレは命を懸けてやってるんだ!

[以下引用]
「4月になってからのことです。タッキーは居並ぶジャニーズ事務所の幹部らを前に、『痛みの伴わない改革はあり得ない』とプレゼンし、今後、厳しい芸能界を勝ち抜くためにはジャニタレも競合相手になると熱弁をふるったというんです」(芸能プロ関係者)

『ジャニーズアイランド』は1月15日に設立されたばかりの会社。ジャニーズJr.のプロデュースやイベントの企画立案、新人発掘が主な業務になるのだが、こうしたタッキーの積極営業活動に水を差す格好になっているのが、皮肉にも親会社であるジャニーズ事務所という。

「各テレビ局には“ジャニ担”と呼ばれるジャニーズ事務所専属の編成マンや番組プロデューサーが存在します。番組のキャスティングは基本、ジャニ担を通じて実施されるんです。だから絶対にジャニタレ同士の裏かぶりは起こりえない。事務所サイドが各テレビ局のジャニ担を通じて、しっかりとコントロールしているからです」(編成関係者)

ところが、このジャニ担の影響で、『ジャニーズアイランド』に所属するジャニーズJr.らの新規の仕事は一向に決まらないという。

デビューが遠のくばかりか、テレビ局でレギュラー番組を持つことなど至難の業なんです。結果、このジャニーズの掟が新規タレントの育成を阻害し、事務所内に閉塞感を生み出しているんです」(放送作家)

そんな中、現在、タッキー一押しのJr.と言われているのが『Snow Man』。

※一般的にはコッチのほうが有名?
スノーマンとびだすアコーディオンブック / 原タイトル:The Snowman (児童図書館・絵本の部屋)[本/雑誌] / レイモンド・ブリッグズ/さく - CD&DVD NEOWING
スノーマンとびだすアコーディオンブック
[関連商品]

先頃、大成功を収めた舞台『滝沢歌舞伎ZERO』でもメインキャストに抜擢され、事あるごとに各局のプロデューサーらに売り込んでいるというのだが…

タッキーの動きにイライラしているのがジャニーズの現執行部。タッキーは神と言われるジャニー喜多川氏からすべての権限を委譲されているため、黙認している状態。近い将来、『King & Prince』対『Snow Man』というバトルが展開されるかもしれません」(同)
[週刊実話]

タッキー体制が確立されていけば、いずれこうなることは最初から分かっていました。

すでにジャニーズ本体からは有能なスタッフがほとんど流出してしまい、残っているのはトップの顔色を伺うことだけに長けたイエスマンばかりーとも報じられています。

そういった人たちは、ジャニーズの立て直しなんか頭になく、とにかく自分の立場を守ることに必死ですから、タッキーによる「痛みを伴う改革」なんて「とんでもない!」といったところでしょう。

今後は自分がサラリーマン人生で身につけた”保身術”をフル活用し、あの手この手でタッキーの邪魔をするのは目に見えています…って、さすがに言い過ぎ??

でもま、若くて有能な人材を古参幹部が潰そうとするのはどんな組織でもあることですけどね。

※タッキーと山Pの奇妙な縁
 豆知識→ geinou ranking
 豆知識→ geinou ranking

ちなみに、実話記事の最後にはなぜかタッキーの年収が書いてあったのですが、それによると「「基本、7000万円前後」なんだとか。

アイドル時代はそれよりもたくさんもらっていたそうで、実入りが減るにも関わらず、あえて「多くの敵を作ってしまう」社長業に転身したのは、すべて敬愛するジャニーさんへの恩返しのためだといいます。

最近はデビュー組よりもJr.の活躍が目立つようになってきてますし、タッキーの改革が順調に進んでいることは間違いないですから、このまま頑張って欲しいです。

※最終目標はジュリーからジャニーズを奪還することだよ。
公式写真 Jロゴ 滝沢秀明 タッキー&翼
公式写真 Jロゴ 滝沢秀明 タッキー&翼
[関連商品]

■関連ニュース

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
第2のIマネになるか、ジャニーさんがいなくなっても今のままでいられるか?
だけど、もう裏被りは関係ないのに、この記事も相変わらずイイカゲン。
Posted by 後ろ盾 at 2019年05月21日 09:14
タッキーの熱弁の中の「ジャニタレも競合相手になる」とは、どういう意味?

厳しい芸能界を勝ち抜くためは、ジャニタレが外部と競合するのは今までも変わらない。熱弁する程でもない。
それで勝ち抜いてきたジャニタレが今ここにいる。
それとも、タッキー社長の会社のタレントと、ジャニタレつまりは親会社のデビュー組のタレントが競合相手になる。競い合っていくという、いわばジャニーズ事務所本体への宣戦布告?
タイトルがそうだから、こっちか。いや、この一言を本当にタッキーが言ってのだとしたら、確実に派閥は避けられないね。
仕事お奪い合いも激化しそうだなあ。
特に若いジャニタレ、アイランド組と同じ世代は大変だ〜。
だからセクゾン必死で事務所本体が推してるのか?
これからは外部だけでなく、身内同士での競合が激しくなるんだな。若手大変だ〜。
Posted by 大変だ〜 at 2019年05月21日 13:16
ネットの普及で、古いやり方ではご法度と言いたいのね?
それはわかるけど、まずはヤクザらを一人残らず排除してみては?
そしたらメッキが剥がれていくしね(笑)
Posted by 古いやり方が裏目に? at 2019年05月21日 21:09

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス