ここにも大人の事情。キンプリ高橋海人が少女漫画家デビューを「しなければいけなかった」理由とは? - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

ここにも大人の事情。キンプリ高橋海人が少女漫画家デビューを「しなければいけなかった」理由とは?

昨年4月からプロの漫画家の作画指導を受けながら、月刊誌「ベツコミ」で漫画家を目指す連載企画をしていたKing&Princeの高橋海人くん。
 キンプリ高橋海人の少女漫画家デビューに大反響!

満を持して4月12日発売の同誌で少女漫画家デビューすることが発表され、大きく期待されていますが、漫画家デビューのウラには大人の事情があったようです。

※見てね!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

King & Prince 公式 生 写真 (高橋海人)KP00295
価格:820円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)


[以下引用]
もともと少女漫画のファンで、ジュニア時代に趣味で描いていた絵を編集部に持ち込んだのがきっかけといわれているが、多くの漫画家志望者がいる中で、簡単にデビューできるものなのだろうか。

「最近流行している、アイドルのマルチメディア展開≠フ1つでしょうね。これにあっさり乗ってしまう出版社を疑問視する声もありますが、近年は漫画の売り上げが伸び悩んでおり、人気作家の発掘も一朝一夕にはいかない。そこで、知名度が高く、多くのファンを抱えているアイドルを担ぎ出したというわけです。漫画ファンというよりも、キンプリファンに向けた作品ですので、クオリティーが少々低くても大きな問題ではないでしょう。アイドルと出版社はウィンウィン≠フ関係ですよ」(出版業界関係者)

昨年11月28日には、『乃木坂46』の高山一実が『トラペジウム』で小説家デビューしたが、現在までに20万部を超えるベストセラーとなっている。ネット上では「ただのラノベ」「ガンバって書いたんだろうけど、まだまだ」などと、厳しい意見が聞こえてくるが、まさかの大ヒットに関係者はホクホクだという。

トラペジウム
トラペジウム
[関連商品]

「有名作家でも20万部超は難しい数字ですからね。高山自身もマルチな才能をアピールできて、イメージアップになったんじゃないでしょうか。高橋の漫画がどこまで売り上げに寄与するかも注目ですね。8月号からは今作とは別の連載がスタートすることも決定しています。話題になれば、アニメ化なども視野に入ってくるでしょう」(同・関係者)

アイドルの漫画家デビューといえば、古くは1989年に4コマ漫画『のりピーちゃん』を出版した酒井法子や、2010年に漫画連載『まゆゆ童話劇場 2次元しか愛せない』をスタートさせた『AKB48』渡辺麻友、『りぼん』で4コマ漫画を連載中の『欅坂46』長沢菜々香などがいるが、いずれもファンからのウケは上々だった。

※とんでもない値段になってます!

[関連商品]

ネット上では「のりピーもなれたんだから大丈夫」「話題になって雑誌が売れれば、その分、新人発掘や漫画家の原稿料アップにつながるぞ」などと、皮肉めいた声も聞こえてくるが、果たして高橋の漫画がヒット作となるか。今から発売日が楽しみだ。
[まいじつ]

きっと売れるでしょうね。

コツコツと努力して漫画家を目指している人からすれば「やってらんねーよ!」という気持ちもあるでしょうが、高橋くんだって得ばかりしているわけではありません。

月刊誌での定期連載とアイドル業の両立なんて想像できないくらいの努力が必要ですし、名のある雑誌で連載を持つからには低レベルなものを出すわけにいきません。

また、注目されている分だけ辛口の評価は必ずあるはずで、それが耳に入る機会もあるでしょう。

さらに「大変だろうな」と思うのが、作品の本当の評価がイマイチわからないこと。

どんなに結果を出しても、それは「ジャニーズだから」という前提のものになりますから、自分の描いたものが実際にどのくらい評価されてるのか分からないのでは?

岡田准一くんの悩みと同じ種類というか。
 岡田准一がジャニーズの看板を捨てるのは時間の問題か?

でもま、まだそこまで考えるのは気が早すぎですよね。。

高橋くんだって、あくまでジャニタレとしての成功が目標にあるはずで、漫画家デビューが夢だったわけではないはず。

”大人の事情”によって、アイドルとしてまだ何も何遂げてないうちから漫画も描かされることになりましたが、自分の道を見失わず、応援してくれる”キンプリファン”のことを第一に考えて頑張って欲しいです。

※あの大野智に「本格的だな」と言わしめた…
 高橋海人の絵[画像]→ geinou ranking
 高橋海人の絵[画像]→ geinou ranking

Betsucomi(ベツコミ) 2019年 04 月号 [雑誌]
Betsucomi(ベツコミ) 2019年 04 月号
[関連商品]

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
平野君以外はなんかパッとしない。
そこがSMAP、嵐と違う。
キンプリがスーパーアイドルGになるのは厳しそう。
Posted by う〜ん・・・。 at 2019年04月09日 08:37
高橋くんが漫画家デビューするのね
てことは高橋くんはダンスと芸術家キャラでいくのね
ジャニーズってそもそも小説家でも漫画家でもデビューが目的ではなく
根本はキャラ立ちさせるのが目的でしょうから
両立なんて難しいこと言わなくてもいいのでは?
スーパーアイドルGになるためにはメンバー全員がキャラ立ちして
メンバー1人1人が得意分野で活躍できるようになることが不可欠
それが上手くいったのがSMAPと嵐
まSMAPと嵐も最初からキャラ立ち出来てたわけでは無くて
デビューから数年かかって出来たのだから
キンプリもこれからでしょ
今のとこ俳優路線?と芸術路線?の2人がキャラ立ちできたってとこかな??
あとはMC路線?バラエティ―路線?スポーツ?キャスター?
キャラ立ちと簡単には言ってもそもそも皆がキャラ立ちできてれば
どこのGも今頃スーパーアイドルGになってるね
人数が少なくても難しいのに人数が多いとメンバー内でキャラが被りやすいから
人数が多い利点もあるけど全員のキャラ立ちという面では難点かな?
でもキンプリは数年ぶりの人気Gだから事務所もこれから力を入れて1人1人の売り出しにかかるでしょ
とにかくSMAP嵐に次ぐGをつくらなければならないからね
Posted by キャラ立ち at 2019年04月09日 11:35
漫画家の方の苦労話(締切とか原稿落ち)って昔からとても聞くだけに……
この話題作りメリットには贋作ゴースト疑惑デメリットがあるよね
Posted by まぁでも at 2019年04月09日 16:43

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス