ジャニーズカレンダーの売り上げランキングに驚愕の声!3位はなんと… - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

ジャニーズカレンダーの売り上げランキングに驚愕の声!3位はなんと…

2019年度のジャニーズタレントのカレンダーが発売されました。オリコンのサイト上でその売り上げのウィークリーランキング発表されたところ、1位は「King&Prince カレンダー 2019.4→2020.3」が獲得し前評判通りでしたが、3位が意外だと驚きの声が上がっています。

※Hey!Say!JUMPを上回る7.7万部の売り上げ
[以下引用]
3月8日に発売されたジャニーズ事務所公認のカレンダー(19年4月〜20年3月)は、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、ジャニーズWEST、King&Prince、ジャニーズJr.RED、ジャニーズJr.BLUE、関西ジャニーズJr.の全8種類。オリコンランキングでは3位までの発表となっているが、1位に輝いたKing&Princeは7万7,369部を売り上げ、2位の『Hey!Say!JUMP カレンダー 2019.4-2020.3』(光文社)は6万603部、3位は『ジャニーズWEST 2019.4-2020.3』(講談社)で3万6,446部を記録した。
[サイゾーウーマン]

昨年の同ランキングは、JUMPが1位の6万9,695部、2位はKis-My-Ft2の3万4,269部、3位がジャニーズWESTの3万1,657部でした。つまり、ジャニーズWESTは順位は変わっていないものの、昨年より約5000部売り上げが伸びたということです。

キンプリが1位になるのは、昨年のデビューシングル「シンデレラガール」がオリコン週間シングルランキングで57.7万枚のセールスとなり、ジャニーズのデビュー曲としては歴代2位の売り上げとなったことやその後の破竹の勢いを思えば予想できたことです。
 キンプリが嵐超え達成!

JUMPが2位なのも、昨年まで1位だったことを思えば順当ですが、確かに3位にジャニーズWESTが来るとは意外でした。

ジャニーズWEST 2019.4―2020.3 オフィシャルカレンダー (講談社カレンダー)
ジャニーズWEST 2019.4―2020.3 オフィシャルカレンダー (講談社カレンダー)
[関連商品]

キスマイファンの間でも、「WESTより下って、さすがにやばくない!? 売り上げは3万部以下?」「キスマイのカレンダーは、どうしてWESTより順位低いの?」という衝撃の声が上がっているとのこと。

昨年の2位と3位の差はもともと僅かといえば僅かでしたから、ふつうに考えればジャニーズWESTの人気が上がった結果ということでしょう。

とはいえ、単純にジャニーズWEST人気がキスマイを上回った、というわけでもないようです。

[以下引用]
「しかし、CDの売り上げではキスマイがWESTを大きく引き離しています。キスマイの最新シングル『君を大好きだ』(2月6日)は初週29.7万枚を記録し、一方でWESTの『ホメチギリスト/傷だらけの愛』(1月30日)は初週13.8万枚。WESTファンの中には、今回のカレンダー発売について『カレンダー買うべき。売り上げが悪いとカレンダーも発売されなくなっちゃう』と呼びかける声もあり、危機感を持って購入した影響で売り上げが増加したのかもしれませんね」(同)

ジャニーズWESTは、現在レギュラー出演中の『エージェントWEST!』(朝日放送)に加えて、今年1月から月1レギュラーの『ジャニーズWESTの激ハネ!BoooooooRN!』(MBS毎日放送)が始まり、関西ローカルのテレビを中心に活躍の幅を広げている。さらに、4月期は二階堂ふみとKAT-TUN・亀梨和也のW主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)のレギュラーキャストに重岡大毅が抜てきされ、小瀧望も中条あやみ&水川あさみのW主演ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)に出演が決定。同作の主題歌にはジャニーズWESTの「アメノチハレ」が起用されており、今年は関西方面以外でも個々の露出が増え、さらなる人気獲得が見込めそうだ。
[サイゾーウーマン]

キンプリの前にデビューしたのがジャニーズWESTで、明らかに勢いが違いますから、ファンも焦る気持ちがあったかもしれません。

ジャニーズの公式カレンダーは、基本的にはデビュー10周年を機に終了といわれていますが、それは絶対というわけではなく、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞など10年に満たず発売を終えたグループもあります。売り上げがあまりに少ないとそうなるんだと思うので、ジャニーズWESTファンの心配は杞憂ではなかったのかも。

ちなみにHey!Say!JUMPのデビューは2017年ですが、昨年までダントツ1位だったことを思うと、終えるわけにいかなかったんでしょう。

しかし、長年の課題だった世代交代が、やっと進み始めているんじゃないでしょうか。

SMAP解散以降、元TOKIOの山口達也メンバーの事件や関ジャニ∞からの渋谷すばるくん脱退・退所、その後続いた錦戸亮くんの脱退・退所報道、NEWSの未成年飲酒事件、そして嵐の活動休止発表と、マイナス案件続きといわれるジャニーズの中で、プラス案件はキンプリのデビュー直後の大ブレークの兆しのみ。

なんとも辛い状況ではありますが、こういう状況になったからこそ、若手をしっかり押さなければいけないことにもなりましたし、若手の席もできたというものです。

キンプリの盛り上がりは他の若手グループのファンも刺激したでしょうしね。

こうやっていろんな意味で切磋琢磨してそれぞれのグループが伸びていけば、先輩方の抜けた穴を埋めることができるのかも。

※芸能人おもしろ語録
ほっこりしましょう→ geinou ranking
ほっこりしましょう→ geinou ranking

ジャニーズ事務所公認 Kis-My-Ft2カレンダー 2019.4-2020.3 ([カレンダー])
ジャニーズ事務所公認 Kis-My-Ft2カレンダー 2019.4-2020.3 ([カレンダー])
[関連商品]

※元ジャニーズJrのブログはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
関ジャニやKAT-TUNは売り上げよかったけど、後輩グループたくさんでてきたから、カレンダーから卒業したんだよ
売り上げ悪かったみたいな嘘やめて


Posted by 違うでしょ at 2019年03月22日 07:29
3位が予想外!キスマイではなくWESTがランクインに驚愕の声!
でもそれなりに理由はあるのでは・・・
キンプリの1位は誰もが納得
2位のJUMPもFC数や売上からいって順当
で3位がキスマイかと思いきやWESTがランクインてのが予想外とのことのようだが…
確かにトータルのFC数も売り上げもキスマイの方がはるかに多いけど
ただFCの累計数ではなく1年間の増加数だけみると
WESTはキンプリ・嵐・JUMPに次いで4位で年間6.3万人も伸びている
のに対してキスマイは年間3.3万人の増加で9位
WESTはそんなに推されてない割に頑張ってFCを伸ばした結果がカレンダー売り上げにも繋がったのかもしれない
キスマイは昨年派閥問題で活動が少なくなった分
FCも伸び悩んだことがカレンダー売り上げにも影響したのかもしれない
ただ今年は番組も増え活発に活動をしてるので来年の売上は増えるかもしれない
ちなみに昨年一押しされたセクゾのFC増加はキスマイとほぼ変わらず3.4万人でした
Posted by 一因 at 2019年03月22日 11:53
20周年だし、あと2年で活動休止しちゃうし
嵐がカレンダー売ったらえげつない売上になりそう
Posted by 願望 at 2019年03月22日 22:13
キス担ですが、最近カレンダー買ってないなぁ。
キスマイもアラサーでビジュアルも落ち着いてきてるし、ファンの年齢も上がってきてるので、ジャニショの写真やドル誌、カレンダーも吟味して買う人の方が多くなってきてる気がする。
個人担も多いので、自担のビジュアルが良くないと買わないって人もいるしね。
冬コン、チャリティーラジオの募金、オリコン1位死守の闘い、北山くん映画、アルバム&ツアー発表と続いてて、キス担お金使い果たしてる説もある笑
Posted by そろそろ卒業? at 2019年03月23日 14:05

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス