飯島三智の独占インタビューで対抗か!キンプリカレンダーがバカ売れで熾烈さを増す「文春VS新潮」の代理戦争 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

飯島三智の独占インタビューで対抗か!キンプリカレンダーがバカ売れで熾烈さを増す「文春VS新潮」の代理戦争

今月から「King&Prince」来年度カレンダーの予約が始まりましたが、それがヤバイほどバカ売れしているといいます。

その影響で「文春VS新潮」の争いが「ジャニーズVS新しい地図」の代理戦争と化しつつあるそうで、文春サイドは対抗策として飯島スーパーマネージャーの独占インタビュー掲載に動いているとも…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い報告書 (新潮文庫) [ 週刊新潮編集部 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)


[以下引用]
「ジャニーズのカレンダーはとにかく売れます。時節柄の商品ですから、基本的には予約販売という形を取る事が多いので在庫余りの心配もなく刷った分が全て利益になる、出版社にとって“おいしい”商品。その上で人気爆発のキンプリですから。あくまで売り上げベースですが、すでに“約20億は固い”なんて言われています」(出版社関係者)

さすがジャニーズ帝国の底力といったところだが、驚きなのはこの利権を得た出版社が何と、あの週刊新潮の新潮社だということだ。

「毎年のカレンダーはグループごとに各出版社に振り分けられています。いわばジャニーズから各社に対する“口止め料”的な意味合いを兼ねていますよね。それはそうですよ、一般的にはほとんど知られてないジュニアのグループでも億の売り上げは見込めますから。ジャニーズのマスコミをコントロール術の根幹でもあります。しかし、文春や新潮は別だったはず。だから新潮はジャニーズの軍門に下ったと関係者は口を揃えています」(同前)

ここ数年のジャニーズ激震の発端ともいえる“SMAP解散騒動”以降、新潮はどちらかというと事務所寄りの記事を書き、とくにここ最近は引退発表している次期社長候補の滝沢秀明のロングインタビューも掲載するなど、何かと擦り寄っている印象は否めない。

「滝沢は、現トップのジュリー氏とは不仲なはずですから、一概に事務所の言いなりとまでは言えないかもしれませんが、今後はキンプリカレンダーの巨額利益をタテにされることは間違いないでしょう。新潮はジャニーズの新たなスキャンダルは出しにくいでしょうね」(芸能記者)

一方、文春サイドといえば、『AKBで儲けても、AKBを叩きまくる』というスタンスは業界内では有名で、ジャニーズ相手でもあくまで同じスタンスだろう。ここ1年をみると、ジャニーズの因縁の相手である「新しい地図」寄りの立場を取っているようだ。

「ジャニーズ時代の香取慎吾の隠し子報道は記憶に新しい。しかし、新しい地図立ち上げ以降は、萩本欽一と香取の大型対談に何ページも割き驚きましたし、今月末創刊の『週刊文春WOMAN』の表紙絵は香取が担当することで話題を呼んでいる。紙面には稲垣や草なぎも登場する予定で、いまだ数百万人いるという3人の熱狂的ファンの囲い込みを狙っているのかもしれません」(同前)

加えて、こんなウワサも。

「文春もやはり人の子。あの国民的グループのSMAPの解散の引き金を引いたのは、自分達という後ろめたさがあるのかも。それで残党の3人を支援する立場を取っている、という話も聞いています。今後はあの飯島女史の単独インタビューが出るかもしれない。解散から2年経ちますが、彼女の言葉を待っているファン達も多いはずですから……」(夕刊紙記者)
[覚醒ナックルズ]

キンプリのカレンダー売り上げが20億ですか…

それが毎年転がり込んで来ると考えたら、そりゃ、ジャニーズのスキャンダルなんて書けないですよね。。

って、それはマスコミの”魂”を売り飛ばすことを意味しますが、出版不況の現在、背に腹は代えられないといったところ?
 週刊新潮がジャニーズ御用達メディアに仲間入り!

とにかく、そんな感じで新潮が”親ジャニーズ”の立場につけば、ライバルである文春が”反ジャニーズ”の立ち位置を取るのは当然のこと。

今後は両者による代理戦争が活発化していくことは避けられないことでしょう。
 天敵・文春の取り込みに成功した「新しい地図」

ただ、飯島さんはそれほどジャニーズを意識してないと思いますけどね。

こんな噂もありますが、今のところ、新地図の3人は地上波テレビ以外の分野でSMAP時代以上に活躍していますし、ジャニタレとはうまい具合に”棲み分け”ができていますから。

ジュリー&タッキーも、今は「キンプリのブレーク&Jr.黄金時代の再来」という目標を達成することで頭が一杯で、新地図のことなんて眼中にないのでは?

本当の戦いは、その目標が達成されてタッキーが強大な権力を握った時に始まると思いますが、それはまだ少し先のハナシ。

でも、飯島さんの独占インタビューはぜひ実現してほしいですけど。

※一方、世界ではこんな代理戦争も勃発中
 どうですか?→ geinou ranking
 どうですか?→ geinou ranking

週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】
週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間
[関連商品]

※締切は明日です!
ジャニーズタレント人気投票2018

※辞めジャニのSNSはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ



■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
事務所はどのぐらい儲かるんだろう。
一部2500円だから80万部か、まだ売れてるし新潮は完全御用メディア化。
文春の編集長がTVで、親しくても何かあれば記事は書くって。
平野さん、初めは魅力があると思ったけど、今はちょっと。。。
普通にしてればいいのに、サービス精神が旺盛なのか。
Posted by 口封じが20億・・ at 2018年12月30日 11:57
まだ一般には浸透してないと思うけどね。
ブレイクするにしても数年で終わるかそうじゃないかはまだわからんね。
Posted by しわす at 2018年12月30日 20:43
やたら爆売れって印象操作してるけど…
他の方も言われてるけど、一般には全くもって浸透してないよ
一部の人達で盛り上がってるって印象
これからじゃない?本格的にブレイクするかわかるのって
SMAPや嵐みたいに10年同じ立ち位置にいて初めて言えることだと思うけど
Posted by ほんとそれ at 2018年12月31日 02:43
これから先、ジャニーズ内にもタッキー体制になれば好き勝手なことが出来ないのでは?
時代は変わっているので、いざメリジュリ母娘が派閥を作ったとしてもタッキーがいとも簡単に勝ち組になるとは思っている。
飯島さんみたいにはなれないよ、それでもタッキーには生き残って欲しいね(^^♪
Posted by タッキー勝ち組 at 2018年12月31日 14:48

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス