木村拓哉があっという間に山下智久超え!ジャニーズ二人目となる”微博(ウェイボ)”公式アカウント開設で中国ファン大喜び! - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

木村拓哉があっという間に山下智久超え!ジャニーズ二人目となる”微博(ウェイボ)”公式アカウント開設で中国ファン大喜び!

12月22日、キムタクが中国ツイッターとも言われるSNS「Weibo(微博)」の公式アカウントを開設したことで、中華圏のファンたちが大フィーバー状態となっています。

ジャニーズではすでに山Pが同SNSの公式アカウントを開設し、現時点で約47万人のフォロワーを集めていますが、キムタクは開設からたった3日ですでにフォロワーが46万人を突破しており、早々に”山P超え”を果たすのは確実な状況に。

天下のキムタク様にとっては、”人類の奇跡”もそれほど高いハードルではなかったようで…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木村拓哉 公式 生 写真 TK00049
価格:980円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)


[以下引用]
22日夜10時ごろ、突如として出現したこのアカウントでは「大家好! 我是木村拓哉(みんなさんこんにちは! 木村拓哉です)」というメッセージとともに、タキシード姿のキムタクが「みなさんこんばんは、木村拓哉です。微博の公式アカウントを開設しました。ぜひ注目してください」と流暢な中国語を披露する動画も投稿された。

その直後から、微博の検索キーワードランキングに「木村拓哉」の名前が急浮上。フォロワー数は41万人を超え、本人が中国語で投稿した動画はすでに2,343万回再生(25日13時現在)されている。

現地メディアは木村の突然の微博開設に、「ついにジャニーズ事務所が所属タレントのSNSを大々的に解禁したのか」「本格的に中国での活動を開始するのではないか」などと報じ、さまざまな臆測が飛び交っている。

一方、中華圏のファンからは「ついに私のキムタクが微博に! 最高!」「頭おかしくなりそう! ついに中国で活動するのね!」「キムタク、中国語とっても上手でうれしい!」「もう中国で活動している山Pや赤西くんに続いて、キムタクまで来てくれるなんてヤバイ!」といったコメントが続々寄せられている。

SMAP解散から間もなく2年がたとうとするなか、現地メディアが報じているように、キムタクは中国での活動を本格的にスタートさせていく可能性もある。

「『ロングバケーション』や『ラブジェネレーション』『HERO』『プライド』など、キムタク主演のテレビドラマは今でも中国のネット上では人気コンテンツ。日中関係が改善していることもあり、キムタクの絶大な知名度を利用すべく、CMに起用したいという企業や、出演依頼をしたいというテレビ番組は少なくないでしょう。ちなみに“SMAP育ての親”といわれる飯島三智氏が、ジャニーズ事務所を退所したばかりの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の中国進出を画策したこともありましたが、成功しなかったのは、やはり『キムタク抜きなら価値なし』との声が多数派だったからです」(中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏)
[日刊サイゾー]

今回のタイミングでWeiboのアカウントを開設したのは、22日に上海で開催された「G-SHOCK」のイベントにキムタクが登場したのに合わせてのことだったようです。

まあ、中華圏のキムタクファンの方々にとっては、最高のクリスマスプレゼントになって良かったですね。

GRAZIA【中国雑誌】 木村拓哉 表紙 2017年 4月号
GRAZIA【中国雑誌】木村拓哉 表紙 2017年 4月号
[関連商品]

キムタクは今月1日にも、台湾で開催された「ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI」にアンバサダーとして登場し、その翌日には自身の主演ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の発売記念イベントにも出席するなど、中華圏での活動を活発に行っています。

SMAP時代からキムタクは中華圏で絶大な人気を誇っていましたし、来年以降は日本から主軸を移す可能性もあるのでは?

なにしろ、国内ではすでに”裏切り者”としてのイメージが定着してしまいましたし、静香さんの暴走がそれに拍車をかけているという悪循環に陥っています。

ここで一度日本を離れ、海外で活躍することで”逆輸入”みたいな形で凱旋帰国するというのは、戦略的にもアリなのでは?

ただ、そこでも娘・Kokiさんも便乗売り込みとかして欲張っちゃうと、上手く行くものも上手く行かなくなってしまうような気もしますが…


ちなみに冒頭でも触れた通り、山Pのフォロワー数を早くも抜き去ってしまいそうなキムタクですが、Weiboでは100万どころか数千万のフォロワー数なんていうのはザラにあるんですよね。

キムタクのアカウント開設に敏感に反応した知られる台湾の人気歌手・SHOWさん(羅志祥)なんて、フォロワー数が6000万!を有に超えてますから。

さすが日本の10倍以上の人口規模を誇る中華圏だなあ…といった感じですが、キムタクのフォロワー数が飛躍的に伸びたのはSHOWさんのお陰という見方も。

とにかく、キムタクも山Pもフォロワー数的にはまだまだ可愛いものですし、これから中華圏で大ブレークするために事務所もどんどんバックアップしてあげて欲しいところです。

※もう、離婚したら?静香のキムタクに対する仕打ちが…
 あまりにも酷すぎる件→ geinou ranking
 あまりにも酷すぎる件→ geinou ranking

※「KIM-T&YAMA-P」で中華デビューしちゃう?
シネマスクエア vol.102 [山下智久『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』] (HINODE MOOK 516)
シネマスクエア vol.102 [山下智久『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』]
[関連商品]

※トップは熾烈な争い!
ジャニーズタレント人気投票2018

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ



■関連ニュース
キムタク長女・木村心美が芸能界デビューへ!
キムタクが「鉄腕DASH」の「0円食堂」に出演!千葉県香取市で…
「ちょ、待てよ!」解禁&SMAP隠しネタ満載!

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
日本人ヲタが多いんじゃないの。
Posted by SNS at 2018年12月27日 09:53
新しい地図の活動見たら中国への進出考えてたなんて全然思えないけどね。噂だけだったんでしょ。中国進出するのはキムタクだったんだね。娘も中国の雑誌の表紙になったんでしょ。頑張って(苦笑)
ジャニーズもフシギな事務所だね。
Posted by わからない at 2018年12月27日 14:50
毎回さりげなく嫌味を言う管理人
飯島が文春にジャニーズスキャンダル売ってる記事は考察しないの?
Posted by 規制 at 2018年12月27日 15:03
>規制さん
>
>毎回さりげなく嫌味を言う管理人
>飯島が文春にジャニーズスキャンダル売ってる記事は考察しないの?

すごいですね。
興味深い記事を教えていただきありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2018年12月27日 15:37
あ!これも取り上げて欲しい。
まいじつの記事

衝撃…『SMAP』解散の黒幕は“Iマネジャーだった説”が急浮上!ってやつ

大変興味深いものでした。
Posted by こっちのほうがしっくりくる at 2018年12月27日 16:48
中国に個人情報全部抜き取られるんですが良いのですかねぇ…。
Posted by やれやれ at 2018年12月27日 19:31
キムタク、イギリスのドラマに出るみたいだけど。
ハリウッド進出をかなり綿密に計画してたのに、娘のために断念みたい。
前から平岳大もイギリスに行ってるけど関係あるのかな。
Posted by 文春 at 2018年12月27日 20:34
新しい地図は、山Pより早くキムタクと同じ中国のSNSやってるよ。
フォロワー数  新しい地図   約5600人 
        キムタク   約500000人
Posted by 新しい地図のSNS at 2018年12月27日 23:13
新図のは知らなかった。
ファーウェイのこと聞くと、中国のネットは閲覧だけでも怖いかも。
Posted by 新浪微博 at 2018年12月28日 09:52
山下とは格の違いを見せつけてほしい
Posted by 我是 at 2018年12月28日 14:15
メディアでは”落ち目のキムタクの逃げ場”とあるけどキムタクだとそれどころか、自分に出来ることをやっているだけじゃないの?
フォロワー数だけで差をつけるのは可哀相だよ!
Posted by フォロワー数にこだわるな! at 2018年12月28日 15:20
中国の人たちはキムのアイスホッケー流血事故は知らなさそう。中国でもそのうち嫌われそうだが。
Posted by プライド at 2018年12月29日 07:52

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス