平野紫耀がボイメン時代を必死に否定!一方、ユニバーサル内ではキンプリとの共演待望論も浮上中 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

平野紫耀がボイメン時代を必死に否定!一方、ユニバーサル内ではキンプリとの共演待望論も浮上中

デビューが決まったKing&Prince(通称:キンプリ)のメンバーである平野紫耀くんの経歴に注目が集まっています。平野くんは2012年にジャニーズに入所するまで、名古屋のご当地男性アイドルグループ・BOYS AND MEN(通称:ボイメン)の一員だったことは知られていますが、本人は「同姓同名の他人」として必死に否定しているそうで…

※見つかっちゃった。

[以下引用]
「ジャニーズのグループとボイメンは、同じイケメンアイドル集団とあって業界では対立関係にあると言え、16年8月、Kis‐My‐Ft2のシングル『Sha la la☆Summer Time』が、同日発売であるボイメンのシングル『YAMATO☆Dancing』に初日売り上げで負けてからは、双方のファン同士も火花を散らすように。『ジャニーズVSボイメン』の構図がより浮き彫りになりました」(スポーツ紙記者)

今回、King&Princeはジャニーズとユニバーサルミュージックがタッグを組んだ新レーベル・Johnnys’Universeからデビューすることが決まったが、実はボイメンもユニバーサルで活動している。

「これは運命のイタズラとしか思えないですね。平野はボイメンを捨ててジャニーズに入所した身であり、またボイメンがジャニーズから敵視されていることも理解しているでしょうから、本人は気まずい思いをしていそう。一方、ユニバーサル内では現在、『いつかKing&Princeとボイメンで共演できないか』といった、待望論も持ち上がっています」(同)

ところが、そんなユニバーサルの思惑も「実現の可能性は低い」と言われているようだ。その理由は、当の平野自身にあるという。

「平野は、周囲からボイメン時代について聞かれると『違います』『同姓同名の別人です』などと、誰もが知る事実にもかかわらず、ボイメンに在籍していなかったと嘘をつくそうなんです。本人が当時を“黒歴史”扱いしているのか、ジャニーズの指示によるものなのかわかりませんが……。ボイメンの公式ブログをさかのぼると、11年1月27日付の投稿に平野の画像と本人の誕生日の日付まで残っているだけに、少なくとも過去を偽るのはボイメン側の意向ではないでしょう」(音楽誌編集者)
[サイゾーウーマン]

なるほど、そうですか…

ジャニーズといえば、かつてはSMAPの森くんを「いなかったこと」にした黒歴史もありますし、なんとかなると思ってるのかな?

ですが、ネットが発達した現在では過去の事実を隠し通すことは不可能。

平野くんがボイメンにいたことはWikipediaにも書かれていることですから、必死に否定すればするほど“裏”を勘繰られて、あることないこと書かれちゃうかもしれません。

※ボイメン時代のかわいい姿
 動画→ geinou ranking
 動画→ geinou ranking

[スポンサーリンク]



それにしても、キンプリのデビューに関しては悲喜交交様々な声が飛び交ってますね。

今回はJohnnys’Universeからの“第一弾デビュー”とオリコンが報じたことで、Jr.ファンの間では「もしかして、近いうちに第二弾、第三弾があるかも?」という期待の声もあるようです。

ただのタイプミスのような気がしますが、もしかするとHiHi Jetや東京B少年はまだ若いので可能性はあるかもしれません。

ですが、早くても東京オリンピックが終わってからなのでは?

また、平均年齢が20歳を越えているSnow ManやSixTONESなどは「かなり絶望的」という意見が多く見られます。

それぞれグループとしてのパフォーマンスレベルはとても高いので、ふぉ〜ゆ〜のようにCDデビューを経ずにJr.卒業という形が現実的のような。

とにかく、今はキンプリをどうやって売り込んでいくかで事務所は大忙しでしょうから、他のグループのデビューなんてありえないでしょう。

最近はボイメンも全国展開を本格的に始めていて、それなりの成果を上げつつありますし、立場逆転されないように頑張って欲しいところです。

ボイメンWalke ([バラエティ]) -
ボイメンWalke ([バラエティ]) -
[関連商品]

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
第二弾は、山下くんではないでしょうか?
前所属のワーナーとは1年以上前に契約終了しているみたいですし。そのためか、2016年のコンサートツアーのDVDも、収録したのにリリースされていません。いつもは、ワーナーの社長からお花がきていたのに、届いていませんでしたし。
2017年は、亀と山Pで曲出していますが、KAT−TUNのレーベルからでした。
なので、今後山下くんが音楽活動していくうえで、レコード会社と契約しなくてはならないとしたら、ユニバーサルなのかな?
ワーナーからユニバーサルに移籍って、どうなのかな?という疑問もありますが、状況的にワーナーと再契約はありえませんしw
Posted by ゆみこねえさん at 2018年01月22日 12:57
>誰もが知る事実にもかかわらず、ボイメンに在籍していなかったと嘘をつく

ヒッドイ話ですね。知っている人は知っているんだし、デビューしていきなり世間に嘘つくなんてw通用しない時代ですよ。事務所がそうさせているなら、やっぱり時代遅れ、勘違いしてますねぇ。
Posted by sora at 2018年01月22日 18:36

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス
男の為の恋愛