ジャニーズ主演映画の興行成績ではっきりした勝ち組と負け組。今後も俳優として成功しそうなのは岡田准一と大野智? - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

ジャニーズ主演映画の興行成績ではっきりした勝ち組と負け組。今後も俳優として成功しそうなのは岡田准一と大野智?

ジャニーズの映画俳優のなかで、勝ち組と負け組がハッキリしてきた…そんな記事をご紹介します。
 → ranking

※こんなグッズもありました。
映画 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 グッズ チャームコレクションA 嵐 二宮和也 -
映画 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 グッズ チャームコレクション
[関連商品]

[以下引用]
ジャニーズの目論見としては、各映画賞の総なめ。特に、キムタクか嵐の誰かに取らせたかったのですが、その目論見は見事に外れてしまいました」(映画業界関係者)

今年は例年にないほど、ジャニーズ事務所所属タレントの主演映画がたくさん公開された。

GWには元SMAPの木村拓哉主演の「無限の住人」、V6の岡田准一主演の「追憶」が立て続けに、7月には嵐の大野智主演の「忍びの国」、8月には岡田主演の「関ヶ原」が、10月に入り松本潤主演の「ナラタージュ」と生田斗真主演の「先生!、、、好きになってもいいですか?」が、そして、今月3日から二宮和也主演の「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」が、それぞれ公開された。

「木村、岡田、大野の作品は時代劇、10月以降の3作品は恋愛もの、岡田『追憶』は刑事もので、きっちりと公開時期やジャンルのすみ分けをしていた。賞レース席巻に向けての戦略は、万全かと思われていたのだが…」(映画ライター)

ところが、木村が史上かつてないほどの大々的なプロモーションを行って、先陣を切った「無限の住人」が思わぬ不入り。

続く、岡田の2作品、そして、大野の作品はそれなりにヒットしたが、松本、生田の作品がこれまた思わぬ不入り。二宮の作品も公開初週の興行ランキングがふるわなかったのだ。「結局、稼いだ興収のランキングは大野の『忍びの国』、岡田の『関ヶ原』、『追憶』がトップ3で、大野は30億円ほど、岡田は2作で50億円ほど稼いだ。木村は10億円に届かず、ほかの3作品は10億円超えるかどうか微妙なところ。ジャニーズの幹部は、まさかこんな事態になるとは思いもしなかっただろう」(芸能記者)

賞レースに絡むのは勝ち組になった岡田と大野のみになりそうだ。
[リアルライブ]

ということですが、数字がちょっと正しくないところがありますね。

最新の情報によると、引用にある映画は以下のような状況になってます。
※情報元によって多少の変動はあります。

忍びの国:約24.5億
関ヶ原:約23.5億
追憶:約11億
ナラタージュ:約11億
無限の住人:約9.5億
先生!:約3.6億
ラストレシピ:約2.9億

斗真くんとニノの映画はまだまだ伸びると思いますが、現時点では10億に届くかどうか厳しいところ。

そう考えると、大野くんと岡田くんが“勝ち組”という理屈も分からなくはないですが、映画がヒットするかどうかは主演のキャスティング以上にストーリーが面白いかどうかが重要です。

恋愛小説や少女漫画が原作のラブストーリーの実写版は、どうしても視聴者層が限定されてしまうので数字的に厳しいと思います。

亀梨くん主演「PとJK」や伊野尾くん主演「ピーチガール」なんて、もはや興収に触れるのはNGみたいな雰囲気になってますし、中島裕翔くん主演「僕らのごはんは明日で待ってる」や佐藤勝利くん主演「ハルチカ」なんて、ファン以外は公開されたことすら知らない人も多いのでは?

※興収85億。例外もあります。
世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション [DVD] -
世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション [DVD]
[関連商品]

一方、誰もが知ってる戦国武将やエンタメアクションは、老若男女&家族揃って観やすいということもあって、数字的には有利でしょう。

※こちらも、例外。
無限の住人 [DVD] -
無限の住人 [DVD] -
[関連商品]

なので、事務所が「どういった作品を選ぶのか?」という意味で見ると、必ずしも全てのタレントに映画界での大成功を求めてるわけではなく、各タレントの“本業”にプラスになるように考慮している面はあると思います。

世間の評価は別としても、事務所内では単純に数字の高低だけで「こいつは負け組だから映画俳優は失格ね」とはならないんじゃないかなあと。

とはいいつつ、やはり映画がヒットするに越したことはないですし、期待はずれの数字を連発すればヤバイでしょうけど。

今年の映画では「無限の住人」はやはり周囲の期待の大きさを考えると大コケと言われても仕方ないですし、「ラストレシピ」も内容的には良作なだけに口コミで収益を伸ばす可能性はあるものの、このままではちょっと残念ではあります。

でもま、とりあえず日本映画全体が低調気味な中にあって、10年前とは違って20億を突破すればヒット、30億なら大ヒットと呼ばれるわけです。

今年最後の大注目作品として、来月には山田涼介くん主演「鋼の錬金術師」が控えていますが、ぜひともそこを達成して欲しいですね。

※こちらもどうぞ。
山田涼介主演「もみ消して冬」はジャニーズ流炎上商法?

『鋼の錬金術師』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ) -
『鋼の錬金術師』映画前売券(一般券)
[関連商品]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

■最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

スポンサーリンク







この記事へのコメント
観る人が限られる恋愛映画はそもそも不利だけど、ナラタージュは11億越えてるので大したもんだと思う。
Posted by a at 2017年11月11日 23:08
ポジティブねw
Posted by 考え方次第か at 2017年11月12日 09:13
PとJKは9億5千万前後で10億届くか
微妙なライン。
年齢層限られたスイーツ映画にしては
検討したのでは?
ピーチガールは6億後半〜7億。

ハルチカが2億前後。
僕らのごはんは不明。
心が叫びたがってるんだも2億前後。

確かに酷いかも。

忍びの国は面白かったよ。
Posted by p at 2017年11月13日 11:01
亀梨君主演のPとJKは10億ごえしてるし松竹系で時間や館数が不利なか検討して松竹もちゃんと10億ごえと発表してるけど

記事元がリアルライブって本当にいいかげんなんだね
Posted by n at 2017年11月13日 12:27
夏休み興行のエンタメ作品と閑散期の恋愛物を単純に横一列に並べて比べてる時点で、、、
Posted by A at 2017年11月13日 18:56
TVのドラマどころか、映画もLDHや他社の若手イケメンがバンバン主演して、何十億って興収だしているしね。ジャニーズ事務所も指をくわえて見ているって状況じゃあないでしょう。
ただ映画は主演俳優の力だけでお客を呼べるわけじゃない。
ファンも勘違いしないほうが良い。
Posted by すー at 2017年11月14日 06:40
今週ラストレシピは5位。
Posted by q at 2017年11月14日 08:31
ジャニーズ主演映画
歴代ワースト 香取慎吾の「こち亀」だそうです。
Posted by ワースト at 2017年11月15日 09:30
興行ばかりが話に上るけど、製作費との関係が大事です。興行30億でも製作費70億では赤字ですからね。なんでそこに考えが及ばないんだろう。
時代劇はラブストーリーに比べて製作費かかってそうなんだけど。。どうでしょう。
Posted by ネット at 2017年11月15日 09:38
間違ってるよ。中島さんとか、もっと低いのあるし。たくさんあるでしょう。
Posted by こち亀 at 2017年11月15日 14:13
関ヶ原も忍びの国も制作サイドからおおよその製作費が出されていますよ
Posted by 製作費 at 2017年11月15日 21:00

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス
男の為の恋愛