木村拓哉が主演の意地を見せた!二宮和也との共演で注目を集める「検察側の罪人」撮影現場でのエピソード - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

木村拓哉が主演の意地を見せた!二宮和也との共演で注目を集める「検察側の罪人」撮影現場でのエピソード

先日クランクインしたばかりのキムタク主演映画「検察側の罪人」の撮影エピソードをご紹介します。共演のニノとは一緒にご飯を食べに行ったり、とても仲良くやってるようです。


[以下引用]
7月下旬、都内を走る首都高速道路高架下の空き地に、来年公開予定の映画『検察側の罪人』ロケに臨む木村拓哉の姿があった。この日は珍しく気温30度を下回ったが、猛暑の中で連日スーツを着込んでいる彼にとって、例年以上に熱い夏になりそうだ。

「木村さんは東京地検を舞台にエリート検事を演じます。フジテレビ系『HERO』シリーズで、カジュアルな型破り検事を演じましたが、今回は常に眉間にしわを寄せているようなお堅い役柄。場はピリッとした空気に包まれています」(映画雑誌編集者)

共演に嵐の二宮和也、ヒロイン役として吉高由里子が出演。ほかにも松重豊や山ア努、八嶋智人、高架下ロケに参加した平岳大ら演技派が脇を固める。そんな豪華キャストの中でも、話題の中心にいるのが二宮だ。

「かつてSMAPのI元マネージャー、嵐を受け持つJ副社長と、“派閥”があったとされた彼らが対面するのはNHK紅白くらい。またキムタクは、中居正広とは違いジャニー喜多川社長の誕生日会にも出席していなかったことから、嵐メンバーとは交流はなかったはず。まさに“初共演”です」(スポーツ紙記者)

検察側の罪人 -
検察側の罪人 -
[関連商品]

5月末から6月にかけて出演者、監督やスタッフとの顔合わせが行われ、2人も挨拶を交わしたようだ。

恐縮しきりの二宮さんに、木村さんは“久しぶり。よろしく”とやさしく声をかけたようです。俳優として実績のある二宮さんだけに“安心できるね”と、べた褒めしていたと」(映画配給会社関係者)

この“世紀の共演”が発表されたとき、一部で2人の関係をいぶかしむ声も聞こえていた。というのも、

「映画『無限の住人』の初週動員数が明らかになった直後の情報解禁だったからです。お世辞にも好発進とはいかなかっただけに、より大きなニュースをかぶせて話題を逸らせたのでは、と。また人気凋落とされているキムタクだけに、“ニノのバーターでは”と揶揄される始末で」(芸能レポーター)

ストーリーにしても、木村と若手検事役の二宮が対立する内容で、どちらかというと二宮が木村をただす役にもとれるという。やはり、“二宮の映画に木村”なのだろうか。

「いえ、昨年末の時点で木村さんありきの主演映画の製作がすでに企画されていたといいます。あくまで一番手は木村さんですよ。解禁は当初、クランクインに合わせた7月を予定していたとも聞いています。そして『無限の住人』はあくまで“Iさん案件”で、『検察側の罪人』がJ副社長の初めて携わる木村さん主演映画という扱いだとも。製作にも名前を連ねるみたいですね」(芸能プロ関係者)
[週刊女性PRIME]

[スポンサーリンク]

飯島さんもジュリーさんもそうですけど、マネージャーや副社長が所属タレントの主演映画で制作に名前を出すのって、芸能界では一般的なことなんでしょうか?

正直、絶大な権力を持った"素人”がしゃしゃり出てくるのは作品にとって良くないと思いますし、現場でも相当ウザがられてるんだろうなあ…

※2017年消えて欲しい芸能人
 当たってる?→ geinou ranking
 当たってる?→ geinou ranking

※なんたって、製作総指揮・飯島三智ですよ。。
SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】 -
SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション【DVD】
[関連商品]

というのは置いといて、「検察側の罪人」についてはちょっと前にサゲ記事が出てましたけど、アンチジャニーズ代表の週女さんは普通のアゲ記事を出してきましたね。
 棒読みの木村拓哉に失笑モノの二宮和也

記事によると、撮影現場でスタッフたちを引っ張っていたのはまぎれもなくキムタクで、本番ではピリピリした緊張感を醸し出しつつ、ひとたびカットがかかると「フニャ」っと表情を崩して人懐っこい笑顔で場を盛り上げていたそう。

また、この日はニノは不在だったそうですが、二人の撮影が重なった時はキムタクの方から「飯行くぞ!」とニノを誘っているそうですから、やはりあくまでもキムタクの単独主演という形で進めているようです。

原作ではキムタクとニノの二人の視点が交互に入れ替わってストーリーが進んでいくので、忠実に再現するならW主演という形の方が合っていると思うんですけど、その辺は脚本が変更されるのかな?

まあ、2時間の映画に収めるためには止むを得ないと思いますし、原作の魅力が損なわなければいいとは思うんですが…

ニノの相棒役であるヒロイン・吉高由里子さんは、主人公のキムタクとはほとんど絡まない役なのが心配というか。

どちらかというと、主人公の娘役の方が良かったかも?

アミューズさんが「もっと主役に絡ませろ!」とムチャ要求して、なんだか変なことにならなければいいんですけど。

ということで、まだクランクインしたばかりなのに大きな注目を集めている「検察側の罪人」。

これからもいろんな“キムニノエピソード”が生まれてくることを楽しみにしたいです。

[スポンサーリンク]

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

Johnny's Watcher 管理人のつぶやき

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
まず、殆どのニノ担は主役にそこまで拘ってない。わざわざ念を押さなくても。(笑) 
ただ、何しろ原作のあのカラーを損なわぬよう、それだけはお願いしたい。どちらが目立ちすぎても違うような。まあそこは原田監督の腕に頼るしか。

食事もだけど、ラインや誕プレと周りの心配をよそに2人は親交を深めてる。ニノが言う男気な木村先輩と甘え上手なニノ、意外と合う2人かも。加えて吉高とニノはファンも多い人気のコンビ。色んな意味で彼女で正解。
他の共演者の方々見ても原田監督勝負に出たなって(笑) 個人的には一番楽しみな映画。
Posted by 次から次へ‥ ほんとご苦労様! at 2017年08月02日 18:12
俺様キャラ全開 迷惑してる人いる
Posted by イイワネ仕事があって 元の仲間は苦労してるのに at 2017年08月02日 18:18
事務所はキムタク下げてニノ上げにもってく戦略ですか(笑)。
それにしても一部の二宮ヲタの上から目線には呆れますね。事務所の金と権力で受賞させてもらったアカデミー賞を、実力と勘違いしてるのは哀れでしかないね。二宮が評価されてたのは若い年齢での演技だったからで、もう息子役の年齢ではないし、今となっては何の使い道もない。現に先生役など大ゴケしたし。ちんちくりんなので結局は昭和ものなどの役しか出来ない。演技どうこうよりも、何より主役級の華が無いのは致命的。
Posted by 二宮ヲタには呆れる at 2017年08月03日 22:36
ちんちくりんなので結局は昭和ものなどの役しか出来ない。
これ V6岡田にも言えることだと思うけど、この人の記事にも書くのかな?
Posted by @ at 2017年08月04日 07:38
別に何言われてもいい。華がなくこれだけ指名が続けば寧ろ凄い事。二宮やそのヲタにどんな恨みがあるかは知らないけど会った事ない芸能人をよくそこまで貶せるね〜。親でも殺されたの?どうせこんな所にくるのはどこかのヲタクだろうし、日アカにネチネチ拘るのはまあジャニヲタだろう。二宮は昭和もの戦争ものだけではなく、GANTZや暗殺教室などの漫画実写もやってきた。GANTZは原作者自ら二宮を指名。くらの役はビジュ含め二宮にしかできないと。知らないなら二宮語らないでほしい。上から目線はお互い様。あなたのコメントもだいぶ上からよ。

嫌いなら見なきゃいい。関わらなきゃいい。
ちんちくりんって人を馬鹿にする奴に関わってほしくもないわw
Posted by 二宮ヲタだけど… at 2017年08月04日 17:05
よっぽど面白く思わない人がいるんだね。ここにも。これ言えばまたああだこうだ難癖付けてくるんだろうけど… 要は日アカキネマのW受賞って事。長い歴史の中でも15人程しかいないWでの受賞。勿論ジャニでは1人。
事務所は彼だけに金と権力を使ったって事?
それ、ご自分で言ってて恥ずかしくないですか?

二宮君は確かに童顔だし華奢。でも長きに渡った少年期を終えもう次に進んでるよ。現に11月公開映画は年相応の役。それも時代は平成。予告での彼はどうみても渋い大人の男。来年の映画も現代。童顔で25〜6にしか見えない30そこそこの若手検事役。2作品共昭和ものでもないし渋くも若くもなれますが。

赤めだかも坊っちゃんも彼の芝居が生きてた。赤めだかに関してはこれまた偉大な賞をWで受賞もしてる。彼の全てを端っから認めようともせず悉くケチ付けてばかりの人に二宮ヲタ云々言う資格ある?今となっては使い道がないってあなたが言う二宮君はここずっと大御所からの指名が続いてる。嵐でも彼くらいじゃない?

Posted by 昭和もの? at 2017年08月04日 19:00
言いたい奴には言わせとけば?
どうせ自担に満足できないジャニヲタだろ。
現実は正解。待機作が2作品もある。その内一つを今正に撮影中。それが現実。それを使い道ないって言うなら… 全くオファーきてない奴はどうなるんだよ。

検察側の罪人、原作本のカバーめちゃくちゃ2人に寄せてきてる。どうみてもたっくんとニノ。ますます映画が楽しみ。でも今年も来年もジャニーズって他にも映画あるはずよね?そっちの方も話題にしてやれや。妬まれでもしたらたまったもんじゃないわ。
Posted by 来年が待ち遠しい at 2017年08月04日 19:53
ウケた!爆笑!
確かに、岡田君もそうだね。しょうがないよ。ジャニーズだもん。175cm超えるとアウトなんでしょ。最近の若い役者さんて大きい人多いから、見栄え悪いよね。同級生って設定なのに、親子?って位の身長差で、残念でした。でも、安心して。キムタク、公称よりずっと小さいから。
Posted by ちんちくりん at 2017年08月04日 20:03
突如始まったネガキャン祭り。これのどこがニノ上げよ。芝居がどうとか思いっきり下げられてんのに。上から目線がどうとか言ってるけどご自分のちんちくりんはいい訳?確かそれ差別用語よ。日アカもいつの話してんだか。事務所が金と権力で物言わしてんなら殆どのジャニタレが取れてるわw 評価されてたのは若い時だけ?えっ普通に2年前W受賞してますが。息子役もどうとか、堺雅人が今年吉永小百合の息子役するの知らないの?息子役に年齢は関係ない。たった一回の一桁ドラマもネチネチと。何作もあるクールトップは見て見ぬ振りですか。ちんちくりんだから昭和ものばっか?あなた叩くんなら調べるくらいしたら?現代ものでも少年青年やってるし、時代劇やら近未来やら戦争ものに漫画実写、声優仕事に障害者まで今まで色んな役やってるわ。次の映画もどちらも現代よ。

上から目線ついでに、必死になって人を叩くよりご自分の好きな人を応援でもしたら?その方がよっぽど健康的よ。
Posted by 二宮ヲタには呆れるさんに呆れる。 at 2017年08月04日 21:40
正直、木村さん=とっつきにくい、という先入観があった者ですが
たまたま昨晩のワッツでニノの話題が出てきてイメージが覆されましたね。
地味に藤ヶ谷さんやえびの名前も挙がってたし(笑)
いい化学反応に期待しています。

まあまずニノはラストレシピですが(笑)
Posted by 匿名希望 at 2017年08月05日 06:02
私も、正直今まで苦手だった。
でも自担と共演を機にラジオも聞くように。
印象がガラッと変わった。

ここ数日嫌なネット記事に悩まされ…
でもそれをあんなハッキリ否定してくれた。
ドン引きって女優はその場にいなかったとも。どんだけ雑な嘘な訳?

やっぱり実際自分で見て聞いたものは強い。
最後に、ちんちくりんっていくら貶しても本人らには届かないしファンも痛くも痒くもありませんよ。(多分同じ人の連打かと)

芸能界見渡しても身長あったって必ずしも人気や需要に繋がるとは限らない。まして岡田二宮の2人は正に今オファー多き人気俳優。
ジャニーズでもトップレベルな需要では?

余程嫉妬の気持ちがおありなのねって思われるのがオチかと。 
Posted by 木村くん at 2017年08月05日 10:34
公開処刑謝罪を彷彿させる。仰々しくて何ともわざとらしいやらせっぽい。こんなあざといやり方しかできない人種なのかと思うレベル(ジュリ工藤主導?)
再度キムタク下げしてるの学習できない?
下手したらバーター以下、身の程わきまえるのが当然なのに操られてオレ様化石。
誰の何のための顕示欲?卑しい便乗踏み台?くだらない浅ましい物悲しい有り様。
Posted by 残念な人 at 2017年08月05日 18:16
木村拓哉に続き原田監督も連日のネット記事をバッサリ否定。余りの嘘八百にかなりご立腹なご様子。

2人で笑いあってた(木村談)
2人の芝居に毎日感動させられる(監督談)
これらが真実だろうね。

華がない、明らかに人気.需要が備わってる人に言うは余りにお門違い。身長うんぬんも、高身長で似たような役者が多い中、寧ろあの華奢さは彼の一つの個性ととれる。現にここまで指名が多いのが何よりの証拠では。

平気で嘘かく馬鹿な記者に一刀両断のさばきを。平気で頑張ってる人を貶す嫉妬の塊な奴らに天罰を。 なんてね(笑)
Posted by むしろ逆では? at 2017年08月06日 11:48

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス
男の為の恋愛