松本潤の越権行為を美談仕立てにして垂れ流すマスコミ。ジャニーズドラマ制作現場は完全に力関係が逆転しているようで… - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

松本潤の越権行為を美談仕立てにして垂れ流すマスコミ。ジャニーズドラマ制作現場は完全に力関係が逆転しているようで…

TBSの日曜劇場「99.9−刑事専門弁護士−」で主演を務める松潤の気遣いに対し、各メディアはべた褒め記事を連発して垂れ流しています。しかし、その中にはジャニーズドラマの制作現場で起きている“見逃せない越権行為”も見え隠れしているようで、一部関係者からは「これはいくらなんでもやり過ぎだろ!」との声も上がっています。

※最新の楽天ランキングではセカムズに僅差で負けて2位。

以前から、ドラマ制作に懸けるアツい姿勢が報じられてきたマツジュン。
 「調子に乗りすぎ」演出家気取りの松本潤に賛否両論

公式Twitterでは、クライマックスシーンのセリフについて一週間にわたって熱い議論が交わされ、松潤はそこでのやり取りを台本に手書きで記録し、6月15日にはその内容をパソコンで台本形式に清書してきたことを明かした上で、「気遣いができるところが、松本潤である所以なんだな」とべた褒め。

このエピソードに対し、視聴者からは「感動した」という声も数多く寄せられているようですが、こういった風潮に批判的な意見もあるようです。

[以下引用]
「つまり松本は、クライマックスシーンの『決定稿』を勝手に作ってきたわけですよね。これは美談でもなんでもなく、制作陣の仕事を松本が奪ったことになります。そもそも『決定稿』に責任を持つのは出演者ではなく、プロデューサーや演出家の役目。普通なら『監督気取りか!?』と怒鳴られてもおかしくないところですよ」(テレビ誌ライター)

※ボクはそれで、仕事を失いました。
連続ドラマW 株価暴落 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 織田裕二 ] - 楽天ブックス
連続ドラマW 株価暴落 Blu-ray BOX 織田裕二

しかも全員で打ち合わせた内容を清書したのならまだしも、松本は「いろいろ考えて書き直した」とさえ語っていたというのだ。つまり松本自身が脚本を書いているのも同然で、これぞ越権行為の極みだろう。

「この一連のエピソードは、ジャニーズ主演ドラマでは制作サイドよりもジャニーズ側の意向が優先されるという格好の証拠ですね。さらに問題なのは、このエピソードを美談に仕立てていること。客観的に見ればおかしな話なのに、そうとは感じないほどに感覚が麻痺しているのであれば、制作サイドの主体性のなさに驚くほかありません」(前同)

いくら視聴率がジャニーズ頼みとは言え、制作の実権すらも手放すようでは、ドラマ制作の現場はもはやジャニーズの下請けと化してしまっているのかもしれない。
[アサジョ]

個人的には、いかにも松潤らしい行動だと思いましたけどね。

まあ、越権行為と言われればそうなんでしょうけど、ドラマに限らず、松潤が監督や演出家として振る舞うのはいつものことですし、ドラマの制作陣もその辺りは分かった上で主演に起用したのでは?

そして、数字という結果が出ているからこそ、そういった松潤のでしゃばり…じゃなくて、努力を好意的に受け止めて、美談エピソードとして紹介しているんだと思います。

もし、これで結果が伴っていなければ、さすがに松潤もここまで調子に乗ってやりたい放題は出来なかったはず。


それに、「ジャニーズ主演ドラマでは制作サイドよりもジャニーズ側の意向が優先されるという格好の証拠」ともありますが、これはジャニーズに限ったことではないです。

キャスティングから脚本、演出、主題歌など、バーニングやアミューズ、ホリプロといった大手芸能プロの都合に振り回されているのが現実。

ジュリーさんだって、キムタク主演のドラマや映画で“越権行為”どころか“絶対君主”のように振る舞ってきた飯島さんの真似をしてるだけ。

もちろん、そういった現状を改めないと面白いドラマは生まれてこないと思いますし、それが視聴者のドラマ離れを招けば、結果的に役者さんたちの仕事を減らすことにもなっちゃうと思います。

※今、連ドラが当然のように放送されてるのも、先人たちのおかげ。
名作ドラマBDシリーズ 俺たちは天使だ!  Blu-ray-BOX(3枚組 全20話収録) -
名作ドラマBDシリーズ 俺たちは天使だ!
[関連商品]

とまあ、なんだか松潤の話題からずいぶんと逸れてしまいましたが、とにかく共演者からの好感度がとても高いのは事実のよう。

バラエティ番組などでもお馴染みのプロレスラー・真壁刀義さんは、17日に行われたトークショーで「松潤はいいヤツなの。男のオレでもかっこいいなと思う。サインしてもらおうかと思った。撮影現場でも気を遣える人。話しかけてくれて、フレンドリーだった。本当に腰が低くて、フレンドリーだな」と大絶賛。

※最終回に出演するそうです。
真壁刀義―Thank youな! -
真壁刀義―Thank youな!
[関連商品]

さらには、次のようなエピソードも。

[以下引用]
クランクインから、およそ4か月。現場は、指揮を執った松本を中心に、つねに笑いであふれていたという。特に、初共演となった香川照之とは、プライベートも一緒に過ごし、急速に距離を縮めた。そして生まれたのが“松本ナポレオン超え伝説”だ。

松本は撮影期間中、とにかく寝なかった。2人はドラマ撮影の入り時間の20分前まで一緒にいることもあった。つまり、徹夜だ。そんな状態でも松本は、現場で仮眠や居眠りすることがまったくなく、そのテンションのまま、ハードで長い一日を終えた。そんな松本に香川が名づけたのが「ナポレオン超え」。「1日3時間の睡眠だった」といわれるナポレオンに松本を重ねたのだ。

香川と同じく、ラーメンズ・片桐仁も松本と初共演。片桐は松本の10歳上なので、最初は礼儀正しく敬語を使われた。だが、慣れ親しんでからは、片桐の言葉を「聞こえない」で返すコントを仕掛けられ、そのツンデレ加減を楽しんだ。

そんなある夜、キャストだけで食事に行く機会があった。しかし、片桐は仕事の都合で1次会の寿司店に行けず、2次会からの参加となった。その際、「明石さん(片桐の役名)だけおいしいお寿司を食べられないねぇ」と嫌味たっぷりにイジってきた松本だったが、いざ2次会のバーで合流すると、紙袋を持ってきた。「はい」と手渡された紙袋に入っていたのは、寿司屋のちらし寿司。ほかのキャストに内緒で、松本はこっそり片桐の分を作ってもらっていたのだ。
[リアルライブ]

ということで、皆から愛されてる松潤。

この調子で結果を積み重ねていけば、キムタクのポジションまで上り詰めるのも時間の問題かも?

最終回は中丸雄一くんの出演も決まっていますし、櫻井翔効果でラストに爆上げしたセカムズ同様、ぜひとも有終の美を飾って欲しいところです。

※片桐仁の妻と息子がいろんな意味で…
 スゴイ!→ ranking reading reading ranking

※バーターで出まくるのが、オレ流・充電期間の過ごし方だぜ!
KAT-TUN   【公式写真】・・     中丸雄一 ✩ ジャニーズ公式 生写真【スリーブ付67 -
KAT-TUN 中丸雄一 ジャニーズ公式 生写真
[関連商品]

※現在実施中のアンケートはこちら

■関連ニュース
2016年民放連ドラ視聴率トップ!「99.9」は「ドクターX」に勝てる?
トリックの稚拙さと小ネタ&つまらないギャグのオンパレードにウンザリ…
「99.9」は邪道?弁護士ドラマとしては「リーガルハイ」に完敗

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
下げてるのか、上げてるのか分からない記事。
出演者と仲が良い感じは伝わってくるし撮影が終わっても、関係が途切れず、続くのはその人の人柄だと思うけど。
撮影で嫌な感じだったら、終わったら其れまでの間柄でしょう。
其れに、今まで明らかに下げ記事が多い。
Posted by はぁ at 2016年06月18日 10:08
毎回ドラマ放送前になると必ずネガキャン記事載せるよね
「クライマックスシーンのセリフについて一週間にわたって熱い議論が交わされ、松潤はそこでのやり取りを台本に手書きで記録し、6月15日にはその内容をパソコンで台本形式に清書してきた」
この部分のどこをどう読んだら決定稿を書き直した事になるんでしょうか?
熱い議論のやり取りを元ある台本に書きとめパソコンで清書してきただけですよね?
「熱い議論の内容を清書しただけならともかく松潤が書き直したと語ったそうである」、、この部分は公式に書かれていた事ではなく、いつもの創作、妄想ですよね。
台本を書き直したとか先輩の演技に意見しただの、毎回毎回よく妄想でネガキャン書けるなあと呆れるを通り越して感心してしまいます。
Posted by あき at 2016年06月18日 10:25
だから松潤は嫌われる。
芸能人トップのアンチ数を誇る松本さん。
Posted by ななし at 2016年06月18日 12:03
ベタボメは松潤の熱烈なファンだけ

不器用で要領わるく、しつこい長い繰り返しが好きだから、松潤が意見したところはコンサートでもドラマでも、すぐわかります・・

あと長い静止大アップが好き

年々脚本家や共演者からNGされそう

ますますセルフコントロールできなくなってる

強烈さが増してる、

4人のガマンはスマップより深刻かも
Posted by 病んでる at 2016年06月18日 13:40
99.9の公式ツイアカもそうですが
結局、この作品も良くも悪くもJらしいエピ満載でしたね
将来的にニッキみたいな演出家路線になるジャニタレかなって思っています

俳優としての本人は出ないJ演出の
舞台ものはどうですか?
新機軸で良くないですか?ジュリーさん(笑)
Posted by 伊波 at 2016年06月18日 15:57
かなり長文&オタ目線の痛いコメントなので、嵐が嫌いな方やケチをつけたいだけの人はスルーして下さい。

嵐ってつくづく面白いグループだなぁと思った。今期主演をやった二人を見ても、その両極性は明らか。片や演出や脚本にも積極的に関わり、周りとのコミュニケーションを大切にしながら本当の意味で現場を引っ張って行く人と、片や現場ではいつも端っこに居て(本人談)自分の意見をあまり言うこともなく演技も監督に言われるまま、でも結果的に周囲の期待以上のものを出して来る人。どちらが良い悪いではなくて、それぞれのやり方で存在感を示し、座長として撮影現場をリードしていたと思う。プライベートも正に両極端で、片や華やかな芸能界が大好きで、共演者とはプライベートでも積極的に繋がり、交流関係を広げて行く人と、片や何年経っても注目されることが苦手で、芸能界にどこか居心地の悪さを感じていそうな人。ライブの演出等裏方の仕事で才能を発揮するアイデアマンと、本人は決して前に出ようとはしないが歌、ダンス、演技、芸術等、多方面で結果的に周りをあっと言わせてしまう天才肌。面白いのは二人の外見と実際の役割における華やかさが真逆なこと。だからこそ面白いしバランスが取れていると私は思うけど、これだけ両極端な二人だから、それぞれのファンが仲悪いのはある意味仕方ないのかも…笑。この二人だけじゃなく、他の三人もそれぞれに個性があってグループの中で不可欠な役割を果たしてるから、誰が欠けても嵐じゃない…本人達もそこのところよくわかってる。5人それぞれがバラバラで魅力的な個性を持っているから、ファン層も幅広く全員が大人気。アンチは色々言うけど、やっぱりなるべくしてなった時代のトップアイドルだと思う。
Posted by 痛いオタの独白 at 2016年06月18日 23:09
この記事を見て思いだした。
ロングバケーションの脚本家の北川悦吏子がなにかで言っていた話。
どこかから、ロンバケの最終回でSMAPを出すように要求されたらしい。
それで悩んでいたら、木村くんから「自分の作品は自分で守らないとね」というようなことを言われて、勇気を出して拒否したらしい。
結果として、ドラマにSMAPが出ることはなく、今でも名作として語り継がれてる。
99.9でのこの話は、仮にそれが本当だとしても、それなりにいい結果に結びついてるんだから、それでいいんじゃないの?
すべては結果オーライだから。
Posted by S at 2016年06月19日 11:53
松潤ファンさんは絶賛の嵐で気づいてないかもだけど

世間では、結構嫌われる事をされていて、嵐だし贈り物をいろいろするからチヤホヤされるけど、干されてもおかしくない事をしてる人だとヒヤヒヤしてます

松潤は、自分の思いが強いけど、内容が空回りが多いんだよなあ・・

個人活動なら自由だけど、嵐とかドラマなど集団の単位で、人の領域をどんどん勝手に変えて、夜中まで粘って、結果それがズレてる。

嵐に迷惑かかるし、だから嵐ファンからも叩かれちゃうんだよ
Posted by 天然松潤 at 2016年06月19日 12:38
まさに裸の王様だねw
横取りして脚本書くって、何様だよ。
信じられん。
脚本家は二度と一緒に仕事したくないだろうな。

第2弾があるならそれこそ主演だけ変えてやってみたらいい。
松潤と違って20%超えるかもねw
Posted by ヤレヤレw at 2016年06月19日 17:07
人の物にケチをつけるのではなくて、自分で作れば誰も文句言わない

コンサートだってもともとプロが作ったものに
、あちこち文句つけては変える・・これを演出と言うのがジャニーズなんだよね
Posted by うんざり at 2016年06月20日 07:47
ドラマ前や映画前にはネガキャン記事出した方が
集客効果が高いことが数字に出てるからだよ。
ブログもイジワルな表題をつけないと見に来てくれないからね。

本文の意見には同意。
マツジュンは後輩のライブ後に気づいたことメモを渡すぐらいだからさもありなん(笑)。
でも後輩はありがたがって自慢ネタに使ってるし、
今回の共演者もマツジュンがマツジュンらしい言動をすれば大喜びでネタにしてるし。

トップアイドルと楽しく仕事できて、しかもヒットしたらまあまあ自慢できるよ。
個人的なつきあいなんてなくても
マツジュンとあの作品で一緒だったーってセールストークで使えるんだし。
Posted by SG at 2016年06月21日 21:29
>さらに問題なのは、このエピソードを美談に仕立てていること。客観的に見ればおかしな話なのに、そうとは感じないほどに感覚が麻痺しているのであれば、

この記事読んでて思い出したw

今は無きオリスタの嵐のグラビア撮影時のエピソードで、松本がスタッフの部屋に入ってきて勝手に窓を開けたところ、風でそこかしこにあった書類が飛ばされたと。
松本がその書類をいくつか拾ってスタッフに渡すとスタッフは「松本さんがわざわざ書類を拾ってくれた!こんな気遣いが出来る松本さんって本当に優しい!」と感激していた…

お、おぅ…

ってなるよねw
なんというか昔から松本関連ではこういうの多いんだよね。
裸の王様っつーか。
Posted by あはは at 2016年07月10日 04:03

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス