赤西仁のツイッターでの抜き打ちテストに失笑の声!でも、実は夫婦円満&仕事は順調でジャニーズを退所して大正解だった… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

赤西仁のツイッターでの抜き打ちテストに失笑の声!でも、実は夫婦円満&仕事は順調でジャニーズを退所して大正解だった…

先週15日、赤西仁くんが自身のツイッターに「抜き打ちテスト。1時間でどれだけこのツイートがリツイートされるか。ヨーイドン!」と投稿したことに対して、ネットで失笑の声が上がっていたといいます。ですが、黒木メイサさんとの夫婦仲も良好で、お仕事の方でも再ブレークの兆しが見えているとか…

[関連商品]

赤西くんによると、リツイート数が3万を超えていたら写真をアップする予定だったものの、実際にはその半分にしか届かなかったため、写真はお預けになった模様。

この“抜き打ちテスト”に対して、ネットでは「赤西って、かまってちゃんなの?」「暇人……?」などと呆れる声が多く見られたそうで…

[以下引用]
「去年、ジャニーズ事務所を契約満期で退社した際には、『芸能界から干される』とウワサされていましたが、その後すぐにファンクラブ『JIP’s』を発足させるなど、個人の力で精力的に音楽活動を続けているようです。ただ、その言動にはファンも振り回されているようで、今年9月に行われたライブ『JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 〜Me〜<スペシャル公演>』では、『男性を含む3名までのグループ』限定という条件を付け、女性ファンを困惑させる事態となりました」(芸能関係者)

好きな音楽活動を自分の好きなペースで好きなだけ行っている赤西に比べ、妻である黒木メイサは事務所の方針にがんじがらめになっていると指摘する声もある。

「黒木が赤西とのデキ婚で事務所に多大な迷惑をかけたことは事実。その尻拭いといいますか、黒木が抜けた穴を埋めるために、馬車馬のごとく働いていたのは、堀北真希でした。その堀北が山本耕史と結婚したことで、いつ妊娠・休業するかわかりません。黒木は産後すぐに女優復帰し、休む間もないほどに仕事をこなしていますが、もし堀北が休業することになれば、今度は黒木が堀北の抜けた穴を埋めることになるでしょう。自由奔放に生きる赤西に比べ、黒木の負担は増えるばかりです」(同)

9月に行われた「JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 〜Me〜<スペシャル公演>」では、「俺、今まで女性に甘やかされてきた」と冗談交じりに語っていた赤西だが、黒木には現在進行形で甘やかされ続けているようだ。
[日刊サイゾー]

ということですが、いかにも赤西くんらしいですね。

ま、ジャニーズ時代と比べれば、現在はドラマや映画、CM撮影、取材対応などもないですし、音楽活動が順調とはいえ“ヒマ”なのは確かでしょう。

芸能マスコミに追われることもほとんどなくなり、自分がどれだけ注目されているのか心配になっちゃった…?

でも、結果的に1万5000ちょっともリツイートされたんですから、インディーズアーティストとしては十分合格点かと。

【中古】福袋 じゃんく 赤西仁 公式生写真 100枚セット【画】 - 駿河屋アウトレット
【中古】福袋 じゃんく 赤西仁 公式生写真 100枚セット
[関連商品]

ちなみに、記事には「堀北が休みに入ったらメイサさんにしわ寄せが来る」とありましたが、あまり関係ないかと。

現在、スウィートパワーでは主演映画「ヒロイン失格」が好調の桐谷美玲さんと、様々なドラマに絶賛ゴリ推し中の知英さんの二人に主力を移しつつあるような気がしますし。

また、赤西くんは経済的にも結構稼いでいると思います。

6月24日に発売されたアルバム「Me」は初日に2万4千枚近くを売り上げて、オリコンデイリーランキングで2位でした。

これはトップの「JUMPing Car」(JUMP)の約9万枚には遠く及びませんでしたが、3位で同日発売の「C、Dですと?」(GReeeeN)の約8,300枚と比べれば、その健闘ぶりがよく分かります。

これ、メジャーレーベルとは宣伝パワーが全く違うのにスゴイことですし、赤西くんは自主レーベルで原盤権も持ってるはずなので、実際の収益は相当なものになるはず。

■インディーズで売れるとこんなに凄いんです!
 経験者は語る→ geinou ranking
 経験者は語る→ geinou ranking

ジャニーズ時代と比べて仕事量が減って家族と過ごす時間が増えたのに、好きなことに集中できて収入もあまり変わらないとしたら、独立したのは大成功だったのかも…

JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 ~Me~ (DVD) -
JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 ~Me~ (DVD)
[関連商品]

ところで、メイサさんはドラマ「デザイナーベイビー」で主演中ですが、その製作発表記者会見では「第2子第3子、デキるタイミングとチャンスがあれば、ぜひ授かりたいと思っています」と、堂々と子作り宣言していました。

[以下引用]
「テレる様子もなく、実に堂々とした話しぶりから、夫婦生活の充実ぶりを感じました。何しろ夫の赤西には今もベタぼれ状態ですからね。ドラマではおなかに詰め物をして撮影したそうですが、役作りに集中するあまり、転倒しないように腰をかがめて歩くクセがついてしまったそうです」(芸能記者)

事務所の放任とともに、メイサの子作りを後押しするのが夫・赤西の変化だ。

「かつては『赤西軍団』と呼ばれるタレント仲間を引き連れて派手に遊んでいたが、最近はすっかり心を入れ替えた。もともと子育てに協力的だった赤西は、前にも増してイクメンぶりを発揮。忙しいメイサに代わって長女のために名門幼稚園の資料を取り寄せたり、家族3人でバイキング形式のレストランに出かけた際は率先して給仕役を務めていました」(ワイドショー芸能デスク)
[アサ芸]

ちょっと前の週刊誌では、メイサさんを仕事場に車で送り、終わるまで待ってて、その後は仲良くスタバでくつろぐ姿も報じられてました。

仕事も順調で家庭は円満、見えない所では今でもジャニー社長があれやこれやと面倒見てくれている…(たぶん。。)

ジャニタレの皆さん、赤西くんは特殊な例ですので、くれぐれもマネしないように。

デザイナーベイビー -
デザイナーベイビー -
[関連商品]

※元ジャニーズJrのブログはこちらからどうぞ。

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

■関連ニュース
尊敬する人は赤西仁!キンプリメンバーがまさかのNGネーム!
赤西仁の“男性同伴必須ライブ”に女性ファン大混乱!
赤西仁が平成ノブシコブシの吉村崇に熱烈お友達オファー!

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
赤西くんはきっと、勤勉でも努力家でもないだろうし、ずっと、仕事よりプライベートが大切って言ってる男でしょ。
ジャニーズ時代より今が幸せでしょう。

好きな女、しかも有名美人女優と結婚し、早く欲しかった子供もでき、好きな仕事しかしないを実践、収入もそれなりにある。
その前に、夢だったアメリカデビューアメリカツアー、ハリウッド映画出演、全て実現。
赤西くん、完璧な勝ち組男じゃないの。すごく幸せな男。
多分、強運の持ち主なんだろうなあ。
Posted by ふーん at 2015年10月22日 17:34
赤西はいいので、たまには田中パール聖さんも思い出して上げて下さい。
Posted by 真珠 at 2015年10月22日 17:43
勝ち組…。失笑。
Posted by まこと at 2015年10月23日 07:40
赤西はジャニーズじゃ無いのに未だに記事にするのは何故なんでしょう?それも半分嘘の上げ記事。こういう記事を出すから↓のような赤西ヲタが調子乗って書き込みするんだよ。赤西の記事書くなら田中聖や今俳優で頑張ってる辞めJr.の記事も載せたらいいと思う
Posted by あーあー at 2015年10月23日 12:48
いいかげん目を覚ましてKAT-TUNに戻ってきてください
あなたが抜けてからKAT-TUNは落ちぶれまくりだ
あなたもソロ活動パッとしてないし
やっぱりあなたはKAT-TUNあっての赤西仁なんです
Posted by 亀西 at 2015年10月23日 16:17
落ちぶれてるのは赤西だと思うよ(笑)KAT-TUNが大嫌いで自ら抜けた赤西が今現在ライブでKAT-TUNの話したりKAT-TUN時代のソロ曲を歌ったりKAT-TUNライブ演出をパクったりして未練タラタラだし赤西ヲタもKAT-TUNを忘れて赤西だけを見てれば良いのに色んな所でアンチ活動して顰蹙かってるよね。KAT-TUNに赤西が必要だと本気で思ってるのは赤西ヲタと仁亀信者とロクーン担だけだよ。今のKAT-TUNを応援してる人達は今の4人のKAT-TUNが一番だと思ってて6人時代の曲も4人で録り直して欲しいと言う声が大半で6人5人時代は否定しないけど既に過去の者と思ってるし古くからのファンはKAT-TUN時代の赤西の悪態は忘れてない新規のファンは赤西の存在すらも知らないんじゃないの?世間一般も黒木メイサの旦那としか認識ないだろうしね。
赤西ヲタのコメントが釣りだと思いつつ真面目に反撃してしまいました
Posted by ジャスミン at 2015年10月23日 18:34
赤西ファンなら、あんな書き方しないでしょう。
赤西ファンを知りませんね。

赤西くんもKAT-TUNも、赤西がいたKAT-TUN6人時代より、今の方がずっといいでしょ。
本人たちもファンも満足度が高いんじゃない?
昔からのファンの中には、昔が良かったと昔を懐かしんで、今のKAT-TUNは落ちぶれたなんて嘆く(ふり)かもしれないけれど、赤西晩年時代からKAT-TUNファンになった私には、その当時のKAT-TUNより、遥かに今の方が素敵。

それに、今の赤西くんが今のKAT-TUNに戻ってきたら、歌もダンスもついていけないのではないでしょうか?

Posted by ふーん at 2015年10月23日 19:39
>KAT-TUN時代のソロ曲を歌ったり


自分の曲歌ったらあかんのか?

赤西があかんなら郷ひろみが「男の子女の子」歌ったりトシちゃんが「哀愁でいと」歌ったりするなって言ってみろよwww


>6人時代の曲も4人で録り直して欲しいと言う声が大半で


KAT-TUNの一部メンバーと全ハイフン(笑)の人間性がめちゃ嫌いだけど、音楽は好きな私にとっては原曲を否定されたようで気分悪いですね。

ハイフンって漢字で書くと、、、やっぱ辞めますw

Rapのない「Real Face」を神曲と称えるbkとは例え仕事でも関わりたくないですわ。

ただでさえ自分カラオケで「DEAD OR ALIVE」歌う時無理矢理Rap作って歌ってるのにw←


>6人5人時代は否定しないけど


撮り直せ言ってる時点で否定してるやないかい!!!!!
Posted by 元祖にゃん at 2015年10月24日 22:15
出たー!!

お久しぶりのにゃん。

ハイフンを漢字、フンは糞だよね?ハイは?
別に止めなくていいから、教えてよ。

ラップのないリアルフェイス、かっこいいじゃん。にゃんと感性が違う人の方が、世の中には多いはずだよ。
ラップなんて、色んなグループが取り入れて使ってるもの、別にKAT-TUNの曲の特徴でも売りでもないし、なかったと思うわ。


Posted by ? at 2015年10月25日 09:34

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス